オオクチユゴイ(ミキユー)を狙う時に使うべきルアー7選

沖縄の川でのトップゲームといえば

オオクチユゴイ(ミキユー)!!!ですよね。

オオクチユゴイはトップウォーターの印象が強い魚ですが、ミノーやスプーンなどのルアーでも釣ることはできます。トップの方が面白いではありますが…。

 

今回はトッププラグやミノーも含め、オオクチユゴイを釣るならコレ!というルアーを7つ紹介していきます。

 

 

オオクチユゴイ狙いで使うべきルアー7選


 

1.SARA工房 SARA PEN、SARA POP シリーズ

画像引用元

沖縄のルアーマンであれば誰でも知っているであろう完全ハンドメイドの超人気ルアー。
オオクチユゴイ専用のJPシリーズも販売されています。

 

 

2.マリア ポップクイーン 50

スプラッシュ、ダイブ、ウォーキングとソルト用ポッパーに必要な全ての要素が詰まった国産ソルト用ポッパーのパイオニア。未だに絶大な支持を受けている理由があります。
必要にして十分、全てのアクションを高水準でクリアするソルト用ポッパーの代名詞です。80mm、50mmサイズは、ダウンサイズモデルならではの小刻みなアクションを得意とし
水中ドッグウォーキング等まで器用にこなします。
ライトゲームを全てカバーできる多彩さを持ったソルト用小粒ポッパー。

オオクチユゴイだけでなく、沖縄のチヌやメッキにも効果抜群のルアーです。

 

 

3.アイマ プガチョフコブラ 60

■海水に絡み付くようなスライディングアクション!!
■適切な浮力でフッキング率アップ!!
■ピンスポットでの一点操作も可能!!
夏場にイナっ子へのボイルを繰り返す汽水域のシーバスゲーム。
しかし大量のベイトに狂ったシーバスはミスバイトを連発。ペンシルプラグに反応するものの、なかなかフッキングに至りません。
プガチョフコブラの開発にあたっては、効率よくフッキングさせる最適な浮力を考慮。浮力は汽水~海水対応。喫水を高く、ルアーの大半が水中に入るよう設計。これによりシーバスの吸い込むようなバイトのフッキング率がアップ。
また、180度ターンするようなスライディングアクションは一点での集中操作も可能。ネットリと海水に絡みつくような操作感はトップ初心者でも簡単に扱えます。

元々シーバス用のトップウォータールアーですが、浮力設計が絶妙なのでオオクチユゴイやチヌも良く釣れます。

 

 

4.マリア ポケッツ ペンシル

小型のトップウォータープラグでありながら、しっかりと首振り時に水を絡め・押すことで水面における存在感をアピールします。●道具を選ばないアクション:使用ラインを選ばず、PEラインでも、ナイロンラインでもしっかりとアクションが付けやすい設計です。●ロングキャスト性能:後方に配置したウェイトのため、遠投性能に優れていて広いエリアを探れます。●誰でも簡単アクション:誰が使っても、簡単に首振りアクションをさせやすいバランス設計です。●水押し、抜群の存在感

誰が使ってもしっかりとアクションできるというコンセプトで作られているので、非常に扱いやすいです。「とりあえず」トップを投げるならコレ!

 

 

5.ジャッカル 活虫

虫パターンのファイナルウェポンとして開発されたトップウォータールアー。柔らかいが高い耐久性を誇るエラストマーボディに高浮力の発泡成型フロートを内蔵し、脚には浮力に優れた中空シリコンスカートを採用しているので、誰でも水面でうごめく虫を演出できます。ボディのフロート内部にはバランスウェイトが組み込まれているので、浮きすぎず沈みすぎない絶妙な安定感を実現しています。小型のフックやマスバリなどを頭部先端に上向きにセットしてご使用ください。

虫パターンのブラックバスを釣る為に開発されたルアー。オオクチユゴイは主に落ちてきた虫を食べるので、まさに効果抜群。川岸のシェードへ投げ込み誘いましょう。

 

 

