深海のメガタチ‼︎沖縄に生息する太刀魚「オキナワオオタチ」

 

 

日本各地の海に生息し、ショア・オフショアから釣れる人気ターゲット太刀魚(タチウオ)

 

 

太刀魚釣りをしていると、稀に体幅指5本、体長1mを超えるサイズが釣れることがあり、それらは「ドラゴン」と称されます。
しかし、沖縄でオフショアから太刀魚を狙うと、その倍の指10本体長2mを超えるサイズが現れます。

いわば超ドラゴン級

 

この沖縄の深海で釣れる太刀魚は「オキナワオオタチ」という魚で、普通の太刀魚と少しだけ種類が異なります。見た目や食味はほぼ同じなんですけどね。

 

今回はそんなオキナワオオタチについて解説していきたいと思います。

 


 

・オキナワオオタチってどんな魚?

 

オキナワオオタチはタチウオ科タチウオ属に属するタチウオの近縁種で、見た目はほとんど普通のタチウオと変わりません。

サイズはレベルが違いますが…。

 

体長が最大2m近くになることから、「メガタチ」の愛称で知られています。

日本では奄美大島〜琉球列島が主な生息域。
深海性が強く、水深150m〜300mの海域に群れを作って暮らします。

 

この魚、実はあまり詳しい生態が分かっていません
まあ太刀のような体形や鋭い歯のような見た目も、泳ぎ方も食性もタチウオとほぼ同じなので、大きくなったタチウオぐらいに思って良いと思います。

 


・オキナワオオタチの釣り方

 

深海性の魚なので、基本的には船からのギングテンヤ仕掛けで狙います。
ジギングは200g以上のジグを使っていきます。

タチウオは捕食があまり上手ではない魚なので、スローアクションがオススメです。
テンヤ釣りで狙う場合は、
スロージギングタックル(ジギングタックルでも可)に
PE2号以上、テンヤは最低でも50号、できれば80号前後を使用します。

タチウオテンヤにサンマの半身or1匹まるまる掛け、外れないようにワイヤーでグルグルに巻きつけたらそれを海底に落とします。

あとはジギングのようにアクションを付けて巻き上げて行くと、ガッガッというアタリを出してくれます。

 

 

150cmを越えれば大型と言っていいかも。釣れたらはしゃいじゃってOKです!

 


・オキナワオオタチの食べ方や調理法

 

オキナワオオタチはタチウオと食味も似ているので、いろんな調理法で美味しく頂けます。

 

・刺身
小さいタチウオだと骨が厄介ですが、オキナワオオタチは刺身が取りやすいのでオススメです。
皮は付いたまま食べるのが一般的で、調味料は醤油かポン酢
食べる直前に皮をバーナーなどで炙っても美味しいですよ。

 

・塩焼き
塩こしょうなどで味をつけて焼くだけ。
タチウオと言えば塩焼き!と言う人もいるほど定番でタチウオに合う調理法です。
お好みでレモンや醤油を垂らしてみてもgood。

 

・フライ
こちらもタチウオの定番料理。
塩こしょうで味付けした切り身を小麦粉、とき卵、パン粉の順で付けて揚げるだけ。
上品な味のある白身で、俗に言うカリッフワッが味わえます

 

・酢味噌和え
こちらは筆者オススメの調理法。
短冊状に切ったタチウオの刺身を酢味噌に付けるだけですが、かなり美味しいです。
簡単な料理なので、身を湯通しして半生にしたり、皮を引いてみたり、バリエーションを増やしても良いかもしれません。

 


近年ブームになりつつある、沖縄のメガタチ釣り。
『デカ!スゲー!』
と、船内も盛り上がる釣りなので、沖縄で釣りをするなら一度はやってみるべきかも。

 

でも一度味わってしまうと普通の太刀魚釣りじゃ満足出来なくなってしまうかもしれませんね…。

 

 

 

