沖縄本島のカーエー釣りポイントまとめ~中部編~

沖縄本島のカーエー釣りポイント紹介です。

さて、前回は沖縄本島南部にあるカーエー釣りポイントを紹介させていただきました。

沖縄本島のカーエー釣りポイントまとめ~南部編~ | 釣り武士.com
昼夜問わず釣ることができ、引きが強く、食味も良いことから沖縄で人気の魚、 《カーエー》。   カーエーは磯や沖堤防などの潮が通る場所よりも流れが落ち着いている近場の漁港や敷石を回遊することが多く、足場の良いポイントで効率良く狙えるというのも人気な理由のひとつとなっています。 また、あまり生息場所の移動はせず、決まった場所にエサを求めて回遊してくることが多いこの魚。沖縄の漁港や堤防などにはピンポイントで居着く場所・回遊してくる場所があり、ソコをしっかり狙えば初心者でも釣ることができます。 今回はタイトルにもある通り、沖縄本島南部のカーエー釣りポイントを紹介していきます。 意外と知られていないポイントも書いていますので是非参考にして下さいね!   沖縄本島南部のカーエーポイント ・泊・安謝港周辺 那覇周辺にはカーエーポイントが数多く存在しますが、その中でもカーエーの魚影が濃いポイント。型はそこまで出ませんが、数は上がります。 外海のテトラは基本的にどこでもポイントで、写真の下付近にあるタンクの近くはオススメ。港内も結構釣れますが、ゴミが多くて臭いです&。 写真上部の灯台付近も良く釣れますよ。   ・沿岸漁港・なうら橋周辺 こちらも那覇付近で魚影の濃いポイント。 沿岸漁港のスロープは有名ですが、港内真ん中にある短い堤防も良く釣れます。 沿岸漁港両サイドの堤防は基本外海狙いになります。水深があり、良いサイズのチヌも良く釣れます。 なうら橋付近は川の上流の方までカーエーポイントが多く点在しているので、マイポイントを見つけるのも良いかもしれません。   ・西洲(いりじま)   長すぎる防波堤で有名な西洲。堤防の内側がポイントになります。一級ポイントという程ではないですが、タイミングが良ければ数も釣れます。 堤防が曲がって角になっている所や、海底の敷石・ケーソンが途切れているような所を攻めましょう。 イラブチャーやトカジャーなどのフカセ対象魚も良く釣れる魚影の濃いポイントです。   ・若狭(わかさ)海岸   若狭バースとも呼ばれるポイントです。 手前が敷石で、駆け上がりになっています。 ここはフカセ釣りをする人も多く、濁りが入ればチヌも釣れるのでフカセ対象魚とカーエー両刀狙いで行く人も多いです。

引き続き、本島中部のカーエーポイントを紹介していきたいと思います。

*沖縄本島は南部・中部・北部の境界線があいまいな部分も多いのですが、ここでは
南部→西海岸は那覇市以南、東海岸は与那原町以南
中部→西海岸は読谷村~浦添市、東海岸はうるま市~西原町
北部→西海岸は恩納村以北、東海岸は金武町以北

という風に区切らせていただきます。
おそらく地理的にもこれが正解かと思いますので。

それと、本島中部は海岸ごとに詳しく見ていくとかなりたくさんのカーエーポイントがあるので、ここでは少しおおまかな紹介になってしまうかもしれません。ご了承ください。


沖縄本島中部のカーエーポイント

まずは西海岸から。

 

 

都屋(とや)漁港

 

言わずと知れたカーエーの一級ポイント。港の周りはサンゴだらけですが、港内は広くてポイントは多いです。
中央スロープ付近、各堤防先端付近が主なポイントです。

数も型も出ることから良い釣果に恵まれることが多かった漁港ですが、最近は数年前に行われた工事の影響でかなり回遊が減ったようです…。

 

水釜(みずがま)・ネーブル嘉手納裏周辺

比謝川の河口付近と、水釜のリーフ、ネーブル嘉手納裏の公園沿いの海岸がポイントになります。
比謝川河口は型はあまりでませんが、数が釣れます。水釜リーフは一応ポツポツ上がりますが、そこまで個体数は多くありません。

ネーブル嘉手納は5〜6年前まで隠れ一級ポイントでしたが、釣り雑誌などの影響からか、今では数多くのカーエー釣り師たちが集うポイントになりました。釣りもしやすいポイントで、タイミングが良ければ型も数も出ます。

 

北谷町 美浜(みはま)

