初心者向けから上級者向けまで‼︎GTを釣るためのGTロッド8選

 

GT(ロウニンアジ)といえば真っ先に思い浮かべるのがその強烈な引き

ただでさえ強い魚なのに20kg、30kg、時には60kgを超える大型が掛かることもあるので、ロッドはそれなりに強くないと対応出来ません。

【釣行記】沖縄県慶良間の磯でショアGTチャレンジ!-なかち | 釣り武士.com
こんにちは。 仲地(なかち)です。   以前(たしか2~3か月前)に、 http://turibushi.com/2017/03/05/アーラミーバイヤイトハタ巨大魚泳がせ釣り/ こんな記事を書きました。 2017年初めに沖縄最北端の辺戸岬でアーラミーバイ(ヤイトハタ)を釣った時の記事ですね。 この記事では人生でもあまりお目にかかれない魚をなんとか仕留めたわけですが、その数ヶ月後にまたまた記憶に残る魚をゲットすることができたので、今回はその時の釣行内容を書いていきたいと思います。   ・ ・ ・   去った3月29日(大潮、晴れ)、慶良間の磯へ渡ってきました。 慶良間諸島海域と言えば世界有数の透明度と魚影の濃さを誇り、平成26年には国立公園にも指定された海域。 慶良間周辺には数多くの孤立した磯があり、世界中からダイバーや釣り人が集まります。 沖縄本島に住む釣り人にとっても憧れの磯で、実は本島在住の僕にとっても今回が初の慶良間。 興奮しないわけがナイ!       夜明け前に那覇港の丸沖つりぐから出航し、船に揺られること〇時間。。   到着。 初めての磯&夜明け前ということで磯周りの地形が把握できない。もちろん無人の孤立した磯、明かりもない。 とりあえず打ち込み仕掛けを作り、シガヤーダコをぶっこむ。お土産確保用だ。笑 慶良間の磯の打ち込み釣りはバケモノがよく当たると聞いていたのでドキドキ。 ・・・が、結局夜明けまでノーチリン。   まあまあ、今回はルアーメインの釣行。全然凹んでいません!笑 ちなみに今回渡ったのはタッチューハナレ(黒島ハナレ)という磯で、後ろはこんな感じ“ 一緒に降りたのは相棒のダイゴ。     夜も明け、明るくなったところでジグを投げる。 朝イチの回遊魚狙いだ。 とりあえず慶良間の磯に多いカツオ狙い。 100gのジグをフルキャストして表層を早めに巻いて、広範囲に探る。     …..釣れない。   というかそもそもベイトっ気が全くない。 魚が釣れないことには状況も把握できないので、底をとっての根魚狙いにシフトしてみる     あれ? ジグを着底させられない。 潮が早すぎる。

こんなGTを釣りあげるための初めの1本…。

もしくは2本目、3本目の予備ロッド…。

迷う所だと思います。

 

 

今回はそんなGTを釣るためのロッドを初心者向けのものから上級者向けまで、8つ紹介していきます。


 

釣り武士おすすめのGTロッド8選!!

 

ダイワ ソルティガエ クスペディション BIG GAME

ダイワ(Daiwa) ロッド ソルティガ BG85S・F

 

・スミス オフショアスティック 

スミス(SMITH LTD) ロッド オフショアスティック GTK-77BG/S

カーペンター F3シリーズ

 長年、追い求めていたGTロッドが形になりました。パワーを持ったGTロッドは扱いが難しい・・・ しかし、大型GTを根ズレを回避して主導権を握るにはロッドにパワーが欲しい・・・

パワーはいざという時の安心感にさ繋がります。開発時に悩む 二律背反。

”パワーがあり、そのパワーをアングラーが引き出しやすい”言葉にすると簡単ですが、具現化させるには本当に難しい・・・20年間、高負荷ドラグのファイトに於いて理想のGTロッドとは何かを追い求めてきました。遂に形になった ”理想のファイトが出来るGTロッド”  F3で ”ロッドパワーをアングラーが引き出しやすい” この快感をGTとのファイトで感じていただきたい。また、大型魚との心に残るファイトを堪能していただきたい。


