磯魚屈指のスプリンター!カーエーについて解説

本土でアイゴといえば主にその一種のみを指し、
フカセ釣りのエサ取り・厄介者・毒魚などという汚名を着せられることが多いですよね。

 

 

実際、アイゴはエサを取るのは上手。そのうえ掛けても引きが強くて面倒…。
釣りあげた後もヒレに毒持ってるので針を外す時も気を付けないといけません。

 

 

しかし南国沖縄では、「アイゴ」という魚に悪いイメージはあまりなく、マース煮やスクガラスなどに代表されるように、昔から魚料理の代名詞として調理されることが多い魚です。

(なんで毒持ってる魚食べようと思ったんですかね昔の人って…。)

 

 

沖縄では同じアイゴ科でも数多くの種類が棲息しており、それぞれが色々な特徴を持っています。

今回は、その中でも一際大きく、食味が良く、引きも強いアイゴの仲間、
カーエー」の生態ついて詳しく解説していきましょう。

 


どんな魚?

カーエー(和名:ゴマアイゴ)は、
沖縄以南の沿岸域の砂底や、サンゴ礁域、岩礁域などに生息しているアイゴ科の魚で、幼魚は汽水域のマングローブ付近にもよく見られます。

体全体に胡麻状の斑紋が広がっていて、尾ビレの付け根あたりの上方に黄色い斑点があるのが大きな特徴です。
これよって、容易に他のアイゴ科の魚たちと区別することが出来ます。


ブチアイゴとかいう酷似した魚が居ますが、ソイツには黄色い斑点はありません。

コチラがブチアイゴ。

昼間に釣りしている時、海中に黄色い斑点があればテンションが上がるのも沖縄の釣り師特有の「あるある」でしょう。

 

 

アイゴ科としては大型になる魚で、主に藻類や甲殻類などを捕食します。
釣りエサとしては練り餌・オキアミ・藻などを使いますが、稀にルアーにもアタックすることがあります。いわゆる悪食ですね。

