【釣行記】県記録まであと1cm!怪物トカジャーとプレイしてきました。-りゅう

どうも!りゅうです。

 

1/22に今年3回目の釣りに行ってきました!

軽い事故的な?ハードプレイな?釣行になったので、今回はその時のことをレポートに残そうと思います。

 

 


 

実はこの前に二連続で那覇一文字へ釣行し、撃沈をくらったんですが…

今回はヤンバル!!

ドドン!

最高な景色。
この景色を見るだけで、計り知れない化け物への期待感が膨らみます♪

 

で、一時間半かけポイントへ到着。
今回のメンバーは

ゆくさー会(仮)の大地先生、まっしぃ~、自分の3人( ´ ▽ ` )
天気予報で厳しい状況だろうな〜と予想していたが、この時期にしては珍しくべた凪

みんなテンションMAX!
興奮を抑えつつ速攻で撒き餌を作りパラパラ撒く。
・・・・・・・・・・・ん? 
パラパ・・・・・ん?

 

 

魚居な…

まだ魚おきてないな!と自分に言い聞かせ
仕掛け作り。

 

今回のタックル⒈
竿・・・・・DXR1.25-50
リール・・・TailWalk KUROSHIO
道糸・・・・8号
ハリス・・・8号
ウキ・・・・BIG ONE TYPE3 0号
針・・・・・真鯛王 11号

 

え?タックルバランス?何それ?
一投目!

30m遠投し、沈めながらガンガン流す・・・・
流す・・・流す・・・・
時折、足元に撒き餌打つがまだ魚の顔が見えない…。
〜一時間経過〜
いきなり
バチバチバチ!!!!

すかさずフッキング!

まっっっってましたぁー!

 

と、大地先生

 

ん?僕じゃないですが何か?

 

 

 

 

魚は沖に走ったが、すぐ根にin。
止まる気配がない感じの走り方^^;
すかさずまっしぃーと「根掛かりだろ?ゆくさーひゃー」

とおちょくってみる。

 


先生、本気モードになる。

 

 

すかさず自分もタックルチェンジ!
タックル2.
竿・・・・・マスターモデル MH-50
リール・・・トーナメント15 3000SH
道糸・・・・New アストロンisoガンマ 3.25号
ハリス・・・ブラックストリーム 4号
ウキ・・・・釣研 スーパエキスパートUE 0C
針・・・・・あわせちゃだめじな 9号

風が強いので道糸を直結(コブが小さい電車結び)してハリスは9mとり、ハリスの中にウキを入れる。いわゆる1000釣法的な仕掛け。

沖縄の太仕掛けに対応出来る様にウキの沈下速度も00 0C 0 B と変えてみる。
もちろん仕掛けが太いのでノーガンです。

 

ターゲットは底にいると判断。
今回は流れがほぼ皆無の状況だが、サラシの影響で遠投しても回収した時に手前から仕掛けが帰ってくるので、
少々早く沈むようウキの浮力を0Cにする(これが後に吉とでる)。

 

撒き餌も粘り強くこね、表層中層ではほぼ団子状態で落ちるようとにかく練り込むφ( ̄ー ̄ )

 

 

仕掛けを変えて一投目。

20m先に投下し、撒き餌を5、6杯打つ。

 

 

1分経過…まだ流す(多分10m沈んでる)

 

1分半…そろそろ回収かな?(15m付近)

 

と思いきや
バチババキばちきばき!!!!!

 

 

 

 

ファ!?竿折れた音しなかった!?

というかそれどころじゃない!やばい!!手でスプール抑えるも弾かれる!
必死に手で止めようとするが止まらず、無理やりベールを閉める!

 

パン!!
音と同時にベールが開けられる!へ!?
魚は沖に走る!!

 

 

フッ…

 

oh…切れた…

内針のあわせちゃだめじなが、外に曲がって普通の針になってる。

いやー無理。一瞬すぎて何もできないっつーの( ^∀^)

 

 

バチバチきてのフッキングでは遅いと思い、すかさず針チェンジ!

尾長速攻 8,5号へ。

バチバチする前のほんの一瞬の糸の出を集中して速攻アワセをとる戦法。

 

 

〜20分後〜

 

 

仕掛け投入から1分経過後に集中。穂先からの道糸をノの字に整える。

すると

バチ!

すかさずフッキング!
ポンピングゴリ巻き!!!!!

ターゲットはこんな弱い引きじゃない!すぐに浮いてきた犯人はトウモロコシ!

アーガイ。

↑最終的に同じくらいの2枚逮捕。
狙ってるのはこいつじゃないので、すぐに手返しして仕掛け投入。

 

バチ!!
またしてもすかさずフッキング!!
今回は綺麗にベールを閉める!魚は沖へ走る!

今だ!と言わんばかりに3回ポンピング!

よし!今度はドラグの調整!
ジリジリジリリリリリ!これまた15トーナメントのATD効いてて調整は完璧!

 

 

と、、、、、、、、、、痛恨のバラシ…。
針が曲がってる。掛かり所悪かったか?