アメリカンビレッジ裏のテトラもしくはそこからさらに先にある突堤の敷石がポイントになります。
テトラは水深もあり、フカセ対象魚やチヌも釣れます。敷石のポイントは浅いので夜に分がありそう。どちらも型・数ともに恵まれます。

ここは観光客や地元住民が多く、かなり人目に付くポイントです。さらに場所取り競争も激しいので、人によってはやりづらいかもしれません。

 

アラハビーチ・ハンビー海岸周辺

アラハビーチ横の敷石はかなり有名なカーエーポイントで、その周辺のポイントもカーエーの魚影が濃いです。
ビーチの区切りで突堤となっている敷石は浅いですが、数が釣れるポイント。

ハンビーの沖にある島はアルファヌシーという島で、干潮時に歩いて渡れます。ここはフカセ対象魚やチヌ狙いで渡る人も多く、そのついでにカーエーが上がることがよくあります。
海岸に対して平行に伸びている島の堤防外海や、干潮時の岩場駆け上がりがポイントになります。

 

砂辺(すなべ)テラス

砂辺テラスは基本的にトカジャーなどのフカセ対象魚やタマンなどの大物多いポイントですが、カーエーも浮いてくることがあります。
たまに群れでも回遊してくることがあり、その時は数釣りが可能です。

 

サンエー大山シティ裏・伊佐浄水場裏周辺

 

写真中央の河口付近と、写真上部の河口付近がカーエーポイントになります。ここはポイントに行くまでが結構面倒な場所ですね。
写真上部の伊佐浄水場裏テトラもフカセ釣りポイントですがカーエーが回ってくることもあります。

型・数ともに実績はありますが、数を釣るにはタイミングが重要なポイントです。

 

新・旧宜野湾漁港

旧漁港は数はでませんが型は大きいです。港内奥の敷石、船着場周辺が実績ポイントになります。手前は浅いですが遠投するとかなり水深があるので、そこを狙います。
左側の野球場裏テトラでもたまにカーエーが釣れますが、主にフカセ釣りのポイントとなります。

新漁港はいくつかカーエーポイントがありますが、港内右堤防の内海が主なポイントで対岸の堤防でもたまに釣れます。外海テトラでも釣れるようですが、取り込みに苦労しそうです。

ここは夜、ゲートが閉まります。それと港内は釣りができない場所もあるので注意しましょう。

 

・マリーナ・牧港(まきみなと)周辺

宜野湾マリーナや牧港も言わずと知れたカーエーの名ポイント。型・数ともに実績があります。

マリーナは河口付近のテラスと、左側の小さい港の内海側が主なポイントです。遊歩道沿いの外海テトラでもたまに上がります。河口付近はフカセ釣りでも楽しめるポイントで、港の方は時期が合えばチヌも釣れます。

牧港漁港は右側港内スロープ、真ん中堤防の先端、左側堤防の先端が主なポイント。左側港内や牧港川河口付近でも釣れますが、工事により立ち入り禁止となっている場所も多いので注意が必要です。

マリーナ、牧港漁港ともに夜はゲートが閉まります。車で行く際は駐車にも気をつけて下さいね。

ここからは東海岸のポイントになります。

熱田(あった)漁港

数釣りができるポイントとして有名な熱田漁港。
港内スロープ付近、長い堤防の先端内海周辺、堤防真ん中より手前側の外海テトラがポイント。

特に外海のテトラは、群れが入れば2桁釣りができるほど数が釣れます。チヌも同時に釣れることが多いです。

 

泡瀬干潟

こちらもチヌとカーエーが混在するポイント。チヌの方が圧倒的に多いですが…。

干潮時に入って、立ち込みで狙うのが一般的。駆け上がり周辺を狙いますが、基本的に浅いポイントです。大きい魚をかけても根ズレはあまりないので、ゆっくり時間をかけて取り込めます。

 

南原(みなみはら)漁港

南原漁港はあまり知られていないのですが、タイミングが合えばカーエーやチヌが良く釣れます。

特に左側の堤防角付近、先端付近は実績があります。

 

平敷屋(へしきや)港

津堅島行きのフェリーが行き来する平敷屋漁港。

右側堤防の内海、外海テトラ、左側の外海敷石などが主なポイントになります。水深が浅いので夜の満潮前後が良く、下げ潮に入ると連発する事が多いです。
夜はカーエーと同時に打ち込みをする人も多く、タマンが良く釣れます。

 

