メータオーバーが出ることも!沖縄のショアナブラ撃ちで釣れる魚まとめ

以前、沖縄の鳥山ナブラゲームについての記事を書きました。

この記事はボート、つまりオフショアから狙うナブラ撃ちの解説でしたが、オフショアのナブラ撃ちはキャストの精度やスピードが問われるので割と上級者向きの釣りになります。

ですが、ショアのナブラ撃ちだと比較的やりやすい場合が多いです。ナブラが起こったら、釣れる魚を認識した上で相応のタックルがあれば挑んでいきましょう!

ということで今回は、沖縄のショアナブラ撃ちで狙える魚を紹介していきます。


沖縄のショアナブラ撃ちで釣れる魚まとめ

 

オニヒラアジ

沖縄のナブラゲームにおいては人気、というか主役となる魚ですね。沖縄でナブラ撃ちといえばターゲットはほぼこの魚になります。

最大7kg近くまで成長しますが、ナブラ撃ちでよく釣れるサイズは50〜60cm、2〜3kgが多いです。
60cmクラスでシーバスのメーター級と同じくらいの引きをすると言われているぐらい、強い引きを見せてくれます。

幼魚は他のアジ科の魚と認識しづらいですが、成魚は比較的分かりやすいです。下記のロウニンアジよりはスマートな印象。
食べて美味しいのも人気な理由のひとつです。

 

 

ロウニンアジ

ジャイアントトレバリー(GT)と呼ばれる魚ですね。
60kgにまで成長しますが、ショアからのナブラ撃ちで釣れるサイズは1〜3kgがほとんど。たまに10kg近いサイズが釣れます。

上記のオニヒラアジや、下記のギンガメアジなどよりも体高があり、GTと呼ばれるだけあって、同じサイズのアジ科の仲間と比べて引きはより強くより重くなります。
顔つきはアジよりもマダイに似ますね。

ちなみにナブラ撃ちで釣れるサイズまでは群れを作りますが、成魚になると単独で行動するようになります。

(GTについての解説はこちら)

 

ギンガメアジ

出典:http://zukan.com/fish/internal1

ギンガメアジはオニヒラアジに似ますが、オニヒラアジほど体色やヒレは黄色っぽくならず、ギンガメアジの方が目も大きい印象があります。
こちらもナブラ撃ちで釣れるサイズは1〜3kgがほとんど。

オニヒラアジやロウニンアジよりは釣れることが少ない魚ですが、生息場所ではかなり大きい群れを作るので1匹釣れると数匹釣れ続く事が多いです
引きは……
オニヒラアジとどっこいどっこいといったところですね。

(他のアジ類の解説についてはこちら)

 

ターポン(イセゴイ)

太古より姿を変える事なく生き延び、古代魚として知られているターポン。
大西洋の熱帯・亜熱帯地方にはルアーマンの夢であり体長が2mを超えるターポン(アトランティック・ターポン)が存在しますが、沖縄で釣れるターポンは和名でイセゴイといい、体長はやや小ぶりになります。
ナブラ撃ちでよく釣れるサイズは40〜60cmほどのものが多く、最大は80cm程まで成長します。

口周りが硬く、アタリも小さいので狙って釣るのは難しい魚として有名で、釣っても身が柔らかく金属風味のある食味がマズイ魚としても名を馳せています。

ですが引きは強く、見た目もカッコいいことから人気のある魚です。沖縄に居るルアーマンなら一度は釣っておきたい魚ですね。

 

 

カライワシ

体形は細長く、名前にもイワシと付いているように容姿はイワシ類に似ていますがイワシとカライワシ、種類は全く別の魚です。

体長は最大で1.5m近くになりますが、ショアナブラ撃ちで釣れるサイズは50〜100cmまでのサイズがほとんど。たまに120cm、5kgを超えるサイズも出ます。

ターポン同様群れを作って小魚を追いますがカライワシだけのナブラはあまりなく、ほとんどの場合、オニヒラアジなど他の魚のナブラと一緒にナブラを起こす事が多いです。

 

 

ツムブリ

ツムブリはその名前にも含まれているように、ブリに似た比較的大型の海水魚です(ブリ属ではなくツムブリ属に属される)。
ショアからだと水深のある限られた場所でしか釣れませんが、他の魚のナブラと一緒に付いている事があります。

最大1mにまで成長しますが、ナブラ撃ちで釣れるサイズは50〜80cmがほとんど。
体側にある青のラインと黄色のラインがファイト中、綺麗な虹色に見えることから通称レインボーランナーとしての名を持ちます。

 

 

ツバメコノシロ

出典:http://zukan.com/fish/leaf211

長く尖った鼻先と短い下顎、ヒゲのように見える胸ビレが特徴的なこの魚。
内湾の砂泥地に生息しているツバメコノシロですが、接岸したオニヒラアジなど他の魚のナブラの下に付いて、弱った小魚を捕食する事も多いです。

釣れるサイズは40cm前後が多く、釣れても残念がられる事が多い魚です。

 

 

タマン

和名ハマフエフキ、方言タマンですが最近はタマンという名前も全国的に使われるようになってきましたね。

底物でナブラに付くイメージが浮かばない方も多いと思いますが、ショア付近の浅場ではタマンだけのナブラを形成している事も多く、意外とトップウォーターにも反応します。

沖縄では他の魚のナブラの下に付いている事も多いですね。
ショアナブラだと釣れるサイズは40〜60cmがほとんどです。

(タマンについての解説はこちら)

 

スマ

カツオは沖で釣れるイメージが強いのですが、他のカツオと違い、スマは沿岸性が比較的強いので稀に堤防や磯からのナブラ撃ちで釣れる事があります。

サイズは1〜3kgまでのものがほとんどですが、釣れればラッキー。食味は最高なので1匹でも満足して帰れます。
ショアナブラ撃ちだと結構釣るのは難しくなりますが、水深のある磯であれば狙いやすいです。

(スマについての解説はこちら)

 

ミーバイ(ハタ系)

沖縄にはハタ系の魚が多く、まとめて「ミーバイ」と呼ぶ事が多いのでここでもハタ系としてひとくくりにしました。

ハタ系はナブラを追うというより、ナブラが入ってくる場所で待ち構えて、底付近で捕食する場合がほとんどです。
アカジン(スジアラ)など、種類によっては中層や表層まで小魚追ってくる魚も居ますが、ほとんどは小魚が近くに来るのを待っている事が多いです。

ハタ系はほぼ食味が良いので、ターゲットとしてなくても釣れたら嬉しいという人も多いですね。


最後に

 

この他にもチヌやカースビー(ゴマフエダイ)、他のアジ類など、単体でナブラに付いている魚はたくさん居ますが、ここでは群れを形成しているorナブラ撃ちで釣れる確率が高い魚をまとめてみました。

引きが強い魚ばっかりですが、ナブラを形成して仲間が釣られる内に賢くなっていく魚も多いです。

ですが、ショアナブラ撃ちでは引きが強いから太くする、頭が良いから細くする、という両極端ではなく、タックルバランスが非常に重要になってくるということを頭に入れておきましょう。