6.ラパラ スキャッターラップ カウントダウン

千鳥やS字でもない、全く別次元のナチュラル・エスケープアクション。右へ左へと逃げ惑うベイトを完璧に演出したアクションが、ニュートラルなプレデターにさえも、トリガースイッチを押させ、ストライクに持ち込みます。ド定番のカウントダウンシェイプ。一旦リトリーブを始めれば、そのナチュラル・エスケープアクションの振動は、生きの良いライブベイトを付けていると錯覚する程です。

やや深場にいるオオクチユゴイを狙う時に使うべきミノー。ただ巻きでも、逃げ惑うベイトのようなスイムにより魚のスイッチを入れてくれます。独自のリップ形状をしており2〜3mほど潜るので、竿を立てながらのリトリーブがオススメです。

 

 

7.ジップベイツ フェイキードッグ CB

フェイキードッグシリーズの血統であるキビキビとしたドッグウォーキング、高い飛距離と操作性を、50㎜のコンパクトボディに凝縮。
強めのアクションを加えてやればバブル、スプラッシュとライブリーサウンドで広範囲の魚を惹きつけます。
可愛いらしい外見ながら、迂闊に近づけば狂った蜂(Crazy Bee)のごとく一刺しを見舞う。そんな攻撃的ペンシルです。チヌやメッキなどあらゆるライトゲームにどうぞ。

クロダイ用に開発されたルアー。このルアー、ドッグウォークさせるとかなりキビキビと動いてくれます。この動きとステイアクションで緩急をつければ、食ってくること間違いナシ!

 


 

オオクチユゴイは沖縄の渓流〜汽水域に生息する、警戒心の強い魚です。

一度ミスキャストやミスバイトが起きるとすぐに警戒してしまうので、身を隠しつつ、上記紹介ルアーを使って一発でキメちゃいましょう!

オオクチユゴイの詳しい解説はコチラ>>>

ミキユー(オオクチユゴイ、ジャングルパーチ)について詳しく解説 | 釣り武士.com
本土での渓流釣りと言えばヤマメやイワナ、トラウト系の魚が居ますよね。 もちろん沖縄には居ない魚です。管理釣り場もありません。     ですが、実は沖縄にも 渓流に生息し、似たような習性を持つ魚が存在します。     その名もミキユー。   和名でオオクチユゴイ、英名はジャングルパーチ(Jungle perch)として呼ばれている魚です。 沖縄ではブラックバスが少なく、イワナやヤマメも存在しないので必然的に渓流釣り・川釣りの人気ターゲットとなっています。   今回はそんなミキユーという魚について書いていきましょう。   1.ミキユーってどんな魚?   ミキユー(オオクチユゴイ)は、インド太平洋の熱帯・亜熱帯域の渓流や汽水域に生息するユゴイ科ユゴイ属の魚。 日本では主に沖縄に生息していて、北域は高知県とされていますがそれより北でも目撃情報があるようです。 体はスズキに近い形をしており、体色はは白銀で黒褐色の斑点が点在しています。 尾ビレは丸っぽく、両端が黒くなっています。 口は比較的大きく、川に住む小魚や甲殻類、川に落ちてきた虫や果実などを捕食します。 なので虫や魚などに模したルアーで狙う場合が多いですね。   2.ミキユーの釣り方は? ミキユーは海水でも生息でき、汽水域が主な生息域ですが淡水性が特に強く渓流域にもよく居ます。   なので基本的には汽水域よりも淡水に近いエリアがメインフィールドとなります。 川に落ちた虫や小魚を捕食するのでルアーで狙う場合が多く、沖縄のルアーマンは必ず一度は狙う魚です。 警戒心が非常に高い魚として有名で、身を隠しながらキャストしないと食ってこない場合も多いです。   使用するルアーは、バスを狙うようなソフトルアーや3〜6cmほどの小さめのミノーやペンシル、ポッパーなどが中心となります。 そしてボトムを探るというよりは表層〜中層付近を探っていく釣り方になります。 特にポッパーやペンシルを使ったトップゲームが面白く、警戒心が高いのにどう猛で派手なバイトをしてくれますよ。