【鮎の友釣り】 ツけへの道!~竿抜けの見つけ方中小河川編~

 

大河川の支流や最上流域、または2級河川といわれる中小河川においては、天然遡上のある河川であっても稚鮎の放流が行われています。

その為、釣り人も多いのですが、それによって釣り荒れしてしまい、鮎を釣るのが難しくなっているのが現状です。


竿抜け釣法とは

「上手」と言われている人は、必ずといっていいほど多くの鮎を釣っています
それは泳がせ方やその他の技術、知識などの差もありますが、釣法に寄る所も大きいです。

鮎を多く釣れる簡単な方法は警戒心の薄い鮎の居る所にオトリを持っていって掛ける方法です。

これを「竿抜け釣法」といいます。

「中小河川に竿抜けは無い」と思っている人は多いと思いますが、まずはポイントです。

竿抜けは鮎がいるポイントであれば基本的にどこにでもあります。


さて。ここでどうやって竿抜けを見つけるかです。鮎の居るポイントは恐らく毎日攻められています。

攻めた人がプロ級なら、ほぼ竿抜けは無くなりますが、一般的な釣り師ならまだ沢山残っているはずです。

 

竿抜けポイントの見つけ方1.

まずは絞り込みの荒瀬や、急流とその瀬肩の落ちる寸前などです。ここは鮎が居ればほぼ一発で掛かります。

多くの人は荒瀬や瀬でも流れの始まりはあまり攻めません。あえてここを狙うのです。

ここで掛かれば、同様のポイントを重点的に攻めていきましょう。「鮎釣りってこんなに簡単だった?」と思うほど掛かってくれます。

ただオモリを使ったり、一気に下流へ走られたりするので極細仕掛けは禁物です。仕掛けは太めのモノにしましょう。

 

 

竿抜けポイントの見つけ方2.

次は障害物の多いポイント。こういったポイントが一番掛かります
瀬やトロ場でポイントの上に木などが覆いかぶさっている場所です。

こういったところは9m以上の竿だと必ず天井糸が絡んでしまうのですが、7.5m前後の竿で注意しながら攻めると、面白いように鮎が掛かる事があります。もちろん抜くときは注意が必要です。
ちなみにヨシなどが生い茂っていて、河原が全く無いポイントも狙い目です。

川の中に立ちこむと鮎が逃げるので、ヨシを踏み倒しながら攻めていきましょう。引き抜きに苦労しますが、良く掛かりますよ。

 

竿抜けポイントの見つけ方3.

最後は足場の悪い岩場です。川の上流域に行けばよくあります。

絞り込んで白泡を立てながら流れているところがポイントです。こういう場所はあまり人が入らないので、鮎さえ居れば入れ掛かり必至です。

 


 

このように、中小河川は皆と同じような場所を同じように釣っていくのはNG。

周りが釣り辛くてやらないポイントこそ「竿抜け」なのです。

このコツさえつかんでいけば、毎回ツ抜け(10尾以上釣る事)の釣果になっていくはず!

 

 

お次は大河川編です。

【鮎の友釣り】 ツけへの道!~竿抜けの見つけ方大河川編~ | 釣り武士.com
  鮎の友釣り、ツ抜け(10尾以上の釣果)への道、大河川編です。 ’中小河川編   大河川で数釣りをするには 大河川での鮎友釣りにおいて数を狙うのであれば、当日の鮎の掛かるツボを見つけるか、足で稼ぐかの二択になります。 広大な大河川において、その日の掛かりポイントであるツボを見つけるのは至難の技。 なので足で稼ぎ、竿抜けを探し回ることをオススメします。   中小河川と違って、大河川での竿抜けを探すのには条件があります。 1.泳ぎが達者なこと 2.足腰が丈夫なこと。 この二つが絶対条件です。大河川は水量も多く流れが強いので、泳ぎが苦手な人が無理に竿抜けポイントを攻めるとなると、かなりリスキーな釣りになってしまいます。   大河川の種類と攻め方 大河川にも大きく分けて2種類あります。 1つは中流から下流域にかけて多い石の比較的小さい淵、トロ、瀬を流れる雄大な流れになるところ。 もう1つは上流域に多い岩盤や大石、大岩のある淵、トロ、荒瀬、急流などの激しい流れになっているところです。 どちらも竿抜けを探す場合に忘れてはいけないのが、オトリ鮎が底を確実に泳いでいるかどうかです。 今の養殖オトリは、泳いでいるようで実は中層を漂っている場合が多いので、養殖の場合、オモリで沈めて攻めましょう。   大河川の竿抜け   ・雄大な流れの場合 雄大な流れとなっている流域の竿抜けについてですが、まずはオモリが絶対必要な深い瀬を狙いましょう。その瀬でも一番強い場所から攻めます。 この場合、竿抜けであればほぼ一発で掛かります。 オトリが弱るからという理由で緩い瀬を狙いがちですが、最初からキツい所にオトリを入れて後から天然に替えることが最重要です。 そして順番にオモリが必要な深いポイントを中心に上手く攻めていけば数が釣れます。 また、釣り人が立ちこむ場所はほぼ同じなので竿を10m以上にすればさらにその先の竿抜けポイントが狙うこともできます。   ・激しい流れの場合 激しい流れの場所の場合は、釣りやすいポイントは捨て、竿や仕掛けを一回りも二回りも大きくしたうえで釣りづらいポイントを狙います。 激流の落ち込む寸前の瀬肩とか、激流のど真ん中のヨレとか、場合によっては水中の大石に泳いで乗り、竿の入らないポイントを狙います。