【釣行記】フカセ釣行で1.2mオーバー!予想外の巨大魚を釣ってしまいました。-なかち

こんにちは。

ステップ具志川店の仲地(なかち)です。

この間、、といっても1ヶ月ほど前ですが、メモリアルフィッシュを釣り上げる事ができたので、その時の釣行を記事にしたいと思います。

画像は少なめですが最後まで読んでいただけるとありがたいです。

 


1月末、フカセ釣行(のつもりだった)

 

僕は普段、ルアー専門といった感じでフカセ釣りはあまりやらないのですが…

1~2月は仲間内で尾長ダービーを行なっているという事もあり、1月の末に尾長グレ狙いのフカセ釣りへ行ってきました。

ポイントは沖縄本島最北端にある辺戸岬 展望台下

先輩の与那嶺さんと夜のうちにポイント入りしました。

足場全体がになっているので、いつも通り海の様子を見つつポイントまで下り、夜のうちにある程度の道具を釣り座まで下ろします。

夜のうちに体を休め、夜が明けてから釣り開始!

 

 

ヒレーカー(テングハギモドキ)が何枚か見えてはいるものの、尾長らしき魚影は無い…。

遠投して沖目を釣ろうとするも、まさかの当て潮
普段はルアー釣りばかりの僕にはお手上げです。スキルが足りません。

持ってきていたショアジギタックルで大物狙いでもしようと冷凍アジを流してみるが、案の定当て潮で仕掛けが送れず終いには根掛かり。くそう。

うーん。潮が変わるまで仮眠をとる事に

しばらく仮眠をとっていると、与那嶺さんに

「アーラが浮いてるよ!」

と起こされる。
「何言ってるんだろうなぁ。」とか思いながら見に行ってみるとビックリ。

マジでアーラミーバイ(ヤイトハタ)が浮いてきてる。

しかもめっちゃデカイ

 

 

15分くらいずっと浮いてたので自分を起こしてくれたらしい。

なぜか尾長狙いの撒き餌に入るくらいの高活性らしく、試しにショアジギタックルに冷凍アジを付けた仕掛けを流してみる。

目視出来るぐらいの位置まで浮いてるので、もちろんサイトフィッシング

 

 

すると食ってきた!

が、すぐに吐き出される。

 

 

 

なかなか警戒して食ってこないので、磯際についているギンユゴイを与那嶺さんに釣ってもらい、背掛けにして泳がせてみることに。

 

仕掛けがある程度入った所で、浮いていたはずのアーラが見えなくなった

「あれー?」と思いながらウキを見ると、スルスル仕掛けだが5Bのモンスターウキが海中にゆっくりと吸い込まれていく

まさか…

と思いながらも道糸を手で押さえ、ゆっくり竿を起こすと竿に重みが

 

 

食った!!!!!

 

 

ベールを閉じた途端、竿が今まで見た事がないほどブチ曲がる!!!

しっかり調整していたドラグもギュンギュン滑り、糸がどんどん出て行く!

 

 

慌てて更にドラグを締めるとスピードは緩まった。が、まだまだ止まらない!ヤバイ!

ひたすら耐えていると、30メートルほど糸を出された所でようやくファーストランは止まった。

 

 

ここからは一気に勝負を決めようと思い、思いっきり引き揚げにかかるがめちゃくちゃな重量感でなかなか浮いてこない。

イメージ的には竿に大きなを吊るしているような感覚。
でも確かに伝わってくる生命感がかなりの緊張感を生む。超ドキドキ

磯で足元が張り出しているので、その側壁にラインが当たらないようにしながら必死に寄せてくる。

 

 

竿は9.9ftのショアジギロッド

取り回しはいいが、手前に突っ込まれるとかなりキツイ。

 

色々な釣りのシーンでよくある

水面近くまで魚が浮いた瞬間の鬼ダッシュ」。

↑コレに注意しながら最後まで慎重に。

10分くらいするとようやく浮いてきた。

やはり軽く10キロは超えてそうなアーラミーバイ。

しかしここからが問題で、今回はフカセ釣りのつもりだったので大物用のギャフを持ち合わせていない。

…どうしよう。汗

 

必死にフカセ用のタモでランディングを試みるも、魚がデカすぎて全然入らない

1番低い場所まで降り、ハンドランディングをしようとするがウネリがきつく断念

悪戦苦闘していると、たまたま通りかかった知り合いの金城さんが落としダモを持っているとのこと!

