狙うは5kgオーバー!沖縄発の新釣法「ディープエジング」

 

ディープエジング。

あまり聞き覚えのない言葉ですよね。

この釣りは沖縄で開発・確立されたもので、「エジング」とはエギングとジギングをかけ合わせた造語です。

 


ディープエジングを解説!!

ディープエジングは、沖縄の金城太志郎氏(ブログ名は赤侍)や、その釣友の方々が2012年ごろから研究・開発を重ねて確立してきた釣法です。

 

通常エギングというのはショアやボートから水深20m以浅のエリアを狙いますよね。

しかし、この釣りは水深50m以深、時には150m近いエリアに潜むイカをターゲットにしています。

 

 

もちろん使うタックルや仕掛け、釣れるイカのサイズはケタ違い。
5kgを超えるモンスターイカも釣ることが出来ます。
通常行のエギングのより深い場所を狙い、使うタックルもジギングクラス
このことからエジングという名前が付けられました。

 

ベストシーズンはイカの産卵シーズンである3〜6月とされています。


 

ディープエジングで使うタックルや仕掛け

 

エギは4~5号で、エギの頭にナス型オモリをスナップで取り付けます。
このオモリも、潮の流れを考慮して10~60号のモノにしなければなりません。

 

なので、竿はもちろん200gの重さに対応するジギングロッド。
リールは3000~5000番を使用します。

ラインはPE1~2号、リーダー12~25lb。
これがスタンダードな仕掛けになります。
やり取り中にエギのカンナが伸びてしまう事もあるみたいですが、最近はディープエジング専用のエギも販売されているようなので、そちらを使うと良いと思います。

 


どんなイカが釣れる?

 

ターゲットはアオリイカ

出典:http://wild046.ti-da.net/e9285267.html

 

しかしアオリイカにもシロイカ系、アカイカ系、クワイカ系の3系統があり、最も大きくなるのがアカイカ系

 

つまりディープで釣れる大型のイカはほとんどアカイカ系アオリイカということになります。
かなり大きく成長することが確認されており、5kgオーバー、7kgオーバーも夢ではありません。
アオリイカなので、食味はもちろん美味しいですよ。


 

ディープエジングまとめ

 

・ディープエジングとは深場の大型を狙うエギングのこと

・近年沖縄で開発され、ブームに!

・シーズンは3〜6月

ジギングタックルで挑もう。

・ターゲットとなるイカはアカイカ系アオリイカ。もちろん美味しい!

 

 

いかがでしょうか。
近年エギングがブームになり、エギンガーか増えました。
このディープエジングは、釣れるイカが通常よりもデカいので、ベテランのエギンガーにとってもかなり刺激的な釣りになると思います。

 

普通のイカのサイズに飽きてしまったエギンガーの皆さん、是非チャレンジしてみては?

 

イラブチャー(ブダイ科)の種類まとめ1 | 釣り武士.com
  沖縄で代表的な魚といえば、イラブチャーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? カラフルでいかにも南国!って感じの魚ですよね。   この「イラブチャー」という名でくくられているのはブダイ科の魚全般で、なんと10属88種もの種類が居ることが分かっていて、全て体色が異なります。   また、ベラ科の魚と同様、ブダイ科の仲間はほとんどがメスからオスに変わる雌性先熟型の性転換をします(たまにオスのまま成熟する場合もある)。 ブダイ科の魚は性転換が起こると体の色や模様も変わる種類が多いので、全てを覚えようとするとかなり大変です。軽いパニックが起きるレベルです。   そこで! 今回は、よく間違えやすいイラブチャーの種類、オスメスの区別を写真&軽い解説付きで紹介していきたいと思います。       イラブチャー図鑑~アオブダイ属~     ・アオブダイ 成魚   若魚 画像引用元   ブダイなどに比べて体色が青いことからこの名がついた。 体長90cm程に成長する大型種だが、内臓にパリトキシンという毒を溜めていることがある為、食用にはならない。 熱帯よりも温帯域に多く、生きたサンゴも食べる。     ・アカブダイ オス個体   メス個体 画像引用元   体高は低めで、ナガブダイに似る。 メスは全身が鮮やかな赤色をしており、オスになると青緑色になる。オスはアオブダイと間違えやすいが、頭部や尾ビレの形態が異なる。 最大個体だと60cm近くに成長。   ・アミメブダイ オス個体   メス個体 画像引用元   オスは体前方が濃い青の色で、尾付近でくっきり色が分かれて淡青色になる。 メスは茶色っぽい体色で、鱗が黒く縁取られる。体長45cm程までになる。     ・イチモンジブダイ オス個体   メス個体   オスは全体的に青っぽく、胸ビレの下から下尾ビレまで伸びる緑色の細縦帯が特徴的。胸ビレ、尾ビレにも桃色帯がある。 メスは赤っぽい。目の後ろから直線に走る暗色帯があり、体側中央には青緑帯がある。 体長はオスで最大50cmほどになる。  