【釣行記】沖縄県慶良間の磯でショアGTチャレンジ!-なかち | 釣り武士.com
こんにちは。 仲地(なかち)です。   以前(たしか2~3か月前)に、 http://turibushi.com/2017/03/05/アーラミーバイヤイトハタ巨大魚泳がせ釣り/ こんな記事を書きました。 2017年初めに沖縄最北端の辺戸岬でアーラミーバイ(ヤイトハタ)を釣った時の記事ですね。 この記事では人生でもあまりお目にかかれない魚をなんとか仕留めたわけですが、その数ヶ月後にまたまた記憶に残る魚をゲットすることができたので、今回はその時の釣行内容を書いていきたいと思います。   ・ ・ ・   去った3月29日(大潮、晴れ)、慶良間の磯へ渡ってきました。 慶良間諸島海域と言えば世界有数の透明度と魚影の濃さを誇り、平成26年には国立公園にも指定された海域。 慶良間周辺には数多くの孤立した磯があり、世界中からダイバーや釣り人が集まります。 沖縄本島に住む釣り人にとっても憧れの磯で、実は本島在住の僕にとっても今回が初の慶良間。 興奮しないわけがナイ!       夜明け前に那覇港の丸沖つりぐから出航し、船に揺られること〇時間。。   到着。 初めての磯&夜明け前ということで磯周りの地形が把握できない。もちろん無人の孤立した磯、明かりもない。 とりあえず打ち込み仕掛けを作り、シガヤーダコをぶっこむ。お土産確保用だ。笑 慶良間の磯の打ち込み釣りはバケモノがよく当たると聞いていたのでドキドキ。 ・・・が、結局夜明けまでノーチリン。   まあまあ、今回はルアーメインの釣行。全然凹んでいません!笑 ちなみに今回渡ったのはタッチューハナレ(黒島ハナレ)という磯で、後ろはこんな感じ“ 一緒に降りたのは相棒のダイゴ。     夜も明け、明るくなったところでジグを投げる。 朝イチの回遊魚狙いだ。 とりあえず慶良間の磯に多いカツオ狙い。 100gのジグをフルキャストして表層を早めに巻いて、広範囲に探る。     …..釣れない。   というかそもそもベイトっ気が全くない。 魚が釣れないことには状況も把握できないので、底をとっての根魚狙いにシフトしてみる     あれ? ジグを着底させられない。 潮が早すぎる。
【釣行記】県記録まであと1cm!怪物トカジャーとプレイしてきました。-りゅう | 釣り武士.com
どうも!りゅうです。   1/22に今年3回目の釣りに行ってきました! 軽い事故的な?ハードプレイな?釣行になったので、今回はその時のことをレポートに残そうと思います。     前回、前々回の釣行は那覇一文字で撃沈を食らいましたが& 今回はヤンバル!! ドドン! 最高な景色。 この景色を見るだけで、計り知れない化け物への期待感が膨らみます♪   で、一時間半かけポイントへ到着。 今回のメンバーは ゆくさー会(仮)の大地先生、まっしぃ~、自分の3人( ´ ▽ ` ) 天気予報で厳しい状況だろうな〜と予想していたが、この時期にしては珍しくべた凪。 みんなテンションMAX! 興奮を抑えつつ速攻で撒き餌を作りパラパラ撒く。 ・・・・・・・・・・・ん?  パラパ・・・・・ん?     魚居な& まだ魚おきてないな!と自分に言い聞かせ 仕掛け作り。   今回のタックル⒈ 竿・・・・・DXR1.25-50 リール・・・TailWalk KUROSHIO 道糸・・・・8号 ハリス・・・8号 ウキ・・・・BIG ONE TYPE3 0号 針・・・・・真鯛王 11号   え?タックルバランス?何それ? 一投目! 30m遠投し、沈めながらガンガン流す・・・・ 流す・・・流す・・・・ 時折、足元に撒き餌打つがまだ魚の顔が見えない&。 〜一時間経過〜 いきなり バチバチバチ!!!! すかさずフッキング! まっっっってましたぁー!   と、大地先生。   ん?僕じゃないですが何か?     &     魚は沖に走ったが、すぐ根にin。 止まる気配がない感じの走り方^^; すかさずまっしぃーと「根掛かりだろ?ゆくさーひゃー」 とおちょくってみる。   先生、本気モードになる。     すかさず自分もタックルチェンジ! タックル2. 竿・・・・・マスターモデル MH-50 リール・・・トーナメント15 3000SH 道糸・・・・New アストロンisoガンマ 3.25号 ハリス・・・ブラックストリーム 4号 ウキ・・・・釣研 スーパエキスパートUE 0C 針・・・・・あわせちゃだめじな 9号
沖縄本島のカーエー釣りポイントまとめ~南部編~ | 釣り武士.com
昼夜問わず釣ることができ、引きが強く、食味も良いことから沖縄で人気の魚、 《カーエー》。   カーエーは磯や沖堤防などの潮が通る場所よりも流れが落ち着いている近場の漁港や敷石を回遊することが多く、足場の良いポイントで効率良く狙えるというのも人気な理由のひとつとなっています。 また、あまり生息場所の移動はせず、決まった場所にエサを求めて回遊してくることが多いこの魚。沖縄の漁港や堤防などにはピンポイントで居着く場所・回遊してくる場所があり、ソコをしっかり狙えば初心者でも釣ることができます。 今回はタイトルにもある通り、沖縄本島南部のカーエー釣りポイントを紹介していきます。 意外と知られていないポイントも書いていますので是非参考にして下さいね!   沖縄本島南部のカーエーポイント ・泊・安謝港周辺 那覇周辺にはカーエーポイントが数多く存在しますが、その中でもカーエーの魚影が濃いポイント。型はそこまで出ませんが、数は上がります。 外海のテトラは基本的にどこでもポイントで、写真の下付近にあるタンクの近くはオススメ。港内も結構釣れますが、ゴミが多くて臭いです&。 写真上部の灯台付近も良く釣れますよ。   ・沿岸漁港・なうら橋周辺 こちらも那覇付近で魚影の濃いポイント。 沿岸漁港のスロープは有名ですが、港内真ん中にある短い堤防も良く釣れます。 沿岸漁港両サイドの堤防は基本外海狙いになります。水深があり、良いサイズのチヌも良く釣れます。 なうら橋付近は川の上流の方までカーエーポイントが多く点在しているので、マイポイントを見つけるのも良いかもしれません。   ・西洲(いりじま)   長すぎる防波堤で有名な西洲。堤防の内側がポイントになります。一級ポイントという程ではないですが、タイミングが良ければ数も釣れます。 堤防が曲がって角になっている所や、海底の敷石・ケーソンが途切れているような所を攻めましょう。 イラブチャーやトカジャーなどのフカセ対象魚も良く釣れる魚影の濃いポイントです。   ・若狭(わかさ)海岸   若狭バースとも呼ばれるポイントです。 手前が敷石で、駆け上がりになっています。 ここはフカセ釣りをする人も多く、濁りが入ればチヌも釣れるのでフカセ対象魚とカーエー両刀狙いで行く人も多いです。