 

 

頼んで貸してもらい、タモ入れ。

海面のうねりが大きくてどうなるかと思ったが、意外にあっさりタモ入れ成功!

よっしゃ!

 

 

…と思ったのもつかの間、あまりの重さで持ち上げる際にロープが切れた

やばい。やばすぎる。
絶対10キロでは済まないサイズ。

全然持ち上がらない。

 

 

さすがにここまで来ると成す術がなくなり、辺野古に住んでいる友人にTELで助けを求める。

1番近い(と言っても50kmほど離れた)名護の釣具屋でギャフを買ってきてくれないか願いすると快くOKしてくれた。

 

実は、この時点でヒットからすでに1時間半

 

友人が名護から辺戸まで来るとなるとさらに1時間はかかる。
気が遠くなりそうだが待つしかないので、ひたすら待つ

 

待ってるだけとはいえうねりが大きく、竿を立ててミーバイを浮かせておくだけでもけかなりの体力を奪われる。キッツイ…

 

ギャフを持った友人が到着するまであと30分ぐらい。ヒットから2時間半経った僕の体力もそろそろ限界。

そんなタイミングでアーラが突然、手前の磯際にダッシュ!

 

 

 

は!?!?

 

しかも最初のダッシュよりも明らかに引きが強い!ヤバ!

一瞬で底付近まで走られ、止まる気配がないので一か八かスプールを押さえてフルロック!!!

なんとか止まった!!

 

 

ここまで来てバラしてしまったらサポートしてくれた与那嶺さん、金城さん、そしてわざわざ名護からギャフを持って向かってくれている友人に申し訳がたたない。

 

 

「絶対ぬーがらさん(逃さん)!!!」

 

独り言で叫びながら全力で浮かせる。

 

あと20センチで張り出した岩にラインが当たるところでした。あっぶねー!

心臓が破裂するんじゃないかと思うぐらいドキドキ。

 

それからまたしばらく待つと、友人が大急ぎでギャフを持って来てくれた。

ここからギャフ打ち。

実はギャフが届くまでの間に僕と与那嶺さんと金城さんの3人で打ち合わせをしていて、ギャフ打ち時の流れのイメージは済ませていた。

 

 

あとはサクッと取り込む!
というつもりが、酷いうねりのせいで結局30分くらいかけてようやくギャフ打ち

そのあとはロープを使い、3人がかりで引き上げました

 

安全な場所に引き上げたあとはみんなと握手

喜びを分かち合ったあの瞬間は一生忘れないでしょう。

デカイ。

129cm、26kgのアーラミーバイ(ヤイトハタ)。

 

 

海面に浮いているアーラを見つけて僕のことを起こしてくれた、
ギンユゴイを餌に使ったらどうかとアドバイスをくれた、
長いファイト中に飲み物をのませてくれた、
自分がヒットしてからは自分の釣りをしないでつきっきりで3時間の間僕のサポートに回ってくれた、先輩の与那嶺さん

 

夜から仕事予定で、午前中釣行で帰る予定が結局最後まで僕のサポートをしてくれて、
帰りには僕の代わりに重たいアーラを背負って磯を上がってくれた、金城さん

 

 

16時から仕事なのにわざわざ辺野古から辺戸までギャフを届けてくれて、仕事に遅刻させてしまった友人の航太

 

お店にギャフを買いに来た航太に、磯ですぐに使えるようにとロープまで結んでセッティングをしてくれたステップ名護店のりゅうたさん

 

本当に感謝しています。この場を借りてお礼を言わせて頂きます。

 

 

誰か1人でも欠けていたなら、このアーラはキャッチ出来なかった。

 

素晴らしい仲間に感謝!
素晴らしい海に感謝!
素晴らしい魚に感謝!
大きな出会いに感謝!

本当にありがとう!