 

カーペンター モンスターGTハンターシリーズ

成長すると60kgを超えるジャイアント トレバリー ・・・ その筋肉の質と体型から物凄い瞬発力を持っている。珊瑚礁や岩礁帯を住処とする為に、根ズレによるラインブレイクでGTアングラーは悔しい思いをすることがある。根ズレの回避には、強いドラグで障害物へ極力走らせないようにする必要がある。特に大型GTにはより強いドラグを必要とするケースが多い。
モンスター GTハンターは高負荷ドラグでのファイト時の衝撃緩和性に重点を置きました。長年のノウハウと数々のテストから、高負荷できちんと体勢を作れて、かつ、ロッドの復元力を得るという、相反する要素を高次元で具現化しました。
「粘りながら復元する」 理想のファイトが可能になりました。強靭な作りのモンスター GTハンター

大物GT狙いのアングラーの方に是非、お使いいただきたい。

 


 

リップルフィッシャー F-STICKシリーズ

疲労感を軽減する軽さと細さ、群を抜く飛距離と思いのままの操作を可能にする張りの強さ、そして状況の変化に瞬時に対応できる感度の良さ。
これらは、過酷なGTゲ-ムをより楽しく、快適にする。

 


 

ゼナック エクスペディション 


海外遠征、まさに秘境と辺境の地へのアタック用に開発された頑強さと機動力に富むハイスペック3ピースロッド。遠征時における信頼性を高めるカーボン素材を厳選し3ピースロッドでネックとなるジョイント部分の強度と綺麗なベンディングカーブを追求。夢のターゲットを追い求め、未開のエリアを突き進む冒険アングラーの強力な相棒となるべく渾身の力を注ぎ開発を進めてきた。小型飛行機での移動のみならず奥地へのさまざまな移動、時にはカヌー、乗馬、トレッキングそしてキャンピングで攻め入るハードなエリア攻略の為、最低限のタックルに限定される事も考慮し1本で幅広い用途、ルアーに適応できるように設計。携帯性に優れた3ピースで有りながら高いロッドポテンシャルを併せ持つ。

 


 

・シマノ オシアプラッガーBGモンスタードライブ

シマノ ロッド オシアプラッガーBG MONSTER DRIVE S86ML

SWビッグゲームでは、アングラーの体力や志向するスタイルによって適正ロッドが異なります。そこで『オシアプラッガーBG』シリーズではコンセプトを分けて展開。新たに仲間入りした『WILD RESPONSE』はリニアかつダイレクトな操作感が特長、『MONSTER DRIVE』は「飛ばす、操作する、獲る」の総合力が高いオールラウンドタイプ、『FLEX ENERGY』は柔よく剛を制す、がキーワード。憧れのビッグワンに挑むべく設計された、キャスティング専用モデルです。

 


 

カーペンター FINAL SPIRIT GTシリーズ

超大型GTに全身全霊を振り絞り真っ向勝負する為に・・・ リップルフィッシャ-が誇る最強のGTロッド。

 


 

以上になります。同じシリーズでも対象魚や対象サイズが違っていたりするのでよく吟味してくださいね。

GTロッドは比較的高価なロッドが多いですが、それもあの巨体を仕留めるためのもの。

 

備えあれば憂いなし」ですよ。

 

