釣れるのはチヌだけじゃない!沖縄でやる落とし込み・ヘチ釣り

 

 

落とし込み・ヘチ釣りと言えば、チヌ狙いの釣法の1つですよね。
貝類や甲殻類をエサにしてひたすら壁際を攻める、魚との距離が近い釣りです。
その前に

「落とし込みとヘチ釣りって何が違うの?」という方も居ると思うので、まずはその説明から。


 

・落とし込みとヘチ釣りの違い

 

両者の違いは、簡単に言えば「竿の長さ」と「目印の有無」にあります。

 

長竿でラインに目印を付ける→落とし込み
短竿でラインに目印を付けない→ヘチ釣り

 

といった感じ。

落とし込み釣りは基本的に目印の付いたラインをたるませます。

目印には若干浮力があってラインも浮きますが、エサの重みによってその目印もラインと共に沈んで行きますよね。
魚が食ったらその目印の落ちるスピードが変わるので、それでアタリを判別します。

 

対してヘチ釣りは目印を付けないので、アタリは手元で判断します。

エサの重みを感じる程度に糸を張りつつ、落とし込んでいくようなイメージ。

 

 

どちらもテンポの早い釣りですが
落とし込みは視覚優先の釣り、ヘチ釣りは触覚優先の釣りと覚えておけばOKです。

 


 

・落とし込み・ヘチ釣りのターゲット

 

ではこの釣りのターゲットはどんな魚かというと、ほぼ一択でチヌ

 

 

チヌは堤防に着いているカニや貝を好んで食べるので、それをピンポイントで狙います。

 

しかし、チヌ以外にもカニや貝を食べる魚が多い場所。たとえば沖縄などではこの釣りの対象魚種が増えてくるんです。

 

例えば

 

・ミーバイ(ハタ系)

・マクブ

・チンシラー(オキナワキチヌ)

・ガクガクー(ホシミゾイサキ)

・カースビー(ゴマフエダイ)

・クワガナー(コトヒキ)

・ヤマトビー

などなど。

 

肉食性の強い魚が良く釣れますね。

外道で釣れるのはアバサー(ハリセンボン)フグモンガラカワハギなどです。

 


 

・釣り方

 

まず、際から水深が3m以上ある堤防を選びましょう。
(竿やラインの扱いに慣れれば、テトラポットでも応用出来ます)

 

エサが堤防の際50cm以内を漂うように、竿は壁際に出来るだけ近づけます。

ラインが風に取られるとアタリが分かりづらくなってしまうため、竿先は海面近くまで下げるようにしましょう。

落とし込み→3~4.5mの落とし込み竿。1.5クラスの磯竿でも代用可能。
ヘチ釣り→1.8~3mのヘチ釣り竿。ルアー竿でも代用可能。

リールも落とし込み・ヘチ釣り専用のものが理想的ですが、スピニングリールでもラインを指でサミングする様に使えば代用可能です。

 

道糸はフロロ2~3号クラス、ハリスは1.2~3号クラスを使用します。
ただし沖縄の場合、大型のマクブタマンなどが食ってくる場合があるので、ワンランク上の装備でも良いように思います。

針はチヌ針の2~5号。
ちゃんとエサが沈むように、針のチモト部分にB~3Bのガン玉を打ちましょう。

エサは活きエビやカニ、貝類を付けます。

活きエビ→食いはかなり良いけどエサ持ちが悪い
カニ→食いもエサ持ちもそこそこ良い
貝類→食いは微妙だがエサ持ちは抜群

エサ別でみるとこんな感じのイメージになりますね。

 

沖縄では海岸の岩をひっくり返していけば、ワタリガニの亜種や岩ガニが結構獲れます。その中から甲羅が500円玉ぐらいのサイズを選びましょう。
貝類は岩の裏などによくいる巻き貝なんかを、半潰しで針に掛けると良いかも。

 

こんな感じで甘噛みもされます。

 

ゆっくり壁際に落とすと、竿にダイレクトに当たって来たり、落としてる途中でエサの沈下が止まったりと、魚達は色んなアタリを出してくれます。

繊細な釣りなのでハマる人はとことんハマってしまうみたいですよ。

 

 

 

