【鮎の友釣り】 ツけへの道!~竿抜けの見つけ方大河川編~

 

鮎の友釣り、ツ抜け(10尾以上の釣果)への道、大河川編です。

中小河川編

 

大河川で数釣りをするには

大河川での鮎友釣りにおいて数を狙うのであれば、当日の鮎の掛かるツボを見つけるか、足で稼ぐかの二択になります。

広大な大河川において、その日の掛かりポイントであるツボを見つけるのは至難の技。

なので足で稼ぎ、竿抜けを探し回ることをオススメします。


 

中小河川と違って、大河川での竿抜けを探すのには条件があります。

1.泳ぎが達者なこと
2.足腰が丈夫なこと。

この二つが絶対条件です。大河川は水量も多く流れが強いので、泳ぎが苦手な人が無理に竿抜けポイントを攻めるとなると、かなりリスキーな釣りになってしまいます。

 


大河川の種類と攻め方

大河川にも大きく分けて2種類あります。
1つは中流から下流域にかけて多い石の比較的小さい淵、トロ、瀬を流れる雄大な流れになるところ。

もう1つは上流域に多い岩盤や大石、大岩のある淵、トロ、荒瀬、急流などの激しい流れになっているところです。

どちらも竿抜けを探す場合に忘れてはいけないのが、オトリ鮎が底を確実に泳いでいるかどうかです。
今の養殖オトリは、泳いでいるようで実は中層を漂っている場合が多いので、養殖の場合、オモリで沈めて攻めましょう。

 

大河川の竿抜け

 

雄大な流れの場合
雄大な流れとなっている流域の竿抜けについてですが、まずはオモリが絶対必要な深い瀬を狙いましょう。その瀬でも一番強い場所から攻めます。

この場合、竿抜けであればほぼ一発で掛かります。
オトリが弱るからという理由で緩い瀬を狙いがちですが、最初からキツい所にオトリを入れて後から天然に替えることが最重要です。
そして順番にオモリが必要な深いポイントを中心に上手く攻めていけば数が釣れます。

また、釣り人が立ちこむ場所はほぼ同じなので竿を10m以上にすればさらにその先の竿抜けポイントが狙うこともできます。

 

・激しい流れの場合

激しい流れの場所の場合は、釣りやすいポイントは捨て、竿や仕掛けを一回りも二回りも大きくしたうえで釣りづらいポイントを狙います

激流の落ち込む寸前の瀬肩とか、激流のど真ん中のヨレとか、場合によっては水中の大石に泳いで乗り、竿の入らないポイントを狙います。

つまり「ここで掛けても獲れるのか?」というようなポイントを狙うわけです。
掛けたらあとは強引に取り込むしかありませんがこういう釣りづらいポイントこそが竿抜けです。激流や急流、荒瀬の石の頭など竿抜けは色々あります。


 

大河川の場合は普通に釣れれば一番いいのですが、釣れない時はこういった釣り方が必要になってきます。

危険を伴う場合があるので、「流されたらあそこに泳ぐ」といった事前の態勢確認も忘れないようにしましょう。

 

 

竿抜けのポイントを解説したところで、次はいよいよツ抜けへの道初期編です。