釣れるのはチヌだけじゃない!沖縄でやる落とし込み・ヘチ釣り

 

 

落とし込み・ヘチ釣りと言えば、チヌ狙いの釣法の1つですよね。
貝類や甲殻類をエサにしてひたすら壁際を攻める、魚との距離が近い釣りです。
その前に

「落とし込みとヘチ釣りって何が違うの?」という方も居ると思うので、まずはその説明から。

 

 

・落とし込みとヘチ釣りの違い

 

両者の違いは、簡単に言えば「竿の長さ」と「目印の有無」にあります。

 

長竿でラインに目印を付ける→落とし込み
短竿でラインに目印を付けない→ヘチ釣り

 

といった感じ。

落とし込み釣りは基本的に目印の付いたラインをたるませます。
目印には若干浮力があってラインも浮きますが、エサの重みによってその目印もラインと共に沈んで行きますよね。
魚が食ったらその目印の落ちるスピードが変わるので、それでアタリを判別します。

 

ヘチ釣りは目印を付けないので、アタリは手元で判断します。
エサの重みを感じる程度に糸を張りつつ、落とし込んでいくようなイメージ。
どちらもテンポの早い釣りですが
落とし込みは視覚優先の釣り、ヘチ釣りは触覚優先の釣りと覚えておけばOKです。

 

・落とし込み・ヘチ釣りのターゲット

 

この釣りのターゲットは、ほぼ一択でチヌ

 

 

チヌは堤防に着いているカニや貝を好んで食べるので、それをピンポイントで狙います。

 

しかし、チヌ以外にもカニや貝を食べる魚が多い場所、沖縄などではこの釣りの対象魚種が増えてくるんです。

 

例えば
・ミーバイ(ハタ系

 
・マクブ

 
・チンシラー(オキナワキチヌ)

 

 

 

・ガクガクー(ホシミゾイサキ)

 

 

 

・カースビー(ゴマフエダイ)

 

 
・クワガナー(コトヒキ)

 

 

 

・ヤマトビー

などなど。

 

肉食性の強い魚が良く釣れますね。

外道で釣れるのはアバサー(ハリセンボン)、フグ、モンガラカワハギなどです。

 

 

・釣り方

 

まず、水深が3m以上ある堤防を選びましょう。
(竿やラインの扱いに慣れれば、テトラポットでも応用出来ます)

 

エサが堤防の際50cm以内を漂うように、竿は壁際に出来るだけ近づけます。
また、ラインが風に取られるとアタリが分かりづらくなってしまうため、竿先は海面近くまで下げるようにしましょう。
落とし込み→3~4.5mの落とし込み竿。1.5クラスの磯竿でも代用可能。
ヘチ釣り→1.8~3mのヘチ釣り竿。ルアー竿でも代用可能。

リールも落とし込み・ヘチ釣り専用のものが理想的ですが、スピニングリールでもラインを指でサミングする様に使えば代用可能です。

 

道糸はフロロ2~3号クラス、ハリスは1.2~3号クラスを使用します。
ただし沖縄の場合、大型のマクブやタマンなどが食ってくる場合があるので、ワンランク上の装備でも良いように思います。

 

針はチヌ針の2~5号。
ちゃんとエサが沈むように、針のチモト部分にB~3Bのガン玉を打ちます。
エサは活きエビやカニ、貝類を付けます。

活きエビ→食いはかなり良いけどエサ持ちが悪い
カニ→食いもエサ持ちもそこそこ良い
貝類→食いは微妙だがエサ持ちは抜群

エサ別でみるとこんな感じのイメージ。

 

沖縄では海岸の岩をひっくり返していけば、ワタリガニの亜種や岩ガニが結構獲れます。その中から甲羅が500円玉ぐらいのサイズを選びましょう。
貝類は岩の裏などによくいる巻き貝なんかを、半潰しで針に掛けると良いかも。

 

 

こんな感じで甘噛みもされます。

 

ゆっくり壁際に落とすと、竿にダイレクトに当たって来たり、落としてる途中でエサの沈下が止まったりと、魚達は色んなアタリを出してくれます。

 

 

繊細な釣りなのでハマる人はとことんハマってしまうみたいですよ。