多すぎて漁師に嫌われる?瀬戸内海のチヌ事情。

 

少し前に、「広島ではなぜチヌが多いのか?」ということについて説明した記事を書いたんですが、思いのほか好評でした。なぜか特に関西の方に。ありがとうございます。

ということで今回は少し視野を広げまして。
続編というカタチで、瀬戸内海全般のチヌ釣りについて書いていこうと思います!

 


 

多種多様な釣り場

まず、広島をはじめとする岡山・山口・香川・愛媛(香川・愛媛の一部地域は除く)では、チヌは常に身近にいる魚とされていて、多くの釣り人に愛されてきました。ものすごく魚影の濃い地域です。

そして瀬戸内海では、遠浅な地形の遠投場・急流場・20メートル以上の水深の深場・波止や筏や護岸などの人工建造物など、多くの釣り場でチヌが釣れます。

近年、チヌ釣りの大会などでは、瀬戸内で腕を磨く釣り人がその大会の上位を占めるようになってきています。

それはなぜかと問われればいろいろと答えは出てくるのですが、1番はやはり瀬戸内海における多種多様な釣り場が、その釣り人のスキルアップに直結しているからではないでしょうか。

前述したように瀬戸内海は様々な場所でチヌが釣れます。
これは同時に、様々な条件の下でどうチヌを釣るかという知識とスキルが身に付くということになります。
その経験とスキルを生かした釣りはどんな釣り場に行っても応用が利くため、大会のみならず、また瀬戸内のみならず、色んな地域でチヌを釣ることができるようになる1つの理由となるんですね。

場所が人を育てているような感じでしょうか(もちろん本人のセンスもあると思いますが)。

 

シーズンを問わず、年中釣れる

多種多様な釣り場でチヌが釣れるのも瀬戸内の魅力ですが、時期を問わず、チヌの顔を平均して見ることができるのも瀬戸内海の魅力です。
春はノッコミ・夏は夏チヌ・秋は秋チヌ・冬は寒チヌという言葉もあるように、春夏秋冬のチヌを感じることができます。

魚は変温動物であり、チヌもまた同様です。
高水温期はチヌも夏バテで釣るのは難しく、釣り歴の長い人はやはり低水温期のチヌ釣りを好む傾向があるようです。
また、チヌは水温が10度前後になると、水温変化の少ない深場もしくは水温の上昇しやすい日当たりのいい場所へ移動します。

筆者の体験上、水温8.7度まではチヌを釣ることができました
しかしこの水温が8.5度を下回ると、チヌも動かず体力の消耗を避け、餌もほとんど口にしないようです。

 

 

嫌われるほど増えてる…!?

多様な場所で年中釣れるチヌ。
水があればチヌは釣れる」という名言を残した有名な釣り師の方がおられましたが、そのような気もしてしまいます。

そんな環境適応力が高い雑食性のチヌですが、近年、海産物への被害が出てきているようです。
広島・岡山でも以前から牡蠣の稚貝をチヌが食べてしまい、牡蠣が育たないという被害が多発していました。


そこで近年では、駆除を目的とした牡蠣の養殖筏からのチヌ釣りが一部許可されるようになりました。
足場もよく、大きなチヌが数釣れることから密かなブームになっています。
また、チヌは牡蠣だけではなくアサリやシジミも捕食しています。そんなこともあって、漁業関係者からはすっかり嫌われ者になってしまいました。

 


・おわりに

瀬戸内では、チヌが増えすぎてその価値はお世辞にも高くないようですね。

とはいえ、日本全国の釣り人を虜にしてやまないチヌという魚。釣り人としてはとても価値のある魚です

また機会があれば、この地域のチヌ釣りについて詳しく掘り下げたいこうと思います。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

では!