【沖縄のキス釣り】釣れるキスの種類、エサやポイントを徹底解説します。

沖縄の魚といえば、普通はイラブチャーなどのブダイ系の魚やトカジャー・ヒレーカーといったハギ系の魚など、色とりどりの魚をイメージしますよね。

もちろんこれらの魚が沖縄の海釣りのメインターゲットになっているのも事実です。

そんな中今回は、美味な魚なのに沖縄では意外に狙う人が少ない「キス釣り」について解説していきます‼︎


キス釣りの魅力

沖縄ではあまりイメージがありませんが、キス釣りといえば本土では海釣りの中でも最もポピュラーな釣りの1つです。

キスはそのスマートな見た目から、「渚の貴婦人」、「海の女王」、「海の貴公子」などと形容されてきました。
近場でも手軽に釣れ、その小気味いい引きとなかなか簡単には食い込まないゲーム性の高さから、年中キスだけを狙う釣り師もいるほど。


キス釣りに人気がある理由はその手軽さ・ゲーム性の高さだけでなく、キスの食味の良さにもあります。むしろそこが1番魅力的かもしれませんが…。天ぷらにした時のフワッとした上品な味、刺身にした時のあっさりとした旨み。骨まで美味しく頂けます。
まさに釣って良し食って良しの魚なのです。

沖縄に生息するキスの種類

沖縄には本土で最も多いシロギスは生息しておらず、
ホシギス
モトギス
という2種類のキスが生息しています。
2種とも南方系のキスで日本本土にはほとんど居ないのですが、食味はシロギスにも劣りません。

ホシギス

引用元

死後、体側に小さな黒い斑点が多数現れることからホシギスという名が付けられました。口は小さいですが、シロギスよりも体高があります。

モトギス

引用元

ホシギス、シロギスよりも体色がやや黒く、背ビレに茶褐色の斑点が出ることがあります。他のキスの仲間とは違い、胸ビレの付け根が黒くなることはありません。

 

沖縄では上記2種が釣れるとされていますが、釣れるキスは90%以上がホシギスです。モトギスは非常に数が少なく、中々釣るのは難しいようです。
沖縄のチヌでいうとミナミクロダイとチンシラーのような感じでしょうか。

 

ホシギス・モトギス釣りの仕掛け

キスを狙う際はチョイ投げボート釣りの2つの釣り方がメインになります。

チョイ投げで狙う場合

本土では投げ釣り(キス釣り)専用の竿などもよく使われています。しかし、沖縄ではあまり遠投して狙うような場所がないのと、遠投するとタマンやガーラなどの大物が掛かってしまう可能性があるので基本的には2〜3mまでのライトルアーロッドや振り出しのコンパクトロッドなど使用します。

リールも竿にあった2000番前後のものであれば十分です。
ラインはPE06〜08、なければナイロンの2号前後をセットします。

仕掛けにはどちらも天秤というオモリを使用します。

こんな感じのヤツですね。
これにも片天秤仕掛け遊動式天秤仕掛けがありますが、オススメは遊動式天秤。
遊動式だとラインが天秤のガイドをスルスル動くようになるので、魚がオモリの重さを感じずに食い込んでくれます。なので警戒されにくく、竿への当たりもダイレクトになります。オモリのサイズは、4〜20号を水深や投げる距離によって選んで下さい。
そして、天秤のガイドを通したラインの先には、市販のキス釣り(投げ釣り)用の仕掛けをセットします。

自作でもできますが、釣具店にはこのようなセットで売られているので、初めはこれらを使う方が無難です。
モトスは1.5〜3号、ハリスは0.8〜2号、針は7〜9号。仕掛けは活性や場所、それとどんな外道が掛かるかによって使い分けましょう。

 

