堤防から釣れる!幻のカツオ「スマ」について解説

 

 

いきなりですがみなさん、カツオの全種類をご存知ですか?

 

 

「え?カツオって1種類じゃないの⁉︎」
と思ったそこのアナタ!

甘い!

実は日本にカツオは、

カツオ(本ガツオ)
ハガツオ
マルソウダガツオ
ヒラソウダガツオ
スマ(スマガツオ)

5種類が居るんです!

思ったより多かいと感じた方は多いんじゃないでしょうか。

 

今回はそのカツオの中でも最も珍しく、味が良く、値段も高いカツオ、「スマ」について解説していきます。


1.スマってどんな魚?

 

スマはインド太平洋の熱帯・亜熱帯地域に生息するサバ科の魚で、日本では主に九州以南で漁獲されます。

カツオのようなお腹の縞模様はなく、背中の後方部にだけ黒い縞模様がはいっています。

 

また、胸ビレの下に黒い点が1個以上出るのが大きな特徴で、これによって様々な呼び名が付けられました。主にスマガツオ、ホシガツオ、ヤイトなどといった名称で呼ばれますが、正式名称は「スマ」となっています。

 

カツオほど大きな群れを作りませんが沿岸付近を回遊するため、沖縄では陸からでも良く釣れるカツオとして人気があります。
本土では珍魚として扱われ、カツオの仲間で最も食味が良いため、1kgあたりの単価も1500〜2000と高価な魚です。

 


2.どうやって釣るの?

 

スマは沖にも居ますが、今回は磯や堤防から狙う釣り方をご紹介します。

 

カゴ釣り

4号以上の磯竿に、ラインの強さは道糸・ハリス共にフロロ6号前後。

ウキは10〜16号の物を使い、ハリスの上に撒き餌用のカゴを付けます。

ウキ下は状況によって変えていきますが、水深の半分程度の深さに設定してスタートするのがセオリーです。撒き餌、付け餌共にオキアミを使用し、とにかく遠投して回遊を待ちましょう。

 

フカセ釣り

スマのシーズンである初夏〜秋には、磯にスマ狙いの釣り人がたくさん居ます。

フカセ釣りのタックルとしては
・磯竿2〜4号
・道糸・ハリス5号以上
・針8~10号
・ウキ0〜1号を潮の流れによって使い分け

こんな感じの仕掛けになります。
撒き餌、付け餌共に基本オキアミを使用しますが、スルルー(キビナゴ)を使用する人も居ます。

 

ルアー釣り(ショアジギング)

ルアーで狙う場合のタックルは、
・10フィート前後のシーバスロッドorショアジギングロッド
・PE 2〜4号
・リーダー 20〜40lb(5〜10号)

このぐらいの強さが必要です。

使用ルアーはもちろんメタルジグ
ジグは18〜50gの重さを水深や流れなどによって使い分けていきます。ミノーなどのプラグ系にも食ってくることはありますが、やはりジグが効率は良いです。

 

三つの釣り方に共通して言えることは、
スマは沖縄で水深があって潮の通っている場所なら回遊している可能性は高いので、堤防からでも磯からでも狙えるということ。

ちなみにスマの引きはかなり強いです

大型になるとリールの糸を全部出しかねないので、徐々にテンションをかけて走りを止めていくようなやり取りをしましょう。

 


3.食べるならどんな調理法がいい?

スマは本土だと「幻のカツオ」と呼ばれるほどの魚で、カツオの中でも最も美味しい魚です。
マグロとカツオの中間」と言う表現する人も居ます。

そんなスマですが、カツオなのでやはり筆者オススメは「タタキ」。

筆スマを3枚におろした後、コンロなどで炙って一口サイズに切り、ネギや玉ねぎをふりかけ、ポン酢やマヨネーズ醤油で頂きます。

 

 

スマは身に脂が乗っているので、刺身よりも炙ったタタキの方が旨味が出ます。

もちろん刺身でも美味しいんですけどね。

 

また、意外と盲点なのがアラや肝を使った「味噌汁」。

スマの肝、アラは湯通ししたあと冷水につけ、よく洗った後に煮立たせます。そうするとものすごく美味しいかつおだしが取れて、最高の味噌汁が作れますよ。


 

 

3.スマのまとめ

・日本に5種類居るカツオの中で最も美味
・価格もお高い
・沖縄ならショアから良く釣れる
・引きが強いので太めの仕掛けで狙う
・とにかく美味しい!!!

