【瀬戸内のチヌ釣り】釣りよりも悩ましい場所選び!

どの釣りにおいても、いい釣果を出そうと考えるのであれば場所選びは欠かせないものですが、これは本当に悩ましいものです。


もちろんこれはチヌ釣りも同様。
瀬戸内では基本的に年中チヌが釣れるのですが、いつでもどこでも釣れるという訳ではありません。
チヌの習性、釣行前から釣行日までの天候、釣り場の地形や実績など、様々な情報をもとに釣り場を選択します。

今回は瀬戸内でチヌ釣りをする際、1番の悩みのタネである場所選びをする時のちょっとしたアドバイスをしていきます。

 

 


春夏秋冬

瀬戸内は四季によって様々な地形にチヌが着きます。季節別にみていきましょう。

のノッコミでは水温の安定した深場から浅場へ向け、水温・塩分濃度ともに程よいところまで接岸し、産卵のために比較的潮流の緩やかな奥まった場所に集まります。
夏・秋は塩分濃度の薄い汽水域や人工建造物、海底が砂泥など餌の多い浅場などに集まります。

は北西風などの影響を受けにくい南東向きの場所、水温の安定する深場に集まる傾向があります。

 

悪天候が味方する

普通は定説とされている知識を元に釣り場を選択していきますが、ごく稀に悪天候が味方していい釣果が出ることもあります。


この現象は冬や春によく起こりやすく、雨・風の影響によって生み出されるものと考えられます。
春一番の吹く季節は誰しもが風裏に行きたがるものですが…。

晴れの数日続きだと、当然気温は上がりますよね。
晴れると磯や波止などでは足場となる石やコンクリートも、太陽の熱で暖かくなります。
そこに風が吹くと、波が暖かくなった気温と足場の熱を吸収し、わずかながらにも海水温が上がります
そうなることで魚の活性が上がる要因にあることがあります。
も同様で、高い外気温に触れた雨は海水温の上昇の手助けをすることがあります。

 

A級ポイントでの撃沈

チヌが急に釣れ始めるケースというのはノッコミ期以外であまりなく、その他の季節ではいいポイント、いわゆるA級ポイントがよく釣れるとされています。

釣り仲間やインターネットなどの情報で「この前あそこでよく釣れたらしいよ!今度行ってみようよ!」と聞いて、行ってみたら釣れなかったということは釣り人なら誰もが度々経験していることと思います。
もちろんその釣り人の腕の差もあるのかもしれませんが、チヌはその釣り場にいるほとんどを釣ってしまうと、数日間は開けなければ釣れません

これは、チヌが数匹〜数十匹の群れで回遊して、居心地のいい所である程度定着したあとまた移動する、ということを繰り返しているからです。
なのでそのポイントで大釣りしてしまうと、次の群れが入るまではなかなか釣れません。

A級ポイントというのは常に釣れる場所という事ではなく、様々な条件や地形などから多くのチヌが回遊してきやすい、または居着きやすいところを指しているのかもしれませんね。

 

潮見表は免許証同然!

瀬戸内は海峡が狭く潮流が早い地域が多いです。
そこで必需品となるのが潮見表です。


干満差はもちろんのこと、満潮・干潮の時間やその潮位の高さを知ることで釣り場選びの武器になります。
卓越した釣り人は、場所や干満差、時間などの情報から潮流の速さや潮流の向きなども考慮することができるため、かなり釣り場選びにも磨きがかかります。
瀬戸内のように潮流の速い海域をホームグランドにされている方は、免許証と同じように肌身離さず持ち歩いています。

みんな持て!という訳ではありませんが、潮見表から読み取れる情報から釣れる場所を絞る事が出来るようになれば、さらに一歩上達できるのではないでしょうか。

 

 


 

以上のことを考えるとあっという間に週末です。
釣り人なら一度は経験した事がある方も多いと思いますが、釣りの前日は「頭の中では爆釣!」ですよね。

これも妄想だけで終わらないように、場所選びは実釣と同じかそれよりも大事だということを頭に入れて、分析して場所を決めていきたいところです。

 

これができれば、釣りの前夜はもはや眠れません!