すでに2回はヤラれた…
いつもヤル側なのに俺ってば受け身。
SMプレイでMもたまにはアリか。

 

まぁそんなこんなで3回目、4回目と
のされるは、竿立てきれないは、根に入るはで完全諦めモード、ハードでドMな俺。
そそられる。

 

 

けどコツは掴んだ。後は不慣れな竿さばきでどうにかせねば!と思い
オキアミをつける動作から同調までの流れを集中して流す。←怠けたら魚にお仕置きされる

すると・・

 

 

 

チュドーン!!!

 

 

 

前あたりなしのロケット発射(//∇//)
竿を立て半ば強引にポンピング!
沖へ走るが、3番あたりをの曲がりを維持し溜める。
レバー使ったら負けと言い聞かせ、体でとにかく溜める!!

なんとか止まった!!!ファーストラン終了
お次は右手前の岩の切れ目に潜ろうとする!自分もすかさず右へ走る!

が、左の根に路線変更しまだ走る!レバーを使わないので、体ごと持ってかれる!!

なんとか食い止めるがまたもや右に猛ダッシュ!俺もすかさず引っ張られる!てか吸い込まれる!

 

 

やばいっ!ハードプレイすぎる!

(思考回路は下ネタに走る!)
根がきつく、魚もなんとか根に入ろうと必死!
サラシで波も押し寄せるが、とにかく前に出て踏ん張る( ;∀;)

 

手前にある岩の切れ目を避けるため前に思いっきり腕を伸ばすが、腕の力じゃ溜めれない!

けど魚も徐々に弱ってきてる。ハリス疲労も考え、ここから丁寧に慎重に寄せてくる。
すると後ろで竿の角度指導していた大地先生が
タマンだ!!
いやフカセ対象魚じゃないんかーい!!!!
ほんの少しの脱力感。
とりあえず丁寧に寄せる!寄せる!!
寄せ…ん?

っつつつっつ!?

 

 

 

タモ入れ成功…。

 

 

 

 

 

 

ドン!!!!!!!!!

 

 

やっちゃいました〜〜(笑)
トカジャー66㎝2.62キロ!(名護ステップ検量)
県記録は67cm!

 

 

もう一歩だった。悔しい!!!
けどとにかく嬉しい幸せ( ;∀;)

針がかりバッチリ!←動画撮影の為画質悪
その後はあたりも途絶え、納竿

 

夢のようなひと時でした( ^∀^)
これがあるから山原の磯はやめられません。海に感謝です。
あ、ちなみに帰りの地獄は言うまでもありませんでした。ロッククライミングで山とSMプレイアザース!

ps.サンノリーさんにカラー魚拓以来しました

 

いやー嬉しかった。次狙うは県記録

トカジャーの前に仕留めた巨大魚の釣行記はこちら↓

【釣行記】奇跡のサイズ!高級魚マクブとプレイしてきました。-りゅう | 釣り武士.com
どうも!りゅうです。 E7%9C%8C%E8%A8%98%E9%8C%B2%E6%83%9C%E3%81%97%E3%81%84%E6%80%AA%E7%89%A9%EF%BE%84%EF%BD%B6%EF%BD%BC%EF%BE%9E%EF%BD%AC%EF%BD%B0%E9%87%A3%E8%A1%8C%E8%A8%98%E3%82%84%E3%82%93%E3%81%B0%E3%82%8B%E9%87%A3/ 実は‘この化物トカジャーを仕留めるより少し前のH28年4月24日(日)にも、化物サイズを釣ってました。 その時の釣行記を書いていきます! 同行者は“ 大地先生!!! 【(自分+大地先生)×山原=大事件】の方程式が成り立つんですよねぇ〜。 今回は○○○と言う高級巨大魚のお話です。 ・・・・・前日の夜・・・・・ 仕事をパパッと終わらせ、大地先生と合流して北上。 僕 「大地先生今日どこ行く?」 大地先生 「最近釣果情報見ても北部全然魚上がってないし、ギナマ磯もあんまりよくないね〜あえて行ったところないとこいこーぜ(笑)」 僕 「まぁ今回は気軽に楽しむか(笑)」 ‘(これまた後に吉と出る) みたいな会話を交わし、グーグルマップでポイントを調べる先生。 先生は下ネタの会話するとなぜか興奮するんですが、まだ釣りの話だけで抑えさせていただきますw とりあえず名護のステップで撒き餌購入! 今回は、生オキアミL3キロ・麦・アミドリップ ・前回の余りの撒き餌 ※麦は水吸って膨らむのが遅いので、アミドリップに浸しておいて事前にドリップを吸わせます。 麦をサシ餌としても使えるし何より美味しそうですよね♪(実際食べると激マズ。) それに、膨らましておかないと魚が麦を食べてお腹で麦が大きくなると満腹感で魚が沈む感じします。 ‘これはあくまで個人的な意見ですw 知り合いにも北上する人が居て雑談を交わすが、ギナマ磯へ行くとのことで別れることに。 購入後すぐ北上。日曜日ということもあり、釣り人はいっぱい!

小さい魚じゃ満足できなくなってきている自分が怖い…

以上。りゅうでした!