1番釣れるシーズンは梅雨時期ですが、基本的には年中釣れる魚です。
また食性や生息域がチヌとよく似ているので、チヌ狙いの外道としても良く釣れます。

県内のポイント解説はこちらを参考にしてください。

沖縄本島のカーエー釣りポイントまとめ~南部編~ | 釣り武士.com
昼夜問わず釣ることができ、引きが強く、食味も良いことから沖縄で人気の魚、 《カーエー》。   カーエーは磯や沖堤防などの潮が通る場所よりも流れが落ち着いている近場の漁港や敷石を回遊することが多く、足場の良いポイントで効率良く狙えるというのも人気な理由のひとつとなっています。 また、あまり生息場所の移動はせず、決まった場所にエサを求めて回遊してくることが多いこの魚。沖縄の漁港や堤防などにはピンポイントで居着く場所・回遊してくる場所があり、ソコをしっかり狙えば初心者でも釣ることができます。 今回はタイトルにもある通り、沖縄本島南部のカーエー釣りポイントを紹介していきます。 意外と知られていないポイントも書いていますので是非参考にして下さいね!   沖縄本島南部のカーエーポイント ・泊・安謝港周辺 那覇周辺にはカーエーポイントが数多く存在しますが、その中でもカーエーの魚影が濃いポイント。型はそこまで出ませんが、数は上がります。 外海のテトラは基本的にどこでもポイントで、写真の下付近にあるタンクの近くはオススメ。港内も結構釣れますが、ゴミが多くて臭いです&。 写真上部の灯台付近も良く釣れますよ。   ・沿岸漁港・なうら橋周辺 こちらも那覇付近で魚影の濃いポイント。 沿岸漁港のスロープは有名ですが、港内真ん中にある短い堤防も良く釣れます。 沿岸漁港両サイドの堤防は基本外海狙いになります。水深があり、良いサイズのチヌも良く釣れます。 なうら橋付近は川の上流の方までカーエーポイントが多く点在しているので、マイポイントを見つけるのも良いかもしれません。   ・西洲(いりじま)   長すぎる防波堤で有名な西洲。堤防の内側がポイントになります。一級ポイントという程ではないですが、タイミングが良ければ数も釣れます。 堤防が曲がって角になっている所や、海底の敷石・ケーソンが途切れているような所を攻めましょう。 イラブチャーやトカジャーなどのフカセ対象魚も良く釣れる魚影の濃いポイントです。   ・若狭(わかさ)海岸   若狭バースとも呼ばれるポイントです。 手前が敷石で、駆け上がりになっています。 ここはフカセ釣りをする人も多く、濁りが入ればチヌも釣れるのでフカセ対象魚とカーエー両刀狙いで行く人も多いです。
沖縄本島のカーエー釣りポイントまとめ~中部編~ | 釣り武士.com
沖縄本島のカーエー釣りポイント紹介です。 さて、前回は沖縄本島南部にあるカーエー釣りポイントを紹介させていただきました。 http://turibushi.com/2017/02/14/%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%BC%E9%87%A3%E3%82%8A%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E9%82%A3%E8%A6%87%E5%8D%97%E9%83%A8/ 引き続き、本島中部のカーエーポイントを紹介していきたいと思います。 *沖縄本島は南部・中部・北部の境界線があいまいな部分も多いのですが、ここでは 南部’西海岸は那覇市以南、東海岸は与那原町以南 中部’西海岸は読谷村~浦添市、東海岸はうるま市~西原町 北部’西海岸は恩納村以北、東海岸は金武町以北 という風に区切らせていただきます。 おそらく地理的にもこれが正解かと思いますので。 それと、本島中部は海岸ごとに詳しく見ていくとかなりたくさんのカーエーポイントがあるので、ここでは少しおおまかな紹介になってしまうかもしれません。ご了承ください。 沖縄本島中部のカーエーポイント まずは西海岸から。     ・都屋(とや)漁港   言わずと知れたカーエーの一級ポイント。港の周りはサンゴだらけですが、港内は広くてポイントは多いです。 中央スロープ付近、各堤防先端付近が主なポイントです。 数も型も出ることから良い釣果に恵まれることが多かった漁港ですが、最近は数年前に行われた工事の影響でかなり回遊が減ったようです&。   ・水釜(みずがま)・ネーブル嘉手納裏周辺 比謝川の河口付近と、水釜のリーフ、ネーブル嘉手納裏の公園沿いの海岸がポイントになります。 比謝川河口は型はあまりでませんが、数が釣れます。水釜リーフは一応ポツポツ上がりますが、そこまで個体数は多くありません。 ネーブル嘉手納は5〜6年前まで隠れ一級ポイントでしたが、釣り雑誌などの影響からか、今では数多くのカーエー釣り師たちが集うポイントになりました。釣りもしやすいポイントで、タイミングが良ければ型も数も出ます。   ・北谷町 美浜(みはま)
沖縄本島のカーエー釣りポイントまとめ~北部編~ | 釣り武士.com
今回もカーエー釣りポイントの紹介です。 南部編と中部編を書いたので、今回は沖縄本島北部のカーエー釣りポイントを紹介していきます。 北部は南部や中部に比べるとポイントが少ないというイメージを持つ方もいると思いますが、実はかなり沢山あります。 今回はメジャーなところはもちろん、マイナーなポイントも紹介していきますね。 中部編でも書きましたが、ここでいう北部は 西海岸’恩納村以北、東海岸’金武町以北とさせていただきます。     沖縄本島北部のカーエーポイント   ・ラマダのポイント(ルネッサンスホテル横の海岸) ルネッサンスホテル横の通称「ラマダ横」。 護岸の下に敷石があるので、そこへ降りて釣りをします。満潮時には水没するので、そのまま立ち込むか上の護岸から釣るかになります。 水深は2m前後と浅いですが、数・型共に上がるポイントとして有名です。カーエーが釣れ始めると釣り人も沢山入りますが、ポイントは広いので釣りはしやすいです。   ・名嘉真(なかま)海岸 58号線を名護向けに北上してホテルみゆきを過ぎ、ミッションビーチのカーブを曲がったところにある海岸です。 このポイントもかなり有名なので、釣れ始めると釣り人がかなり多くなります。 カーブの岩場がポイントですが、護岸からも釣れます。ただ、水深が1m前後なので満潮時にしか釣りはできません。   ・前兼久(まえがねく)漁港 港内に島がある変わった漁港です。 左防波堤の先端や外海、右防波堤の先端や内海のイケス前が主なポイント。港内の堤防やスロープ付近でも上がります。タマンやチヌでも有名。 左側の防波堤は夜になるとゲートが閉まるので注意しましょう。   ・瀬良垣(せらがき) 瀬良垣漁港(?)の右側にある岩場がポイントになります。矢印を置いているのは離れ岩のポイント(木の板が敷かれているので渡れます)ですが、それより手前の岩場でも釣れます。 水深は2〜3mと浅く、魚もスレているので濁りが入った方が良く釣れます。 こちらは45cmオーバーの実績も多く、ポイント争いも激しいので早めのポイント入りをオススメします。   ・名護漁港とその周辺 冬のチヌ釣りで有名な名護漁港。チヌ狙いでカーエーが釣れることもよくあります。

