ショアからタマン(ハマフエフキ)を狙う時に使うべきルアー7選

 

タマン(ハマフエフキ)といえば投げ釣りやフカセ釣りが主体ですが、近年はショアやボートからルアーで狙う釣りも流行っています。

(タマンの記事はこちら)

県魚グルクンと人気を二分した魚!タマンについて詳しく解説 | 釣り武士.com
昭和47年。     皆さんはグルクンが沖縄県魚に制定された時、最後までその地位を争った魚をご存知でしょうか。       そう。     それがタマンという魚です。 最終的にはグルクンが最も馴染みある魚だという事で県魚に制定されましたが、未だタマンという魚の人気は根強い。 今回はそんなタマンの生態や釣り方について解説していきます。     ・どんな魚? タマン(和名:ハマフエフキ)は、 千葉県以南のサンゴ礁がある沿岸の岩礁や砂地、サンゴ礁域のイノーなど浅いところから、水深100m前後の深場まで棲息しています。 顔に綺麗な青い線が走っているのが大きな特徴ですね。 アイメイクバッチリ。   食性は基本的に肉食性で、甲殻類・イカ・タコ・小魚・貝・ウニなどを捕食します。 沖縄での産卵期は2~11月と長く、春と秋2回の盛期があり、基本的に年中釣れる魚として知られています。 そしてその引き味の強さに虜になるアングラーが後を絶ちません。 筆者もタマン大好きです(食べるのが)。     タマンの寿命は20年を超えるともいわれており、フエフキ科の中でも大型種で、全長最大90cm近くまで成長します。 沖縄県記録は84cm(2017年1月1日現在)。 すごいですね。   また、熱帯に生息する魚の中でもクセのない上質な白身であることから、沖縄では高級魚として市場に出回ることが多いです。 九州や関西などでは「タマミ」という名で呼ばれる事が多いのですが、最近では沖縄在住のプロアングラー、高橋哲也氏による影響が少なからずあるのか、タマンという名で呼ぶ人も増えてきましたね。 流石の影響力ですね。     ・釣り方   沖縄でタマンを釣りたいのであればフカセ、ウェーディング、ジギング、色々釣り方はありますが& おそらく磯や浜からの「打ち込み釣り」が1番効率的だろうと思います。 潮通しの良い岩礁帯で、大潮の干潮時には干上がるような浅場は好ポイントになります。 ※干上がり時にポイントを下見して、貝殻やカニなどが多くいればさらに期待大です。 もちろん漁港や磯でも釣れますし、潮が通っていてエサのある場所であれば近場でも大型が釣れます。

 

そこで今回は、ウェーディングなどでショアからタマンを狙う時に持っておきたいルアーをご紹介します!

ショアタマンのシーズンは春~夏ですが…。
前もって準備するに越したことはないと言うことで。

 

 

 

ショアタマン攻略ルアー7選


1.マリア ブルースコード C60

マグネット式重心移動を採用し、比重を小さめに設定しているためシャローエリア攻略に最適なモデルです。干潟や河川等緩やかな流れの中にダウンストリームにキャストしスローリトリーブすることで、シーバスの捕食場所である強い流れと弱い流れの境目に導くことができます。 そこでこのルアー独特の、流れに逆らわず水流をボディ全体で緩やかに受け流しながら、自然に揺らぐスライドやヒラ打ちアクションでバイトを誘発します。

タマンルアーの定番と言っていいほどのルアー。スローリトリーブ&ストップにトゥイッチを加えるアクションで、タマンのリアクションバイトを誘発してくれます。必携ルアーですね。

 

 

2.エクリプス ドリフトペンシル シャロー

ランカーハントの必需品となったドリフトペンシル110の基本性能をそのままに、河川・干潟・港湾などフィールドを選ばずに使えるレギュラーモデル。フィールドのみならずタックルを選ばず振り抜けるためプレッシャーの少ない竿抜けポイントや沖の潮目を直撃できます。速巻きからスローのタダ巻き、水中ドッグウォークなど様々な使い方で威力を発揮。その名の通りドリフトにおいては圧倒的な釣果を叩き出す名機として多くのアングラーの支持を集める。

名前の通り、ドリフトさせることで食わせきれるペンシル。上手く扱えるようになるとタマン以外の魚もこのルアー1つで連発させることができます。場所や狙うサイズによって、110サイズ、90サイズ、75サイズを使い分けましょう。

 

 