ボートで狙う場合

沖縄ではボートを出せる場所も限られてきますが、場所によってはボートでないと大漁にはなりません。遠浅の海岸を見つけたら一度ボートで狙うことをオススメします。

竿やリール、仕掛けは基本的にチョイ投げと同じでOKです。手返しがしやすいようにルアー竿をチョイスした方が良いかもしれませんね。

ちなみにボートの場合も遊動式天秤の仕掛けでOKですが、水深が深くなると仕掛けが絡まりやすくなることもあります。
そのような場合は片天秤(ジェット天秤)仕掛けに変更しましょう。この仕掛けは、天秤の片方のガイドにライン(道糸)、もう片方のガイドにキス釣り仕掛けをセットするだけの仕掛けです。これだけで絡みが少なくなるはずです。
仕掛けはボートの場合でもチョイ投げして狙います。

使うエサについて

ホシギス・モトギスを狙う際に使うエサですが、基本はゴカイ青イソメ島ミミズの3つになります。もちろん活きエサです。
中でも島ミミズは、スレた場所のキスや大物に絶大な効果を発揮します。やはり地元のエサがいいのでしょう。
しかし島ミミズの場合、釣具屋に売られていないこともあるのでその時はゴカイや青イソメでも代用できます。

沖縄のキス釣りシーズン

本土のキス釣りは春〜夏の終わりがシーズンと言われていますが沖縄の場合は真逆で、秋〜冬がシーズンになります。

特に夏の終わり、新北風が吹き始める9月後半から年末あたりまでが数・型共に良くなると言われています。

基本的には年中釣れるとされている魚なので、夏でもちゃんと狙える魚です。

 

誘いやアタリの出方

仕掛けを投入し、糸ふけを取って張り気味にしたら、しばらくは待つだけ。
エサが生きている間は何もしなくてもアピールできているので、最初は何もしない事が1番のアピールになります。

しばらくアタリがなければ、竿をゆっくり引いて誘いを入れましょう。魚が居れば反射的に食ってくることがあります。これを繰り返してもアタリがなければ回収して、エサが残っていれば違うポイントに投入していき、アタリがあればそこを重点的に狙います。

キスのアタリはプルプルッと竿を震わせたり、コツコツと小さく叩くようなアタリです。
アタリがあれば軽めに合わせて、針が外れないように一定のスピードで巻き取りましょう

 

沖縄のキス釣りの外道

キス狙いではもちろん外道が掛かることもあります。特に沖縄は、釣果のほとんどが外道になることも多いです。

魚種としては↓

チヌ(ミナミクロダイ)

ガクガクー(ホシミゾイサキ)

クワガナー(コトヒキ)

メッキ

コチ

この他にも
ユダヤーガーラ(セイタカヒイラギ)
アマユー(ミナミクロサギ)
コロダイ
チンシラー(オキナワキチヌ)
などなど、外道とはいえ種類は豊富。引きの強い魚もいるので、キスが釣れない時でも楽しめますし、釣果ゼロもほぼありません。

 

沖縄でキスが釣れる場所

キスは種類問わず水深浅めの砂泥底に生息しており、砂浜や堤防などから釣れますが、沖縄では海岸がサンゴ礁になっていることが多くキスの生息する場所は限られてきます。
チョイ投げでもボートでも、沖縄でキスが狙えるメインポイントは屋我地・石川・泡瀬・熱田・糸満・佐敷等の海岸になります。
沖縄でチヌが釣れる場所とほぼ一致するので、そう考えれば分かりやすいですね。

ちなみにキスを狙う場合、ただ仕掛けを投げていれば釣れるという訳ではありません。数や型を釣りたいのであれば、海底にあるシモリ付近船道の駆け上がり付近敷石の際など、海底に何かしらの変化がある場所を狙いましょう。
海底に何もないところでも釣れる時はありますが、大漁はなかなか難しくなります。

 


おわりに

 

いかがだったでしょうか。

エサ代や道具代もあまり費用が掛からず、釣れれば最高に美味しい魚ので是非参考にして楽しんで下さい。

キスは基本的に、沖縄では数が少ないように思います。大漁だった場合でも、10cm以下の小さな個体はリリースして次の釣果に繋がるようにしましょう。