【鮎の友釣り】 ツけへの道!~竿抜けの見つけ方大河川編~

 

鮎の友釣り、ツ抜け(10尾以上の釣果)への道、大河川編です。

中小河川編

 

 

 

大河川で数釣りをするには

大河川での鮎友釣りにおいて数を狙うのであれば、当日の鮎の掛かるツボを見つけるか、足で稼ぐかの二択になります。

広大な大河川において、その日の掛かりポイントであるツボを見つけるのは至難の技。

なので足で稼ぎ、竿抜けを探し回ることをオススメします。


 

中小河川と違って、大河川での竿抜けを探すのには条件があります。

1.泳ぎが達者なこと
2.足腰が丈夫なこと。

この二つが絶対条件です。大河川は水量も多く流れが強いので、泳ぎが苦手な人が無理に竿抜けポイントを攻めるとなると、かなりリスキーな釣りになってしまいます。

 


大河川の種類と攻め方

大河川にも大きく分けて2種類あります。
1つは中流から下流域にかけて多い石の比較的小さい淵、トロ、瀬を流れる雄大な流れになるところ。

もう1つは上流域に多い岩盤や大石、大岩のある淵、トロ、荒瀬、急流などの激しい流れになっているところです。

どちらも竿抜けを探す場合に忘れてはいけないのが、オトリ鮎が底を確実に泳いでいるかどうかです。
今の養殖オトリは、泳いでいるようで実は中層を漂っている場合が多いので、養殖の場合、オモリで沈めて攻めましょう。

 

大河川の竿抜け

 

雄大な流れの場合
雄大な流れとなっている流域の竿抜けについてですが、まずはオモリが絶対必要な深い瀬を狙いましょう。その瀬でも一番強い場所から攻めます。

この場合、竿抜けであればほぼ一発で掛かります。
オトリが弱るからという理由で緩い瀬を狙いがちですが、最初からキツい所にオトリを入れて後から天然に替えることが最重要です。
そして順番にオモリが必要な深いポイントを中心に上手く攻めていけば数が釣れます。

また、釣り人が立ちこむ場所はほぼ同じなので竿を10m以上にすればさらにその先の竿抜けポイントが狙うこともできます。

 

・激しい流れの場合

激しい流れの場所の場合は、釣りやすいポイントは捨て、竿や仕掛けを一回りも二回りも大きくしたうえで釣りづらいポイントを狙います

激流の落ち込む寸前の瀬肩とか、激流のど真ん中のヨレとか、場合によっては水中の大石に泳いで乗り、竿の入らないポイントを狙います。

つまり「ここで掛けても獲れるのか?」というようなポイントを狙うわけです。
掛けたらあとは強引に取り込むしかありませんがこういう釣りづらいポイントこそが竿抜けです。激流や急流、荒瀬の石の頭など竿抜けは色々あります。


 

大河川の場合は普通に釣れれば一番いいのですが、釣れない時はこういった釣り方が必要になってきます。

危険を伴う場合があるので、「流されたらあそこに泳ぐ」といった事前の態勢確認も忘れないようにしましょう。

 

 

竿抜けのポイントを解説したところで、次はいよいよツ抜けへの道初期編です。

【鮎の友釣り】 ツ抜けへの道!~初期編~ | 釣り武士.com
    竿抜けの見つけ方中小河川編と大河川編が分かったところで、いよいよ具体的な狙い方に入っていきましょう。 今回は初期編ということで、鮎釣りの解禁初期を攻略するための記事となっています。 鮎釣りの解禁 全国的に鮎釣りの解禁は5月~6月です。5月解禁の河川は鮎がそこらじゅうにいるような状態じゃないと掛かりは悪いです。本格的な解禁は6月で、鮎の友釣りでの初期というのは解禁から梅雨明けまでをさします。   天然遡上河川の解禁初期 初期の時期の鮎は溯上意識が強く、流れや冷たい水を求め上流へ上ります。天然溯上河川ほどその状態は強く、初期の狙い目は大河であっても中小河川であっても上流域になります。 上流域では川幅の狭いポイントや支流などが狙い目となります。中流域においては溯上途中の鮎が多く、あまり縄張りを持っていません。上流域まで行った鮎が先に縄張りを持ち始めます。   例外として、鮎が大量溯上した場合などは、鮎が多すぎて中流域でも早くから縄張りを持ち、よく掛かることがあります。中にダムがあり溯上が遮られる河川では、溯上できないと判断した鮎達が一旦川を下って縄張りを持ちます。 とにもかくにも、天然溯上の河川はその年の溯上の多さがカギとなります。溯上が多い年は初期から狙い目ですが、少ない年は梅雨明けからが狙い目です。 雨の多い時期なので、雨による増水は上流や支流は適度な増水で入れ掛かりになる場合がありますが、中流域での梅雨時期の増水は、水温低下もあって厳しくなります。   放流河川の解禁初期 稚鮎の放流河川においては、初期は放流鮎の群れがあまりバラけていないことが多い為、放流地点付近が狙い目となります。 放流地点が長い間隔しかないような河川では、確実に放流地点周辺を狙わないと鮎が全く見えず、ハミ跡もないような場所に出くわします。 しかし、放流河川では増水は豊漁につながる場合が多いです。群れていた鮎が一気に縄張りを持ち始め、しばしば入れ掛かりに出くわすこともあります。   解禁初期の狙い目まとめ 初期の狙い目をまとめると、 ・初期の天然溯上河川では、溯上が多い年は初期から狙い目。上流へ行くほど数釣りが狙える。 ・放流河川は、いかなる場合も放流地点を調べてその付近を狙う。   といった感じです。 &nbsp