屋慶名(やけな)港

ここはスロープ、左側堤防の先端、橋向けがポイント。

タマンやコチ、キスなど砂場に棲む魚が多く釣れますが、平敷屋漁港同様、たまにカーエーの群れが入ってきます。その場合は2桁釣りも可能なポイントになります。

 

浜比嘉(はまひが)島 浜漁港

平成9年に橋が開通し、車で気軽に渡れるようになった浜比嘉島。ブダイ系などのフカセ対象魚の魚影も濃いですが、デカバンカーエーのポイントが数多く点在することで知られています。

浜漁港は右側堤防の先端内海、外海テトラ、左側の小さい堤防がメインポイントで、港内のスロープは隠れデカバンポイントです。

数釣りはあまりできませんが、釣れればほとんどが40cm近く、たまに50cm近い大物も釣れます。

 

浜比嘉島 比嘉漁港

比嘉漁港は浜漁港からみて島の反対側にある漁港です。

長い防波堤の先端付近やスロープ付近の短い堤防が主なポイントで、カーエーの他にイラブチャーなどのフカセ対象魚が多いです。
写真上部に矢印が置いてある長い防波堤の手前の角も、水深は浅いですが潮が満ちるとカーエーが回遊してきます。

 

浜比嘉島 比嘉港

浜比嘉島3つ目の港です。比嘉「漁港」と比嘉「港」は違う港になります。

両サイドにある島を利用して作られた港で、右側の堤防もしくは左右にある離れ防波堤からの船道向けがポイントになります。港内のスロープ付近でもたまに上がります。

離れ防波堤にはボートで行くことになりますが、魚影は濃いポイントなのでカーエー狙い以外でもかなり楽しめますよ。

 

宮城(みやぎ)島 池味(いけみ)漁港

あまり知られていない池味漁港ですが、隠れカーエーポイントです。

左側の堤防先端付近、右側堤防船道向け、港内スロープ付近がポイントになります。
写真上部に見えるように、漁港の近くに堤防のような場所があるのですがそこも遠投すればカーエーが釣れます。

 

宮城島 桃原(とうばる)漁港

海中道路を渡り、平安座島の堤防と宮城島の堤防で構成されるのが桃原漁港。

平安座島側の堤防は先端水路向けか内海側がポイントで、宮城島側の堤防は先端水路向け、もしくは内海側か港内にあるスロープ付近がポイントです。

ここも数は少ないポイントですが、当たればデカイポイント。定期的に45cmオーバーのカーエーが釣れます。

 

※〔平安座島、宮城島、浜比嘉島、伊計島の4島周辺はポイントが多く、全て紹介するのは難しいので、名のある漁港のみに絞って紹介しました。離れ岩などの渡船が必要なポイントもかなり多いので、機会があればまた別の記事でまとめて紹介していきたいと思います。

 

赤野(あかの)漁港

赤野漁港は左側堤防の先端内海側と右堤防の先端、左隣にあるの天願川河口がメインポイントになります。

一応外海テトラでも釣れますが、テトラがかなり乱雑に敷かれており、足場も海苔が付いていてかなり滑るためオススメは出来ません。
天願川河口は比較的足場も良く、数が釣れます。

 

石川漁港

海底が砂地で小魚が多い石川漁港ですが、大型タマンやチヌ、チンシラーも釣れる漁港として有名です。

左側堤防先端付近の内海側か外海テトラが主なポイントになりますが、たまに港内でも釣れることがあります。
先端付近の外海には沈み根があり、その付近はよく釣れます。

 


 

おおまかになりましたが、以上が沖縄本島中部にあるカーエーのポイントになります。

前述したとおり中部はカーエーのポイントがかなり多く、実際この記事も「多すぎ!」と思いながら書いていました。

けど実際、細かいポイントはまだまだ沢山あります。普通は釣りをしないような場所だけど実は隠れポイントだったり、条件が合う時だけ魚が入ってくるようなポイントなども結構あります。
上記ポイントを参考に、自分なりに分析してポイントを開拓するのもいいかもしれませんね。