ショアからタマン(ハマフエフキ)を狙う時に使うべきルアー7選 | 釣り武士.com
タマン(ハマフエフキ)といえば投げ釣りやフカセ釣りが主体ですが、近年はショアやボートからルアーで狙う釣りも流行っています。 なので今回は、ウェーディングなどでショアからタマンを狙う時に持っておきたいルアーをご紹介します! ショアタマンのシーズンは春~夏ですが&。 前もって準備するに越したことはないと言うことで。       ショアタマン攻略ルアー7選 1.マリア ブルースコード C60 マグネット式重心移動を採用し、比重を小さめに設定しているためシャローエリア攻略に最適なモデルです。干潟や河川等緩やかな流れの中にダウンストリームにキャストしスローリトリーブすることで、シーバスの捕食場所である強い流れと弱い流れの境目に導くことができます。 そこでこのルアー独特の、流れに逆らわず水流をボディ全体で緩やかに受け流しながら、自然に揺らぐスライドやヒラ打ちアクションでバイトを誘発します。 タマンルアーの定番と言っていいほどのルアー。スローリトリーブ&ストップにトゥイッチを加えるアクションで、タマンのリアクションバイトを誘発してくれます。必携ルアーですね。     2.エクリプス ドリフトペンシル シャロー ランカーハントの必需品となったドリフトペンシル110の基本性能をそのままに、河川・干潟・港湾などフィールドを選ばずに使えるレギュラーモデル。フィールドのみならずタックルを選ばず振り抜けるためプレッシャーの少ない竿抜けポイントや沖の潮目を直撃できます。速巻きからスローのタダ巻き、水中ドッグウォークなど様々な使い方で威力を発揮。その名の通りドリフトにおいては圧倒的な釣果を叩き出す名機として多くのアングラーの支持を集める。 名前の通り、ドリフトさせることで食わせきれるペンシル。上手く扱えるようになるとタマン以外の魚もこのルアー1つで連発させることができます。場所や狙うサイズによって、110サイズ、90サイズ、75サイズを使い分けましょう。     3.蛙スプーン 9g 逆エッジが織りなす、「ヌメる」生命感。シャローリーフでは最も汎用性の高い蛙スプーン9g。 その独特なシェイプと逆エッジ加工により、メタルルアーとは思えない、「ヌメヌメ」とした生物的な、有機的なアクションが可能に。

 

沖縄で釣れる巨大魚「ロウニンアジ(GT)」の釣り方や食べ方について書いてみた | 釣り武士.com
        世界中のソルトルアーマンに愛される巨大魚、ロウニンアジ。   英名であるジャイアントトレバリー(Giant trevally)の頭文字を取って「GT」と呼ばれることもありますね。 沖縄でもガーラ、カマジー、カマジャーなど、たくさんの呼び名で呼ばれています。   今回はそんなロウニンアジについて解説していきたいと思います。 http://turibushi.com/2017/01/18/%E5%88%9D%E5%BF%83%E8%80%85%E5%90%91%E3%81%91-%E4%B8%8A%E7%B4%9A%E8%80%85%E5%90%91%E3%81%91-gt%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%89-%E9%87%A3%E3%82%8A/ ・ロウニンアジってどんな魚?   ロウニンアジはアジ類の最大種で、全長180cm、体重80kg近くにもなるまぎれもない「巨大魚」です。 インド太平洋の熱帯・亜熱帯の沿岸海域に生息し、日本では主にトカラ列島や琉球列島で釣ることができます。 世界中で釣りの人気対象魚となっており、GTを釣ることがライフワークとなっている人もいる程です。   ロウニンアジは主に小魚やイカ、甲殻類などを捕食しており、それらを追いかけて河口などに入ってくることがあります。 沖縄では川で20kgオーバーの大型個体が釣れることもあるとか。   ・ロウニンアジの釣り方!!   ロウニンアジも小さい若魚から超大型の個体までいますが、ここでは主に成魚の釣り方を書いていきますね。   成魚のロウニンアジを狙う場合 ショア、オフショアからのルアー釣り、泳がせ釣り、打ち込み釣りの3つが代表的な釣り方になります。   ルアー釣りで狙う場合 ・GT専用の竿や大型のマグロを狙う様な竿とリール ・PE8号、リーダー200lb前後のライン ・100g以上のトップウォータープラグ(ポッパーやペンシルなど) 泳がせ釣りで狙う場合 ・ルアー釣り同様の竿とリール ・PE10号以上、リーダー60号以上のライン ・針は太軸で、エサの大きさに合わせたもの ・エサはムロアジやグルクンなど 打ち込み釣りで狙う場合