【鮎友釣り】鮎釣り師の夢、「尺鮎」を獲るためには。

鮎友釣り師の憧れ、夢である尺鮎。

「尺」とは日本古来の長さの単位で、センチメートルに換算すると30.3cm。30cmは超えてるが30.3cmに届かない鮎もおり、そういった鮎は泣き尺と言われます。

そんな尺鮎を求め、大鮎狙いの釣り師は9月から10月にかけ川に向かいます。

憧れの尺鮎も、縄張りを持つ環境や性格を知ればめぐり合うチャンスが何倍も増します。なので今回は、尺鮎を獲るにはどうすれば良いかを徹底解説していきます!


尺鮎の出る河川の特徴

尺鮎の出る河川というのは、それなりの条件があります。

それは水量が多いこと、大岩が多いこと、簡単に渡川できないこと、そして魚影が薄いことです。
魚影の濃い河川の場合は必然的に食べるエサが少なくなるので大鮎は育ちません

上記のような条件の河川では、必ず竿の届かないポイントがあり、網の入れれない大きな淵などが存在します。
これぞ尺鮎の育つ条件となるのです。

 

尺鮎の居着く場所

 

次に尺鮎が居着く場所。


ゴウゴウと波うって流れる急流や白泡を立てながら流れる激流などはいかにも尺鮎が居そうな感じですが、実際はこんな場所には居ません

尺鮎はいわば巨大化した鮎。人間で言う年寄りで、若くはない鮎です。
そんな尺鮎が居つくのは、激流や急流になる手前の瀬肩の大きな沈み石の裏や激流や急流が淵へ流れ込む対岸のヨレの深場などです。

そして尺鮎になるまでにこの鮎たちは過去にハリ掛かりし逃げ延びている個体がほとんどです。ゆえに賢くもなっています。
瀬肩で掛かると激流、急流へ突っ込みますが、突っ込まれると大半が獲れません。対岸のヨレでは掛かると対岸へ突っ込み、竿が伸びてこれまた取り込めません。

言ってしまえば、「ここで掛けてもどこで取り込めばいいの?」というような場所に居るのです。

 

 

尺鮎を釣るためのタックル

尺鮎を獲る最大のキモは道具にあります。
「尺鮎も釣りたいけど数も釣りたい」では、尺鮎は獲れません。尺鮎を釣りたいのであれば尺鮎だけに的を絞ったタックルで挑みましょう。

竿は荒瀬や超硬、硬調などですが、ここで重要なのは、使用するのは引き抜き用の竿ということ。つまり先調子ではなく胴に乗る調子の竿です。竿を伸されるのを胴が守ってくれます。
水中糸はメタルやPEなら0.2号~0.3号でキズさえなければ十分取れるはずです。

竿が伸ばされた時に切れるのは、中間糸やツマミ糸です。
これはナイロンやフロロの0.8号でも飛びます。出来れば1号が必要です。
ハナカン回りは最低2号、ハリスも最低2号で、ハリは最低9号が必要になってきます。

そして、オトリは惜しがらずに28cmまでは使うようにすると、かなりの深い瀬でもオモリ無しで泳いでくれますよ。

 

 

尺鮎のアタリと掛けた後の対応

尺鮎は、時にドキューンと引き倒されるくらいのアタリもあるっにちゃあるのですが、大半はコツンという小さい当たりです。
これは、鮎が掛かったことに気付かずそのまま泳いでいるためです。

総合して水圧が強いポイントほどアタリが小さく、緩いポイントほど大きなアタリがきます。

そしてアタリの後、掛かったらどうするか。ここで普通の鮎釣りのように竿を立てると、そのまま下流へ突っ込まれ、のされて切れてしまう事が多々あります。なので、竿を寝かしたままお腹に竿尻をあてて耐えましょう
この時、掛かった鮎が大きくなければ耐える間もなく鮎は上流へ上がってきてくれますが、尺鮎前後の場合はしばらく耐えないといけません。激しく下流へ突っ込んだり、対岸へ向かったりします。

鮎が少し弱ったら、耐えながら手前に下がります。河原の方へ少しずつ下がり、竿を上流へ向けて上げるようにしていきます。
45度くらいで上流向きに竿を引いてこれたら、一気に立て手前に寄せます。この時はかなり強引に寄せた方が良いです。
鮎もかなり弱っているので手前まで来たらツマミをつまんでタモで掬います。

ちなみに淵への流れ込み周辺で掛かった場合は竿を寝かし耐えながら、下流へ下がればまず獲れます

要するに、尺鮎釣りと普通の鮎釣りは違うということです。

走られて後ろに下がらない時は

下流に走られて付いて下がれないと判断した時の対処です。
こういった場合は、受けることを考えずに一か八か竿を渾身の力で立て、上流へ向けて鮎を抜きます

中途半端にためらうと竿が折れるか、糸が切れます。上流へ飛ばすことが出来れば、着水地点から直ぐ自分のほうに寄せて掬います

大きな鮎は自分の重量と水圧で針が深く刺さっているので、意外と外れません。
このような時のために強い竿が必要となってくるのです。


 