沖縄本島のカーエー釣りポイントまとめ~北部編~ | 釣り武士.com
今回もカーエー釣りポイントの紹介です。 南部編と中部編を書いたので、今回は沖縄本島北部のカーエー釣りポイントを紹介していきます。 北部は南部や中部に比べるとポイントが少ないというイメージを持つ方もいると思いますが、実はかなり沢山あります。 今回はメジャーなところはもちろん、マイナーなポイントも紹介していきますね。 中部編でも書きましたが、ここでいう北部は 西海岸’恩納村以北、東海岸’金武町以北とさせていただきます。     沖縄本島北部のカーエーポイント   ・ラマダのポイント(ルネッサンスホテル横の海岸) ルネッサンスホテル横の通称「ラマダ横」。 護岸の下に敷石があるので、そこへ降りて釣りをします。満潮時には水没するので、そのまま立ち込むか上の護岸から釣るかになります。 水深は2m前後と浅いですが、数・型共に上がるポイントとして有名です。カーエーが釣れ始めると釣り人も沢山入りますが、ポイントは広いので釣りはしやすいです。   ・名嘉真(なかま)海岸 58号線を名護向けに北上してホテルみゆきを過ぎ、ミッションビーチのカーブを曲がったところにある海岸です。 このポイントもかなり有名なので、釣れ始めると釣り人がかなり多くなります。 カーブの岩場がポイントですが、護岸からも釣れます。ただ、水深が1m前後なので満潮時にしか釣りはできません。   ・前兼久(まえがねく)漁港 港内に島がある変わった漁港です。 左防波堤の先端や外海、右防波堤の先端や内海のイケス前が主なポイント。港内の堤防やスロープ付近でも上がります。タマンやチヌでも有名。 左側の防波堤は夜になるとゲートが閉まるので注意しましょう。   ・瀬良垣(せらがき) 瀬良垣漁港(?)の右側にある岩場がポイントになります。矢印を置いているのは離れ岩のポイント(木の板が敷かれているので渡れます)ですが、それより手前の岩場でも釣れます。 水深は2〜3mと浅く、魚もスレているので濁りが入った方が良く釣れます。 こちらは45cmオーバーの実績も多く、ポイント争いも激しいので早めのポイント入りをオススメします。   ・名護漁港とその周辺 冬のチヌ釣りで有名な名護漁港。チヌ狙いでカーエーが釣れることもよくあります。
沖縄本島のカーエー釣りポイントまとめ~南部編~ | 釣り武士.com
昼夜問わず釣ることができ、引きが強く、食味も良いことから沖縄で人気の魚、 《カーエー》。   カーエーは磯や沖堤防などの潮が通る場所よりも流れが落ち着いている近場の漁港や敷石を回遊することが多く、足場の良いポイントで効率良く狙えるというのも人気な理由のひとつとなっています。 また、あまり生息場所の移動はせず、決まった場所にエサを求めて回遊してくることが多いこの魚。沖縄の漁港や堤防などにはピンポイントで居着く場所・回遊してくる場所があり、ソコをしっかり狙えば初心者でも釣ることができます。 今回はタイトルにもある通り、沖縄本島南部のカーエー釣りポイントを紹介していきます。 意外と知られていないポイントも書いていますので是非参考にして下さいね!   沖縄本島南部のカーエーポイント ・泊・安謝港周辺 那覇周辺にはカーエーポイントが数多く存在しますが、その中でもカーエーの魚影が濃いポイント。型はそこまで出ませんが、数は上がります。 外海のテトラは基本的にどこでもポイントで、写真の下付近にあるタンクの近くはオススメ。港内も結構釣れますが、ゴミが多くて臭いです&。 写真上部の灯台付近も良く釣れますよ。   ・沿岸漁港・なうら橋周辺 こちらも那覇付近で魚影の濃いポイント。 沿岸漁港のスロープは有名ですが、港内真ん中にある短い堤防も良く釣れます。 沿岸漁港両サイドの堤防は基本外海狙いになります。水深があり、良いサイズのチヌも良く釣れます。 なうら橋付近は川の上流の方までカーエーポイントが多く点在しているので、マイポイントを見つけるのも良いかもしれません。   ・西洲(いりじま)   長すぎる防波堤で有名な西洲。堤防の内側がポイントになります。一級ポイントという程ではないですが、タイミングが良ければ数も釣れます。 堤防が曲がって角になっている所や、海底の敷石・ケーソンが途切れているような所を攻めましょう。 イラブチャーやトカジャーなどのフカセ対象魚も良く釣れる魚影の濃いポイントです。   ・若狭(わかさ)海岸   若狭バースとも呼ばれるポイントです。 手前が敷石で、駆け上がりになっています。 ここはフカセ釣りをする人も多く、濁りが入ればチヌも釣れるのでフカセ対象魚とカーエー両刀狙いで行く人も多いです。

 

地図データ:Google,ZENRIN