【フカセ釣り】トーナメンター御用達!1000釣法のやり方まとめ

フカセ釣りというのは本来、仕掛けにオモリやウキを付けずにラインや針、エサだけの重みで海中を漂わせる釣り方です。
船からマグロやカツオを狙う一本釣りなどで良く使われる釣り方ですね。

しかしこれを磯で行うと狙える範囲や魚も限られてくるため、上記のような漂わせる仕掛けにウキを付ける「ウキフカセ釣り」が生まれました。

今ではこれがメジャーとなり、「フカセ釣り」といえばこのウキフカセ釣りを指すことがほとんどです。

そしてこのフカセ釣りには固定仕掛け・移動仕掛け・半遊動仕掛け・全遊動仕掛けなどいくつか種類があり、さらに沈め釣り全層釣法、今回メインとなる1000釣法などに細分化できます。

これらの仕掛けを全て把握してある程度釣れるようになれば、フカセ釣り師としては一人前かもしれません。

 

 

今回紹介する1000釣法はフカセ釣りを始めたばかりの人にはあまり聞き覚えがない言葉かもしれませんが、比較的簡単なので始めたばかりの人にこそオススメしたい釣りでもあります。

もちろん中〜上級者やフカセ釣りの大会などに出る方にも再認識して欲しい釣法なので、是非読んでみてくださいね。

 


1000釣法とは

1000釣法とは、国内のグレ釣りトーナメントにおいて数々の実績を上げてきた池永祐二氏が発案・命名した釣法です。

※池永名人の詳細プロフィールはこちらから。

ちなみにこの「1000」という特徴的な名前の由来は、10mのハリスに00号のウキを使う(10+00→1000)という事から来ているそうです。

 

仕掛け図

1000釣法の仕掛けの全体図としては
10mのハリスを道糸に直結したらハリスにウキを通す。
ウキはウキゴムで止め、そのままハリスに針を付ける。

このような仕掛けになります。

普通のフカセ釣りではウキ下に道糸とハリスの連結部がありますが、1000釣法ではハリスにウキを入れるのでウキの上に連結部が来るカタチですね。

この連結部は常にガイドを行き来するので、結び目が小さくなる結び方(ブラッドノットなど)で結んだ方が良いでしょう。

連結のやり方はこちらでも解説されています。

 

 

なぜハリスは10mなのか

この仕掛け最大の特徴である10mのロングハリスですが、この長さのハリスを使用するのにもちゃんと理由があります。

・理由1
5mの竿を使用して仕掛けを投入する際、直結部分がスプールに巻き込まない最大の長さだから。

直結部分がスプールまで巻き込んでしまうと仕掛けの投入時に放出された糸がスプール内で直結部分に引っかかってしまい、エサが外れたり投入自体がうまくできなかったりしますよね。
つまり10mというハリスの長さは、仕掛けを掴んで投入する際に直結部分がスプールに巻き込まないギリギリの長さである。という事になります。

なので仕掛けを掴まずにブラブラさせて投入する場合、ハリスは少し短い7〜8mの長さにします。

 

・理由2
ウキ上から針までの仕掛けの馴染みが道糸に阻害されないようにするため。

カーボンハリスはその特性から海中へうまく馴染んで沈んでいきますが、道糸を使用することによって少しの風や流れでもその仕掛けの馴染みに影響を及ぼします。
しかしウキをハリスに入れ、10mという長さで使うことにより、道糸が仕掛けに及ぼす悪影響を抑えてくれます。
そうすると仕掛け全体が撒き餌と同調しやすくなり、同調からも外れにくくなるのです。

もちろんハリスが長ければ長いほど良いという訳ではありません。
ハリスが長すぎると手元のハリスからどんどん海中へ沈んでいき、逆に仕掛けの馴染みにも影響を及ぼしてマキエとの同調から外れてしまいます。

つまりこの7〜10mというロングハリスは、直結部をスプールに巻き込まない最大限の長さであり、ウキ上から仕掛けを馴染ませるための最低限の長さであるということです。

 

使う仕掛けについて

この釣法を発案した池永名人は釣研のインストラクターでもあるため、釣研からは1000釣法のためのウキやハリスも発売されています

せっかくなので紹介していきましょう。

道糸

魚から最も見えにくいナチュラルクリアグリーン
地上の釣り人からではなく、「水中の魚から見えない」糸であることを目指して、長年に亘る研究の結果生まれたカラーリングを採用しました。あらゆるシチュエーションにおいて、潮色や背景にパーフェクトに同調し、魚の警戒心を起こさせないラインです。

ウキの性能を100%引き出すナチュラルサスペンドタイプ
水面下ギリギリに位置することで、風波の影響を最小限に抑えつつ、ウキの浮力に影響を与えないポジションキープを実現しました。操作性にも優れ、巻き上げもスピーディに行えます。あらゆる釣法に対応し、競技会にも最適です。