3.蛙スプーン 9g

逆エッジが織りなす、「ヌメる」生命感。シャローリーフでは最も汎用性の高い蛙スプーン9g。
その独特なシェイプと逆エッジ加工により、メタルルアーとは思えない、「ヌメヌメ」とした生物的な、有機的なアクションが可能に。
フォールで良し。巻きで良し。スローに「魅せて」確実に仕留める。沖縄のリーフが育て上げた究極のリアルスプーン。

言わずと知れた最強スプーン。沖縄の釣りに特化したルアーで、形状は小さめ。魅力的なフォールでタマンのバイトを誘発します。

 

 

4.マリア デュプレックス 80

デュプレックスはミノーのアクションを保ちつつ、ジグ並みの飛距離を兼ね備えたスーパーヘビーウェイトプラグです。
高比重ボディがもたらす抜群の飛距離と、通常のミノーではまず泳ぎきれない超ファーストリトリーブでバランスを崩さず、
キレの良いウォブンロールアクションで広範囲をカバーします。
特に飛距離に&リトリーブスピードがキモとなる青物狙いでは、「ジグではナブラまで届くが見切られる…」「ミノーには反応するのにポイントまで届かない…」
また「届いてもファーストリトリーブにしか反応しない…」そんなセレクティブな状況下でも、確実に仕事をこなしてくれるでしょう。

解説文にもある通り、かなりのヘビーウェイトミノー。ファーストリトリーブでバイトを誘う青物用のプラグですが、もちろんタマンにも効果抜群。巻き取りによってはかなり潜るので、使うならやや深場を狙う場合がベストです。

 

 

5.マーズ R-32

シーバスが居る場所で『R32』を投げていれば、誰でもヒットする凄い性能を持ったルアーです。 朝夕マズメや常夜灯周りにおいて、圧倒的釣果を叩き出します。もちろん、日中も効果的です。 ■操作方法 水深が「5メートル未満」のフィールドであれば、昼夜問わず1度ルアーをボトムまで着底させてからスローのタダ巻きでOK!!です。

シーバス釣りで定評のあるソフトルアー。ただ巻きでもヨシですが、弱った魚を演出できるのでボトムをネチネチ探りたい時はこのルアーがベスト!

 

 

6.エコギア バグアンツ

レングスに対し圧倒的なボリュームで強いアピール力を実現し、バスはもちろんロックフィッシュもメインターゲットに捉えた「バグアンツ」シリーズ。扁平ボディと複雑なレッグがしっかりと水を捉え、大きなパドル部の独特な水切りとあいまって、強い存在感を生み出します。ボトムバンピングさせたときにはパドル部がしっかりフレアし視覚へのアピールも強力です。操作性と強さを兼ね備えたデザインを、メリハリのあるアクションを実現した、ターゲットを問わず“釣れる”ソフトルアーです。

タマンは甲殻類も主食の1つ。バグアンツはエビやシャコの動きを演出でき、匂いも凄いのでしっかりとボトムを引いてこれば食ってくること間違いなし!

 

 

7.マリア ローデッド F140

プラスチックマテリアルの壁を越え、ウッドマテリアルの領域にたどり着いた「ローデッドF180」に、待望のダウンサイズモデルの140mmがいよいよリリースされる。今回の140mmは様々なターゲットとショアから狙うユーザーを見据えて、180mmの性能をそのまま継承したフローティングタイプと、悪条件下やサブサーフェス攻略に有効なシンキングタイプの2種類を用意した。どちらのタイプとも180mm同様のウッド素材に負けないハイレスポンス仕様で、少ないロッドアクションでも自由自在に扱えるので、やり込んでいるアングラーから経験の少ないアングラーまで
非常に満足のいく扱い易いモデルに仕上げている。今回の140mmの登場により「ローデッド」の活躍場は更に広がり、各地のブルーランナーに大きな脅威を与えるであろう。

トップで大型タマンを釣りたい時はコレ。大型回遊魚を狙う時に使うペンシルですが、ダイビングアクションや水中ドッグウォークをすることができ、そこに居る魚のスイッチをオンにしてくれます。

 


 

タマンといえばその強烈な引き。いくらルアーが良くても、タックルバランスがしっかりしていないと簡単に切られてしまいます。まともなサイズをショアから狙うのであれば、シーバスロッド以上のクラスの竿を使うようにしましょう。

上記ルアーとそれに合ったタックルさえあれば、すぐにでもタマンを釣ることができるはず!
いざ!リーフへ!