【鮎の友釣り】 ツ抜けへの道!~中期編~

 

鮎の友釣りでツ抜け(10尾以上の釣果のこと)を目指すシリーズ、初期編の続きです。鮎釣りは中期になるといよいよ最盛期に入ります。

ということで今回は鮎釣り中期の攻略について書いていきましょう。


梅雨が明け、中期に突入

鮎の友釣りも梅雨明けしますと最盛期となります。梅雨明けから8月いっぱい位までは鮎が溯上が終わり定着期にはいり、型もよくなっているので、数釣り良型釣りの両方兼ね備えた好機になります。

 

渇水時の対応

まず初めに言っておかなければならないのは、この時期特有の渇水です。

夏は最盛期であると同時に、渇水・水温上昇・アカ腐り等、鮎にとって最悪の条件が発生する時期でもあります。

では渇水の狙い目はと言うと、いろいろありますが一番確実でオススメなのが大河川で、川幅の狭まったポイント。
ここは普段は竿入れのしづらい場所。つまり、普段は激流、急流のポイントです。

大渇水になると、こういうポイントが普通の荒瀬に変わります。数を釣るなら鮎の溯上が多いというのが最低条件になりますが…。

では中小河川はというと、超厳しい鮎釣りになります。こちらも普段は竿入れしづらい川幅の狭い場所が狙い目ですが、元々川幅の狭い中小河川にはそういった場所があまりありません。
ゆえに渇水時は、無理して中小河川に行かずに大河川を攻めるほうが無難と言えるでしょう。

 

 

では通常水位の時はどうするか

 

通常水位や、鮎釣り可能な高水状態であれば基本的にどこでもポイントとなるので、その日の掛かり方で判断するのがベスト。

岩盤で掛かる時は、岩盤のポイントを集中して攻めます。

荒瀬でも白泡で掛かる時と、流芯で掛かる時、石の前で掛かる時など、その日の水の状態によって鮎の居場所が少し変わってきます。
そこを見つけることこそがツ抜けへの道です。

「ここで掛からないはずはない!」と思ってしつこくやるよりは、ポイントをずらしていくことによって好結果が生まれることが多いです。

また、増水の後にサラ場(釣り人がしばらく入ってなかった場所)に入ると良型の入れ掛かりに合うのもこの時期です。

普段緩やかで浅めのトロ場が、増水によって深めの早い瀬になっている時などは特に狙い目ですね。


放流河川も天然溯上河川も鮎は散らばっています。特に増水後の高水時は、普段は2級、3級のポイントでも1級ポイントになり得ます。

毎回同じポイントのこだわらず、色々なポイントを釣って、渇水時はここ、平水時はここ、高水次はここ!という風に、自分なりのパターンを作ることがツ抜けへの一歩になります。

次はいよいよ最後の後期編に入ります。