鯉とチヌが一緒に泳ぐ⁇「広島」がチヌの聖地であるワケとは

はじめに

チヌとは正式和名「クロダイ」と呼ばれ、その生息域は広く、北海道南部から九州地方まで生息。近縁種は沖縄や海外にも多く分布しています。

チヌは比較的身近に釣れる魚とされているものの、その奥深さと独特の力強い引きで多くの釣り人を魅了しています。

雑食であり、エサはもちろんルアーでも釣れるので釣り人の要望を叶えてくれるという所も人気である理由の1つですね。

そんなチヌという魚ですが、瀬戸内海、特に広島県はチヌの「聖地」とされ、他の海域よりも圧倒的にチヌの魚影が濃いエリアとなっています。

 

なぜ広島にはチヌが多いのか

全国各地にチヌが生息している中で、瀬戸内エリア、さらにその中でも広島は圧倒的にチヌの魚影が濃く、チヌの聖地と言っても過言ではありません。
「なぜチヌが多いのか?」というのは度々議論になりますが、この答えに関しては諸説あります。

ここでは有力な説をいくつかご紹介しましょう。
1.30年ほど前、数年に及びチヌの稚魚放流を行い、そのため環境適応能力の高いチヌはどんどん増えた説。

2.河川の水は栄養価が高く、多くの生物が生息しているが、広島は河川が多い。そのため、多くのチヌが餌を求めて回遊してきた説。

3.広島の海は外洋とは違い、穏やかで大型の外敵となる魚が少ない。そのためチヌは居心地が良く、定着した説

 

などの説が有力です。もしかしたら全部の条件が重なった結果かもしれませんね。

何が正しいかは、以上を読んだ皆様の判断にお任せます。
もしくは…広島のチヌを釣って彼らに聞いてみてください。

 

チヌとコイが一緒に泳ぐ⁉︎


前述にあるように広島湾には多くの川がありますが、大量のチヌがその川と海を行き来します。
川に来る理由は2つあり、1つ目の理由は産卵期を終えて魚体に付着した寄生虫を落とすため
もう1つの理由は体力回復のために多くの餌を求めて来るため。とされています。

その際、かなり上流まで上ってきたチヌが鯉と共に泳ぐ姿がしばしば見受けられます。
他の地域ではなかなか見ることのできない光景なので、チヌ釣りが好きな方ならば衝撃と興奮を覚えるのではないでしょうか。

 

 


 

今回は広島に限ってみましたが、今度は瀬戸内全般に目を向けた記事も書いていきたいと思います。