カジキは一種類じゃない!日本に生息するカジキについて解説

カジキと言えばオフショアフィッシングの最高峰のターゲットですよね。

特徴的な外見で、世界的にも知られている魚なので釣りをしない人でも一度はどこかで見聞きした事があるはず。

今回はそんなカジキの生態や種類を詳しく解説していきます!

 

 


カジキの形態について

カジキは大型種だと体長5mにもなり、体重は700kgを超えます。

カジキの大きな特徴といえば、長いツノのような上顎。これは吻(ふん)と言います。
エサの魚などを捕食する際は吻を振り回して気絶させたり弱らせた後、捕食します。

また、カジキは体が紡錘形であることに加え、三日月のような尾ビレ発達した筋肉を持っており、他の魚と比べても圧倒的な遊泳力を誇ります。
水中で最速の魚とされ、種類によっては最高時速100kmにまで達すると言われています。
もちろん、水中で最も早く泳げる生き物としてギネスブックにも載っています。

 


カジキの生態について

主に温暖な海を1〜数匹の群れで行動しますが、成熟個体はつがいでいる場合が多いです。
カジキは外洋の表層付近をヒレを出しながら泳ぐこともあれば、水深500m以深の深海まで潜ることもできる魚です。

主なエサとしてイワシやアジ、サバ、トビウオなどの中小型の魚やイカなどの頭足類、時にはカツオやマグロなどの比較的大型の魚まで捕食します。
初夏から秋にかけてはカジキの産卵シーズンにあたり、多くの個体が沿岸に寄ってきます。なのでカジキが釣りやすいのもこのシーズンになりますね。


ちなみに「カジキマグロ」という名称が浸透しすぎていてマグロの仲間と混同する人が多いんですが、カジキマグロという名前の魚は居ませんし、カジキとマグロは全く別の種類の魚です。
まあこれは見た目でも簡単に判断できますよね。

 


カジキの種類について

カジキは世界に12種類居るとされていますが、ここでは日本近海に生息するカジキを紹介していきいます。

日本に生息するカジキは、
メカジキ科のメカジキ、マカジキ科のマカジキクロカジキバショウカジキシロカジキフウライカジキ
の6種です。

 

 

 

1.メカジキ

画像引用元

カジキの仲間でも最大級で、メカジキ科メカジキ属唯一の種。体に対して吻がかなり長くなります。
また、マカジキ科のカジキと違い、メカジキは成魚になると鱗と腹ビレ、歯を失います。
背ビレも鎌状で、尾の付け根にある水平隆起線が1対となっており、これもまた1科1属1種たる所以となっています。

 

 

2.マカジキ

画像引用元

体長は3m、体重は100kgに達する種。前後に細長い体型をしていて、体表は細かい鱗で覆われています。
クロカジキよりはやや白っぽく、背中は濃い青色になっていて、水色の横縞が多数入っています。

 

 

 

3.クロカジキ

画像引用元

クロカワカジキとも呼ばれ、全体的には3m程度にしか大きくなりませんが、稀にメカジキに匹敵する程大きくなる種。体表は細長い鱗で覆われていて第一背ビレは全体的に低く、背中は青色で水色の縞模様が走ります。死後、この色が黒くなることからクロカジキという名が付けられました。

 

 

 

4.バショウカジキ

画像引用元

体長3〜3.5mほどで、カジキの仲間では最も速く泳ぐ種。バショウの葉や船の帆などに例えられるその特徴的な背ビレは、普段は折りたたまれているのですが、エサを追う時などには広げて旋回します。カジキの中では最も沿岸性が強いとされています。

 

 

 

5.シロカジキ

画像引用元

シロカワカジキとも呼ばれ、体長4.5mを超えて体重は750kgに達します。目の上からの頭部が大きく隆起しており、第一背ビレは前端だけがやや長くなっています。
クロカジキが死後、体表が黒っぽくなるのに対し、シロカジキは白っぽくなることからこの名が付けられました。

 

 

 

6.フウライカジキ

画像引用元

体長2.5mほどの小型種。頭部はあまり隆起せず、吻も他のカジキに比べてかなり短いです。
他のカジキよりもどこかヒョロッと痩せた印象があります。

 


 

はえ縄漁などで食用として漁獲されてきたカジキですが、世界的には昔からゲームフィッシングの対象魚として扱われてきました。
沖縄県与那国島などでも30年ほど前から国際的なカジキ釣り大会が催され、人気を博しています。

また、カジキは淡白な白身でフライやソテーにして美味しく頂くことのできる立派な食用魚です。

 

 

国内で釣り上げるには沖縄県がメインフィールドになりますが、是非水中最速の魚の引きと味わってみてはいかがでしょうか。