 

 

スマのシーズンは夏〜秋となっていますが、基本的に年中狙える魚です

ちなみに、1番美味しい時期は脂が乗りまくる冬らしいですよ。釣りたてを食べたい方は狙うしかありませんね!

 

ショアからタマン(ハマフエフキ)を狙う時に使うべきルアー7選 | 釣り武士.com
タマン(ハマフエフキ)といえば投げ釣りやフカセ釣りが主体ですが、近年はショアやボートからルアーで狙う釣りも流行っています。 なので今回は、ウェーディングなどでショアからタマンを狙う時に持っておきたいルアーをご紹介します! ショアタマンのシーズンは春~夏ですが&。 前もって準備するに越したことはないと言うことで。       ショアタマン攻略ルアー7選 1.マリア ブルースコード C60 マグネット式重心移動を採用し、比重を小さめに設定しているためシャローエリア攻略に最適なモデルです。干潟や河川等緩やかな流れの中にダウンストリームにキャストしスローリトリーブすることで、シーバスの捕食場所である強い流れと弱い流れの境目に導くことができます。 そこでこのルアー独特の、流れに逆らわず水流をボディ全体で緩やかに受け流しながら、自然に揺らぐスライドやヒラ打ちアクションでバイトを誘発します。 タマンルアーの定番と言っていいほどのルアー。スローリトリーブ&ストップにトゥイッチを加えるアクションで、タマンのリアクションバイトを誘発してくれます。必携ルアーですね。     2.エクリプス ドリフトペンシル シャロー ランカーハントの必需品となったドリフトペンシル110の基本性能をそのままに、河川・干潟・港湾などフィールドを選ばずに使えるレギュラーモデル。フィールドのみならずタックルを選ばず振り抜けるためプレッシャーの少ない竿抜けポイントや沖の潮目を直撃できます。速巻きからスローのタダ巻き、水中ドッグウォークなど様々な使い方で威力を発揮。その名の通りドリフトにおいては圧倒的な釣果を叩き出す名機として多くのアングラーの支持を集める。 名前の通り、ドリフトさせることで食わせきれるペンシル。上手く扱えるようになるとタマン以外の魚もこのルアー1つで連発させることができます。場所や狙うサイズによって、110サイズ、90サイズ、75サイズを使い分けましょう。     3.蛙スプーン 9g 逆エッジが織りなす、「ヌメる」生命感。シャローリーフでは最も汎用性の高い蛙スプーン9g。 その独特なシェイプと逆エッジ加工により、メタルルアーとは思えない、「ヌメヌメ」とした生物的な、有機的なアクションが可能に。
【フカセ釣り】トーナメンター御用達!1000釣法のやり方まとめ | 釣り武士.com
フカセ釣りというのは本来、仕掛けにオモリやウキを付けずにラインや針、エサだけの重みで海中を漂わせる釣り方です。 船からマグロやカツオを狙う一本釣りなどで良く使われる釣り方ですね。 しかしこれを磯で行うと狙える範囲や魚も限られてくるため、上記のような漂わせる仕掛けにウキを付ける「ウキフカセ釣り」が生まれました。 今ではこれがメジャーとなり、「フカセ釣り」といえばこのウキフカセ釣りを指すことがほとんどです。 そしてこのフカセ釣りには固定仕掛け・移動仕掛け・半遊動仕掛け・全遊動仕掛けなどいくつか種類があり、さらに沈め釣りや全層釣法、今回メインとなる1000釣法などに細分化できます。 これらの仕掛けを全て把握してある程度釣れるようになれば、フカセ釣り師としては一人前かもしれません。   ・ ・ ・   今回紹介する1000釣法はフカセ釣りを始めたばかりの人にはあまり聞き覚えがない言葉かもしれませんが、比較的簡単なので始めたばかりの人にこそオススメしたい釣りでもあります。 もちろん中〜上級者やフカセ釣りの大会などに出る方にも再認識して欲しい釣法なので、是非読んでみてくださいね。   1000釣法とは 1000釣法とは、国内のグレ釣りトーナメントにおいて数々の実績を上げてきた池永祐二氏が発案・命名した釣法です。 ※池永名人の詳細プロフィールはこちらから。 ちなみにこの「1000」という特徴的な名前の由来は、10mのハリスに00号のウキを使う(10+00’1000)という事から来ているそうです。   ・仕掛け図 1000釣法の仕掛けの全体図としては 10mのハリスを道糸に直結したらハリスにウキを通す。 ウキはウキゴムで止め、そのままハリスに針を付ける。 このような仕掛けになります。 普通のフカセ釣りではウキ下に道糸とハリスの連結部がありますが、1000釣法ではハリスにウキを入れるのでウキの上に連結部が来るカタチですね。 この連結部は常にガイドを行き来するので、結び目が小さくなる結び方(ブラッドノットなど)で結んだ方が良いでしょう。 連結のやり方はこちらでも解説されています。     ・なぜハリスは10mなのか
【釣行記】フカセ釣行で1.2mオーバー!予想外の巨大魚を釣ってしまいました。-なかち | 釣り武士.com
こんにちは。 ステップ具志川店の仲地(なかち)です。 この間、、といっても1ヶ月ほど前ですが、メモリアルフィッシュを釣り上げる事ができたので、その時の釣行を記事にしたいと思います。 画像は少なめですが最後まで読んでいただけるとありがたいです。   1月末、フカセ釣行(のつもりだった)   僕は普段、ルアー専門といった感じでフカセ釣りはあまりやらないのですが& 1~2月は仲間内で尾長ダービーを行なっているという事もあり、1月の末に尾長グレ狙いのフカセ釣りへ行ってきました。 ポイントは沖縄本島最北端にある辺戸岬 展望台下。 先輩の与那嶺さんと夜のうちにポイント入りしました。 足場全体が崖になっているので、いつも通り海の様子を見つつポイントまで下り、夜のうちにある程度の道具を釣り座まで下ろします。 夜のうちに体を休め、夜が明けてから釣り開始!     ヒレーカー(テングハギモドキ)が何枚か見えてはいるものの、尾長らしき魚影は無い&。 遠投して沖目を釣ろうとするも、まさかの当て潮。 普段はルアー釣りばかりの僕にはお手上げです。スキルが足りません。 持ってきていたショアジギタックルで大物狙いでもしようと冷凍アジを流してみるが、案の定当て潮で仕掛けが送れず終いには根掛かり。くそう。 うーん。潮が変わるまで仮眠をとる事に。 ・ ・ ・ しばらく仮眠をとっていると、与那嶺さんに 「アーラが浮いてるよ!」 と起こされる。 「何言ってるんだろうなぁ。」とか思いながら見に行ってみるとビックリ。 マジでアーラミーバイ(ヤイトハタ)が浮いてきてる。 しかもめっちゃデカイ。     15分くらいずっと浮いてたので自分を起こしてくれたらしい。 なぜか尾長狙いの撒き餌に入るくらいの高活性らしく、試しにショアジギタックルに冷凍アジを付けた仕掛けを流してみる。 目視出来るぐらいの位置まで浮いてるので、もちろんサイトフィッシング。     すると食ってきた! &が、すぐに吐き出される。       なかなか警戒して食ってこないので、磯際についているギンユゴイを与那嶺さんに釣ってもらい、背掛けにして泳がせてみることに。