【サーモンフィッシング】ルアー釣り?ウキ釣り?サケの釣り方を解説‼︎

 

サケは北海道でアキアジとも呼ばれており、サケ釣りも「アキアジ釣り」と呼ばれ、釣りの対象魚として人気の高い魚です。

基本的にサケを川で釣るのは法律で禁止されていますが、河口や海で釣るのはOKです(場所によっては河口もNG)。

かなり多くの釣り方が確立されているサケ釣りですが、ここではメインとなっているサケ釣りの仕掛けと釣り方について解説していきます。


ルアーで釣る場合

岸壁から釣る場合、ロッドは12~13フィートのシーバスロッドを使うのが無難です。

砂浜ではロングロッドが有利な事が多いので、15フィートのロングロッドを使っている人もいます。
リールは、ラインが200m以上巻ける中~大型のスピニングリールを使うといいでしょう。当たり前ですがドラグ性能は優れている方がバラす確率は格段に減ります。
ルアーはスプーン+タコベイトが主流で、フックの部分にサンマの切り身を付けるスタイルが一般的です。

ルアーは鮭用に市販されているスプーン(10~60gを場所によって使い分け)を使い、これにシングルフックを2本取り付けて、タコベイトをセットします。
タコベイトはピンクが定番のカラーになります。
稀に、奇をてらって黄色やシルバー、ゴールドなどのカラーを使用している人を見かけますが、釣果はいまひとつになりやすいです。初めての場所ではまず定番カラーで攻めましょう。
餌のサンマについては、付けなくても釣れる事はありますが、確実に釣果は落ちます

 

ウキルアーで釣る場合

ルアーの上1mくらいの所に中通しウキを付ける、ウキルアースタイルも一般的です。

普通の魚を狙う時はあまり聞かない仕掛けですが、ウキルアーは根掛かりを防ぎ、水面直下を超スローリトリーブできるため、サケ釣りにおいては抜群の効果を発揮します。

ウキの浮力が高すぎるとアタリの出方が悪くなるので、ウキの浮力とルアーのウエイトがうまくマッチしていることが重要になります。

ルアー、ウキルアーの場合どちらもリトリーブは超スローが基本です。キャスト後は常に一定の速度でリトリーブするのがコツで、ひたすらキャスト&リトリーブを繰り返します。

集中力が切れてくると思わずアクションをつけたくなる事がありますが、派手なアクションは逆効果な事が多いので我慢してゆっくりとリトリーブしましょう。
鮭のアタリは、ゴツン、ゴツン、という前アタリがあった後、グーッと重みが乗ってくる事が多いです。
前アタリが来ても一定の速度でリトリーブを続け、重みを感じるまでじっくり待つ事が大切です。
アワセは竿に重みが乗ってからでも遅くはありませんよ。


 

本流釣りの場合

近年人気がでているのが、この本流釣りのスタイルです。

この場合、竿は本流の大物釣り用を使うのが無難です。
サケ釣りでマス用などの普通の本流竿を使うと折れることもあり、ラインに関しても大型に狙いを絞るなら3号以上、できれば4号以上を使いたいところです。

エサは赤く染めたサンマの切り身やイカの切り身が定番です。エサをアピールするため、針にタコベイトを付けることもあります。
釣り方としては、サケの遡上ルートに付けエサをゆっくりと流してアタリを取っていく感じになります。

アワセを入れた直後のサケの走りはかなり強烈です。腰を落として竿の弾力をフルに活かしたやりとりをするようにしましょう。

*本流釣りのように河川で釣りをする場合は禁漁期や禁漁区域を順守するようにしましょう
サケ釣り禁止になっている河川や、遊漁承認証がないと釣りをしてはいけない河川も少なくないので気をつけて下さいね。

 

 

投げ釣りの場合

北海道では、サケのシーズンになると海岸に投げ竿が並んでいる風景がよく見られます。
これは投げ釣りによるもので、基本的には投げて待つ釣りになります。

竿は4〜5mほどの長めのものを使用します。仕掛けは釣具店などでアキアジ仕掛けというのが売られているはずなので、それを使えば間違いありません。

自分で作る場合は円柱型の発泡素材に反射シートを巻き、タコベイトとティンセルを巻いた針をセットします。オモリは流されにくい三角オモリがいいでしょう。

エサはやはりサンマやカツオの切り身、紅イカの短冊などが定番になってきます。

 


 

サケは日本の重要な水産資源で釣ってよし、食ってよしの最高のターゲットです。

北海道の場合8月下旬〜9月上旬頃から釣れ始めて、太平洋岸から日本海岸へと釣れ続き、11月中旬までが主なシーズンになります。
ちなみに、大型が釣れるのはシーズンの前半期といわれています。

数や大きさ、釣れる釣り方などはその年の状況や場所にも左右されるので、しっかりとポイントや状況を見極めたうえで的確な釣りをしたいところですね。