 

【サーモンフィッシング】ルアー釣り?ウキ釣り?サケの釣り方を解説‼︎ | 釣り武士.com
  サケは北海道でアキアジとも呼ばれており、サケ釣りも「アキアジ釣り」と呼ばれ、釣りの対象魚として人気の高い魚です。 基本的にサケを川で釣るのは法律で禁止されていますが、河口や海で釣るのはOKです(場所によっては河口もNG)。 かなり多くの釣り方が確立されているサケ釣りですが、ここではメインとなっているサケ釣りの仕掛けと釣り方について解説していきます。 ルアーで釣る場合 岸壁から釣る場合、ロッドは12~13フィートのシーバスロッドを使うのが無難です。 砂浜ではロングロッドが有利な事が多いので、15フィートのロングロッドを使っている人もいます。 リールは、ラインが200m以上巻ける中~大型のスピニングリールを使うといいでしょう。当たり前ですがドラグ性能は優れている方がバラす確率は格段に減ります。 ルアーはスプーン+タコベイトが主流で、フックの部分にサンマの切り身を付けるスタイルが一般的です。 ルアーは鮭用に市販されているスプーン(10~60gを場所によって使い分け)を使い、これにシングルフックを2本取り付けて、タコベイトをセットします。 タコベイトは赤やピンクが定番のカラーになります。 稀に、奇をてらって黄色やシルバー、ゴールドなどのカラーを使用している人を見かけますが、釣果はいまひとつになりやすいです。初めての場所ではまず定番カラーで攻めましょう。 餌のサンマについては、付けなくても釣れる事はありますが、確実に釣果は落ちます。   ウキルアーで釣る場合 ルアーの上1mくらいの所に中通しウキを付ける、ウキルアースタイルも一般的です。 普通の魚を狙う時はあまり聞かない仕掛けですが、ウキルアーは根掛かりを防ぎ、水面直下を超スローリトリーブできるため、サケ釣りにおいては抜群の効果を発揮します。 ウキの浮力が高すぎるとアタリの出方が悪くなるので、ウキの浮力とルアーのウエイトがうまくマッチしていることが重要になります。 ルアー、ウキルアーの場合どちらもリトリーブは超スローが基本です。キャスト後は常に一定の速度でリトリーブするのがコツで、ひたすらキャスト&リトリーブを繰り返します。 集中力が切れてくると思わずアクションをつけたくなる事がありますが、派手なアクションは逆効果な事が多いので我慢してゆっくりとリトリーブしましょう。

 

沖縄で唯一?店内で釣りができる居酒屋に行ってみた。 | 釣り武士.com
  こんにちは。きんかいです。 魚持った写真で挨拶しましたが、この写真は今回の記事に一切関係ありません。ごめんなさい。       さて、いきなりですが 沖縄に住んでるみなさんは「釣り堀に行きたい」と思ったこと、ありませんか? もちろんありますよね。 (というかある前提で進めていきます。)     釣り堀での釣りと普通の釣りでは、感覚が違って面白く感じると思います。 けど本土では街中にも結構あるんですが、沖縄に釣り堀って マジで無いんですよね。   一応こどもの国とかネオパーク沖縄といった観光施設にはあるっちゃあるんですが、なぜか釣り堀の営業は土日のみ。     そして釣れる魚はほとんどが小ちゃいティラピア。 こんな感じのヤツです。     これでもそこそこ楽しめはするんですが、 なんかこう& デデーン!って見せれるような魚が釣りたいんだよなぁ&。         てことでひたすらググってみたところ&   なんと、釣り堀ではないけど店内で釣りが出来る居酒屋があるらしい!   釣りができる居酒屋といえば東京・大阪・福岡などで展開している釣船茶屋 ざうおが有名ですが、まさかそんな居酒屋が沖縄にもあるとは。 しかも調べると場所は那覇市。家から近い。   興味がそそられまくりだったので、とりあえず行ってみることに。   店内で釣りが出来る居酒屋とは 浦添・宜野湾方面から南下し、座間味島や久米島へのフェリーが発着する泊港のターミナルビル「とまりん」を過ぎて最初の信号を右に曲がります。 曲がったら道をそのまままっすぐ。 こんなとこに居酒屋あるの?ってぐらい奥まで進むと   「ぐるくん」と書かれた提灯が風に揺られて踊っています。どうやら歓迎してくれてる様子。   そしてこの提灯の横を向くと 漁船が店にぶっ刺さってました。   ということで今回やってきたお店は那覇市若狭にある「居酒屋 ぐるくん」。 なんか大人数収容できるっぽかったので予約せずに行きましたが、普通に入れました。     店内へ入ってみます。