どうやって釣るのか

 

釣り方としては、本土の方が見たらかなり驚く極太の浮き釣り仕掛けがメジャーとなっています。
タックルとしては
3~4号の磯竿
5号以上のラインシステム
9~14号の針(人によってはタマン針の20号まで使用します)

 

付け餌は

練りエサ
オキアミ
むきエビ
などですが、メインは練りエサとオキアミとなっています。

撒き餌はカーエーベストなどの県内で販売されているカーエー専用の撒き餌。もしくはチヌ用の撒き餌。
1/4~半袋くらいで十分です。超経済的

数十cm~10mの海域が主な生息域なので、膝上ぐらいの水深で40オーバーが釣れることもあります。
しかし棚は底から15cm以内をキープしなければならず、こまめに棚取りをしなければいけません。

アタリは小さく口も硬いので、チョコンという小さいアタリでも思いっきりフッキングを入れる必要があります。

食い上げ*などでもアタリは取れるのですが、その前後の細かいアタリを見逃さない為にも、ハリスの針上数cm~数十cmの所にガンダマを打つと良いでしょう。
*(食い上げとは、魚がエサを引っ張ってウキを沈めるアタリとは違い、魚がエサを咥えたまま浮上する為、ウキが逆にもっと浮いてしまうアタリのこと。)

 

付けエサを練りエサにしている場合、アタリは無いのに回収したエサにカーエーの歯型がついている時があります。その時は集中して一匹をモノにしちゃいましょう!

カーエーは、掛けた瞬間のスタートダッシュと最後まで粘るスタミナが他の同サイズの魚と比べて段違いに強いです。なにより強い。この一言に尽きます。

根に走る習性があるので、出来るだけ太仕掛けのフルロックでガチンコファイトを挑んでやりましょう。

 

 

どんな味?

さらにカーエーの魅力として、他のアイゴの仲間に比べても食味が良いという一面があります。

しっかりとした身の白身魚なので、
マース煮、煮付け、刺身、フライなど、基本的にどの料理にも合っちゃいます。

 

ただ、ヒレのトゲに痺れや麻痺が起こる程度の毒があるので、捌く際は気をつけましょう。

 

ちなみに筆者オススメの料理は「刺身」で、3枚におろしたあと2日寝かせてシークワーサー醤油で頂いています。これは本当にウマいです。マジウマです。よだれ出てきた。

 


 

長々となってしまいましたが、カーエーの魅力をまとめると

 

・引きが強い


・割とどこでも釣れる


・一回の釣りにかかる費用が安い


・食べて美味しい

といったところでしょうか。

まだカーエーを釣った事がない方、是非一度狙ってみては?