尺鮎も抜いてナンボという人もいますが、釣りは取り込んでこそナンボの世界です。

その為には折れない竿と切れない糸、そして丈夫な針、負けない体力が必要になります。

是非ともこの記事を参考に、夢を追ってみてはいかがでしょうか

 

 

【鮎の友釣り】 ツ抜けへの道!~中期編~ | 釣り武士.com
鮎の友釣りでツ抜け(10尾以上の釣果のこと)を目指すシリーズ、初期編の続きです。鮎釣りは中期になるといよいよ最盛期に入ります。 ということで今回は鮎釣り中期の攻略について書いていきましょう。 梅雨が明け、中期に突入 鮎の友釣りも梅雨明けしますと最盛期となります。梅雨明けから8月いっぱい位までは鮎が溯上が終わり定着期にはいり、型もよくなっているので、数釣り良型釣りの両方兼ね備えた好機になります。 渇水時の対応 まず初めに言っておかなければならないのは、この時期特有の渇水です。 夏は最盛期であると同時に、渇水・水温上昇・アカ腐り等、鮎にとって最悪の条件が発生する時期でもあります。 では渇水の狙い目はと言うと、いろいろありますが一番確実でオススメなのが大河川で、川幅の狭まったポイント。 ここは普段は竿入れのしづらい場所。つまり、普段は激流、急流のポイントです。 大渇水になると、こういうポイントが普通の荒瀬に変わります。数を釣るなら鮎の溯上が多いというのが最低条件になりますが&。 では中小河川はというと、超厳しい鮎釣りになります。こちらも普段は竿入れしづらい川幅の狭い場所が狙い目ですが、元々川幅の狭い中小河川にはそういった場所があまりありません。 ゆえに渇水時は、無理して中小河川に行かずに大河川を攻めるほうが無難と言えるでしょう。 では通常水位の時はどうするか 通常水位や、鮎釣り可能な高水状態であれば基本的にどこでもポイントとなるので、その日の掛かり方で判断するのがベスト。 岩盤で掛かる時は、岩盤のポイントを集中して攻めます。 荒瀬でも白泡で掛かる時と、流芯で掛かる時、石の前で掛かる時など、その日の水の状態によって鮎の居場所が少し変わってきます。 そこを見つけることこそがツ抜けへの道です。 「ここで掛からないはずはない!」と思ってしつこくやるよりは、ポイントをずらしていくことによって好結果が生まれることが多いです。 また、増水の後にサラ場(釣り人がしばらく入ってなかった場所)に入ると良型の入れ掛かりに合うのもこの時期です。 普段緩やかで浅めのトロ場が、増水によって深めの早い瀬になっている時などは特に狙い目ですね。
【高知県の鮎友釣り】超詳しく解説‼︎~四万十川~ | 釣り武士.com
四万十川は全長196kmにも及ぶ四国最長の大河です。 高知県のみを流れていますが、その川の長さから、魚券を必要とする漁協や組合は3つに分かれています。 河口から家地川堰堤までと、支流梼原川の津賀ダムまでが中流言われるくくりになっており、それより上が上流域です。 家地川より上流は、上流淡水組合が管理していて魚券が別になりますが魚道を遡上する鮎は皆無で、放流も少ない為、現状では友釣りは成立しません。 今回はそんな全国屈指のフィールドである四万十川の友釣りについて詳しく解説していきます。 四万十川 本流の鮎釣り さて、本流にダムのない「日本最後の清流」といわれる四万十川は、実際は本流の上流にはダム機能を備えた家地川堰堤があり、最大支流の梼原川には立派なダムがあります。 このダムの取水により、発電所のある津賀までは減水域で本来の流れになるのがこの発電所より下流となります。 近年の天然遡上の激減により、放流事業も本格的に始め中流だけで稚鮎を5トンほど放流していますが、長い川だけに天然遡上の状況によって好漁、不漁の年がはっきりします。 ・四万十川の解禁初期 解禁の6月1日は、遡上の多い年は釣り人がそこそこ居ますが、有名な三島のポイントに居るくらいです。少し寂しくなります。 そのような状態ですから、初期は中流の支流の目黒川や黒噂川、梼原川の方が釣り人も多く、鮎もそれなりに掛かります。 この解禁から6月いっぱいまでの状況でその年の四万十川が決まります。 遡上がそこそこで、初期にそれなりの釣果がある年は7月に入ると面白い友釣りができます。元々この四万十川は勾配が緩やかな割には、中流の西土佐あたりから、岩盤と大岩が多くあり、荒瀬や急流も沢山あります。 途中は広大な淵やトロで、7月には河口から100kmくらいの昭和から梼原川の合流のある大正町あたりに留まり縄張りを持ちます。 水量の多い年は鮎の成長が非常によく、7月中旬には早くも27cm200g位になり、増水後のやや高水時には24cm~27cmが入れ掛かりになることもあります。魚が大きいので20匹も獲ればクタクタになります。このような年は終盤の尺鮎に大きな期待が持てます。 ・四万十川の中期・後期 梅雨が明けると、四万十川最大の鮎友釣りの難しい時期に入ります。