【鮎の友釣り】 ツ抜けへの道!~中期編~

 

鮎の友釣りでツ抜け(10尾以上の釣果のこと)を目指すシリーズ、初期編の続きです。鮎釣りは中期になるといよいよ最盛期に入ります。

ということで今回は鮎釣り中期の攻略について書いていきましょう。

 


梅雨が明け、中期に突入

鮎の友釣りも梅雨明けしますと最盛期となります。梅雨明けから8月いっぱい位までは鮎が溯上が終わり定着期にはいり、型もよくなっているので、数釣り良型釣りの両方兼ね備えた好機になります。

 

渇水時の対応

まず初めに言っておかなければならないのは、この時期特有の渇水です。

夏は最盛期であると同時に、渇水・水温上昇・アカ腐り等、鮎にとって最悪の条件が発生する時期でもあります。

では渇水の狙い目はと言うと、いろいろありますが一番確実でオススメなのが大河川で、川幅の狭まったポイント。
ここは普段は竿入れのしづらい場所。つまり、普段は激流、急流のポイントです。

大渇水になると、こういうポイントが普通の荒瀬に変わります。数を釣るなら鮎の溯上が多いというのが最低条件になりますが…。

では中小河川はというと、超厳しい鮎釣りになります。こちらも普段は竿入れしづらい川幅の狭い場所が狙い目ですが、元々川幅の狭い中小河川にはそういった場所があまりありません。
ゆえに渇水時は、無理して中小河川に行かずに大河川を攻めるほうが無難と言えるでしょう。

 

 

では通常水位の時はどうするか

 

通常水位や、鮎釣り可能な高水状態であれば基本的にどこでもポイントとなるので、その日の掛かり方で判断するのがベスト。

岩盤で掛かる時は、岩盤のポイントを集中して攻めます。

荒瀬でも白泡で掛かる時と、流芯で掛かる時、石の前で掛かる時など、その日の水の状態によって鮎の居場所が少し変わってきます。
そこを見つけることこそがツ抜けへの道です。

「ここで掛からないはずはない!」と思ってしつこくやるよりは、ポイントをずらしていくことによって好結果が生まれることが多いです。

また、増水の後にサラ場(釣り人がしばらく入ってなかった場所)に入ると良型の入れ掛かりに合うのもこの時期です。

普段緩やかで浅めのトロ場が、増水によって深めの早い瀬になっている時などは特に狙い目ですね。


 

放流河川も天然溯上河川も鮎は散らばっています。特に増水後の高水時は、普段は2級、3級のポイントでも1級ポイントになり得ます。

毎回同じポイントのこだわらず、色々なポイントを釣って、渇水時はここ、平水時はここ、高水次はここ!という風に、自分なりのパターンを作ることがツ抜けへの一歩になります。

次はいよいよ最後の後期編に入ります。

【鮎の友釣り】 ツ抜けへの道!~後期編~ | 釣り武士.com
  鮎の友釣り解禁初期、夏の中期が過ぎて、9月の声を聞くと後期に入りいよいよ終盤戦突入です。 9月から、禁漁になってくる10月までがラストの時期になります。その終盤戦も、きっちりと狙いを定めて釣っていきましょう! 後期に狙うべき河川 この時期の狙う河川はズバリ天然溯上河川です。放流河川では終盤になると放流された鮎の固体が減り、数を釣るのが難しくなります。また、この時期の鮎は下流へ下る性格に変わるため、源流域や上流域では魚影が極端に薄くなります。 天然遡上の河川といっても、遡上の多い河川でないと終盤戦は掛かりません。 上流まで遡上した鮎が順次下り始めます。その中流域では、遅れて遡上した鮎たちと先に遡上して下ってきた鮎達でいっぱいになります。この時が数釣りのチャンスです。 後期の鮎が付くポイントとは 天然遡上が多い河川では、終盤といっても鮎のサイズは中期とあまり変わらないので、今までの仕掛けが使えます。 ただし、狙うポイントは変わってきます。お腹に精巣や卵を持ち出すので、基本的に初期のポイントとは逆になります。 下り鮎は瀬を下って、多くは適当な瀬肩に居つきます。また、瀬の中でも瀬尻付近に居つきます。瀬尻というのは淵への流れ込みも含みます。つまり瀬のど真ん中や、荒瀬や早瀬にはあまり居なくなります。 初めに瀬肩を狙って、次は瀬尻を重点的に狙います。オモリの必要な急流にも居なくなるので、後期に関してもポイントを間違わないことが重要になってきます。 オトリ鮎に気を配る 終盤戦の最大のポイントはオトリ鮎です。 秋以降はオスには体にサビがでます。これがオトリ鮎に出ると、掛かる確率が極端に下がってしまいます。この場合は尻ヒレを見て、メスを使うことが最重要です。 養殖を購入する場合も、自分で選べるのであればメスを購入した方がオスの何倍も長持ちしますし、掛かりもよくなります。 また子孫繁栄の時期なので、メスに対しオスは気を引く為に戯れに来ます。この時に掛かることも多いです。 オスのオトリに縄張り鮎が追い払いに来るより、メスにオスが近寄ってくる確率のほうが高くなるので、掛けた天然鮎のメスをうまく使えば釣果は思いのほか伸びます。 最後に浅場で群れ鮎が見え出したら、友釣りも終了のサインです。 完全に産気づいているので、見える鮎の中に泳がしてもほとんど掛かりません。