【釣行記】フカセ釣行で1.2mオーバー!予想外の巨大魚を釣ってしまいました。-なかち | 釣り武士.com
こんにちは。 ステップ具志川店の仲地(なかち)です。 この間、、といっても1ヶ月ほど前ですが、メモリアルフィッシュを釣り上げる事ができたので、その時の釣行を記事にしたいと思います。 画像は少なめですが最後まで読んでいただけるとありがたいです。   1月末、フカセ釣行(のつもりだった)   僕は普段、ルアー専門といった感じでフカセ釣りはあまりやらないのですが& 1~2月は仲間内で尾長ダービーを行なっているという事もあり、1月の末に尾長グレ狙いのフカセ釣りへ行ってきました。 ポイントは沖縄本島最北端にある辺戸岬 展望台下。 先輩の与那嶺さんと夜のうちにポイント入りしました。 足場全体が崖になっているので、いつも通り海の様子を見つつポイントまで下り、夜のうちにある程度の道具を釣り座まで下ろします。 夜のうちに体を休め、夜が明けてから釣り開始!     ヒレーカー(テングハギモドキ)が何枚か見えてはいるものの、尾長らしき魚影は無い&。 遠投して沖目を釣ろうとするも、まさかの当て潮。 普段はルアー釣りばかりの僕にはお手上げです。スキルが足りません。 持ってきていたショアジギタックルで大物狙いでもしようと冷凍アジを流してみるが、案の定当て潮で仕掛けが送れず終いには根掛かり。くそう。 うーん。潮が変わるまで仮眠をとる事に。 ・ ・ ・ しばらく仮眠をとっていると、与那嶺さんに 「アーラが浮いてるよ!」 と起こされる。 「何言ってるんだろうなぁ。」とか思いながら見に行ってみるとビックリ。 マジでアーラミーバイ(ヤイトハタ)が浮いてきてる。 しかもめっちゃデカイ。     15分くらいずっと浮いてたので自分を起こしてくれたらしい。 なぜか尾長狙いの撒き餌に入るくらいの高活性らしく、試しにショアジギタックルに冷凍アジを付けた仕掛けを流してみる。 目視出来るぐらいの位置まで浮いてるので、もちろんサイトフィッシング。     すると食ってきた! &が、すぐに吐き出される。       なかなか警戒して食ってこないので、磯際についているギンユゴイを与那嶺さんに釣ってもらい、背掛けにして泳がせてみることに。  
シーズンイン!沖縄のチヌ釣り【速報】 | 釣り武士.com
1/27の夜。 ’15シマノジャパンカップグレファイナリストの上原大智さんからチヌ釣りをしているという連絡があり、今シーズンのチヌの動向を調べるべく、カメラを片手に行ってきました。 ※沖縄のチヌは1月〜3月ごろが本格的なシーズンになります。 現場に着くと早々、何かを掛けている様子! 0号竿が弧を描いてます。 タモに収まったのは綺麗なチヌ。30cm前半といったところ。 針がかりもバッチリ! 針はヤイバのケイムラチヌ1号。この時期のこのサイズのチヌを狙うのに1番丁度良い針なんだとか。 スカリにはすでに沢山のチヌが入っていました。 楽しそう&。ウズウズ。 クレーミーバイ(コロダイ)の赤ちゃんもヒット。 コンスタントに30cmほどのチヌを追加していきます。 ここで、’15シマノジャパンカップクロダイファイナリストの渡嘉敷大輔さんも合流。 事前に撒き餌を作っていたようで、隣に入ってすぐに釣りを始めていました。 渡嘉敷さんにもヒット。 30cmほどですが、本命のチヌ。 ウズウズ。 交互にヒット! 35cmほど。 しばらくして渡嘉敷さんも今日イチのサイズをゲットしていました。 サイズは36〜37cmだが、体高のあるチヌ。 ウズウズ。 5時間ほどの釣りでしたが、お二方ともたっぷりとチヌ釣りを堪能していました。 うーん。見てるとかなりウズウズしてやりたくなってきます。 上原さんの釣果。 5時間程で、30〜30後半のチヌが14匹。 渡嘉敷さんの釣果。3時間ほどで5匹。 撮影後は数匹キープして、生きている魚はリリース。 ・ ・ ・ 暖冬で、例年より1ヶ月近く遅れていたチヌのシーズン。先週ぐらいからやっと沖縄県内各地でシーズンインしているようです。 明日どこに行くか迷っているという方は、是非チヌを狙って冬の釣りを堪能してみてはいかがでしょうか。
沖縄で唯一?店内で釣りができる居酒屋に行ってみた。 | 釣り武士.com
  こんにちは。きんかいです。 魚持った写真で挨拶しましたが、この写真は今回の記事に一切関係ありません。ごめんなさい。       さて、いきなりですが 沖縄に住んでるみなさんは「釣り堀に行きたい」と思ったこと、ありませんか? もちろんありますよね。 (というかある前提で進めていきます。)     釣り堀での釣りと普通の釣りでは、感覚が違って面白く感じると思います。 けど本土では街中にも結構あるんですが、沖縄に釣り堀って マジで無いんですよね。   一応こどもの国とかネオパーク沖縄といった観光施設にはあるっちゃあるんですが、なぜか釣り堀の営業は土日のみ。     そして釣れる魚はほとんどが小ちゃいティラピア。 こんな感じのヤツです。     これでもそこそこ楽しめはするんですが、 なんかこう& デデーン!って見せれるような魚が釣りたいんだよなぁ&。         てことでひたすらググってみたところ&   なんと、釣り堀ではないけど店内で釣りが出来る居酒屋があるらしい!   釣りができる居酒屋といえば東京・大阪・福岡などで展開している釣船茶屋 ざうおが有名ですが、まさかそんな居酒屋が沖縄にもあるとは。 しかも調べると場所は那覇市。家から近い。   興味がそそられまくりだったので、とりあえず行ってみることに。   店内で釣りが出来る居酒屋とは 浦添・宜野湾方面から南下し、座間味島や久米島へのフェリーが発着する泊港のターミナルビル「とまりん」を過ぎて最初の信号を右に曲がります。 曲がったら道をそのまままっすぐ。 こんなとこに居酒屋あるの?ってぐらい奥まで進むと   「ぐるくん」と書かれた提灯が風に揺られて踊っています。どうやら歓迎してくれてる様子。   そしてこの提灯の横を向くと 漁船が店にぶっ刺さってました。   ということで今回やってきたお店は那覇市若狭にある「居酒屋 ぐるくん」。 なんか大人数収容できるっぽかったので予約せずに行きましたが、普通に入れました。     店内へ入ってみます。