全遊動釣法にも最適
硬さを抑えたしなやかな仕上がりで、不快なスプールからのバラケを解消しました。直線性にも優れていますので、軽い全遊動仕掛けでも抵抗なくスムーズに沈降させることが可能です。

 

ウキ

0C号は00号と0号の中間という超限界での浮力を実現
00号と0号の中間という、細緻な浮力は全て職人の手作業にて調整され、釣り人へと送り出されています。

糸穴径をφ2.5mmに拡大!更に糸落ち性能がアップ
2.5mmのMR(メタルリング)をトップ穴に装着することによってラインブレークを抑えます。

池永名人のG杯2連覇時のウキを忠実に再現
エキスパートグレZは1000釣法のためのウキです。10メートルのロングハリスを使う1000釣法はマキエとウキをいかに同調させるかが決め手となります。マキエの帯の中に仕掛けを投入し、ラインの水切りをして仕掛けを全体に沈めていくだけです。マキエの追い打ちもラインの修正も一切不要です。アタリは道糸の走りとしています。それを確実にとらえることです。エサ盗りの分断はきちんとしておく必要があります。

 

ハリス

しなやかさと高強度の実現
巻きグセがつきにくく、水中でもしっかりと一直線になるしなやかさを確保しながら、ハードタイプをしのぐ引張・根ズレ強度です。仕掛けや釣法を問わず、常に自然な沈降が可能です。

見えにくさを追求したウルトラクリア
より高い透明度を目指し、独自に開発した無色透明なカラーリングです。ムラのない均一な透明感で、魚に違和感を与えません。

優れた結節強力性
必要以上の滑りを極限まで抑えた表面加工により、直結やサルカンなど結束方法を問わず、優れた強度を誇ります。ヘビーユーザーにおすすめの70mパック
1000釣法等のロングハリス釣法に対応する70mのお徳用パックです。

 

もちろん浮力や形状が近ければ代用可能ですので、必ずしもコレを使え!というわけではありません。

ですが専用に開発されたラインやウキなので、やりやすいのは確かです。

 

ラインメンディングについて

フカセ釣りにおいて、仕掛け投入後最も気を使わなければいけないのがラインメンディングてす。

ラインメンディングを行う理由はいろいろありますが、主な理由としてはアワセを早く入れるためや仕掛けが撒き餌との同調から外れないようにするためです。

しかし1000釣法の場合、ロングハリスがウキ上から勝手に馴染んでくれます。つまり投入時に同調させて仕掛けを張らずに放っておけば勝手に水中でも撒き餌と同調してくれるという訳ですね。

これは池永名人本人もおっしゃっていることで、名人曰く仕掛け投入直後にピシッと竿先でラインを張り、ラインにかかる水面の表面張力を振り払えばあとは仕掛けをあまり張らずに流していけばいいそうです。

もちろん無駄な糸フケは出さないのが当たり前です。

流れや場所、魚に合わせて張り気味にしないといけない場合もあるはずですが、通常の1000釣法を行うのであればラインメンディングはそこまで重要ではありません

エサ取りと本命を分けるマキエワークさえ上手くいけば、しっかりと反応があるはずです。

 

 

アタリについて

1000釣法では基本的に00号相当のウキを使用するため、仕掛けが馴染むとウキはゆっくり沈んでいきます
ですがそのあとは必ずしもラインだけでアタリを取ると言うわけではなく、ウキの沈下スピードや穂先でもアタリを判別することは可能です。

これは1000釣法だけでなく他の釣法にも共通することですが、フカセ釣りにおいて魚のアタリを取る順番は

  1. サシエ(サイトフィッシング)
  2. ウキゴム(からまん棒)
  3. ウキ
  4. 道糸
  5. 穂先
  6. スプール(手元)

の順になります。

大きいアタリは1から5までが一気に省略されて、スプールを抑えた手元までバチバチきますよね。

ウキを見てアタリを取るのは、数ある魚からのコンタクトの内の1つに過ぎません。

「1000釣法は道糸や穂先でアタリを取らないといけないから難しい」と言う人も多いようですが、それも数あるコンタクトの中の1つでしかありません。

フカセ釣りでは上記の6つのコンタクトうち、1つでもアタリを拾うことができれば魚を掛けることはできるはずです。

アタリは1つではなく多数存在する、ということを念頭に入れておくようにしましょう。

 


最後に

今回1000釣法についての知識をまとめていきましたが、おおまかにでも理解できる程度のものにはなったと思います。

ですが、その知識を付けた後の行動で最も良いのは実践を行う事です。

是非この記事を参考に、仕掛けや釣り方を実践してみて下さいね。

きっと釣果も伸びるはずです!