釣り上げたあとは記念撮影。

 

人間の頭ぐらいなら余裕で入るぐらいデカイ口。

疲れたー。の図。

ええ。本当に疲れました。

タックルデータ

 

アピア Fojin’BLACK LINE 99H


ダイワ ’12キャタリナ5000H


ダイワ ソルティガセンサー8ブレイド+Si 4号 53lb


ダイワ ディーフロン 船ハリス 16号


がまかつ タマンスペシャル 17号


ステップオリジナル モンスターⅡ 5B

 

 


魚拓は海洋レジャー用品センターさんにて。

綺麗。

この釣行を、魚を、一生忘れません。
こうして記事としても書き残させて頂きました。最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

以上。なかちでした!

 

 

 

コチラの記事もどうぞ!

【釣行記】沖縄県慶良間の磯でショアGTチャレンジ!-なかち | 釣り武士.com
こんにちは。 仲地(なかち)です。   以前(たしか2~3か月前)に、 http://turibushi.com/2017/03/05/アーラミーバイヤイトハタ巨大魚泳がせ釣り/ こんな記事を書きました。 2017年初めに沖縄最北端の辺戸岬でアーラミーバイ(ヤイトハタ)を釣った時の記事ですね。 この記事では人生でもあまりお目にかかれない魚をなんとか仕留めたわけですが、その数ヶ月後にまたまた記憶に残る魚をゲットすることができたので、今回はその時の釣行内容を書いていきたいと思います。   ・ ・ ・   去った3月29日(大潮、晴れ)、慶良間の磯へ渡ってきました。 慶良間諸島海域と言えば世界有数の透明度と魚影の濃さを誇り、平成26年には国立公園にも指定された海域。 慶良間周辺には数多くの孤立した磯があり、世界中からダイバーや釣り人が集まります。 沖縄本島に住む釣り人にとっても憧れの磯で、実は本島在住の僕にとっても今回が初の慶良間。 興奮しないわけがナイ!       夜明け前に那覇港の丸沖つりぐから出航し、船に揺られること〇時間。。   到着。 初めての磯&夜明け前ということで磯周りの地形が把握できない。もちろん無人の孤立した磯、明かりもない。 とりあえず打ち込み仕掛けを作り、シガヤーダコをぶっこむ。お土産確保用だ。笑 慶良間の磯の打ち込み釣りはバケモノがよく当たると聞いていたのでドキドキ。 ・・・が、結局夜明けまでノーチリン。   まあまあ、今回はルアーメインの釣行。全然凹んでいません!笑 ちなみに今回渡ったのはタッチューハナレ(黒島ハナレ)という磯で、後ろはこんな感じ“ 一緒に降りたのは相棒のダイゴ。     夜も明け、明るくなったところでジグを投げる。 朝イチの回遊魚狙いだ。 とりあえず慶良間の磯に多いカツオ狙い。 100gのジグをフルキャストして表層を早めに巻いて、広範囲に探る。     …..釣れない。   というかそもそもベイトっ気が全くない。 魚が釣れないことには状況も把握できないので、底をとっての根魚狙いにシフトしてみる     あれ? ジグを着底させられない。 潮が早すぎる。
【釣行記】県記録まであと1cm!怪物トカジャーとプレイしてきました。-りゅう | 釣り武士.com
どうも!りゅうです。 1/22に今年3回目の釣りに行ってきました! 軽い事故的な?ハードプレイな?釣行になったので、今回はその時のことをレポートに残そうと思います。 実はこの前に二連続で那覇一文字へ釣行し、撃沈をくらったんですが& 今回はヤンバル!! ドドン! 最高な景色。 この景色を見るだけで、計り知れない化け物への期待感が膨らみます♪ で、一時間半かけポイントへ到着。 今回のメンバーは ゆくさー会(仮)の大地先生、まっしぃ~、自分の3人( ´ ▽ ` ) 天気予報で厳しい状況だろうな〜と予想していたが、この時期にしては珍しくべた凪。 みんなテンションMAX! 興奮を抑えつつ速攻で撒き餌を作りパラパラ撒く。 ・・・・・・・・・・・ん? パラパ・・・・・ん? 魚居な& まだ魚おきてないな!と自分に言い聞かせ 仕掛け作り。 今回のタックル⒈ 竿・・・・・DXR1.25-50 リール・・・TailWalk KUROSHIO 道糸・・・・8号 ハリス・・・8号 ウキ・・・・BIG ONE TYPE3 0号 針・・・・・真鯛王 11号 え?タックルバランス?何それ? 一投目! 30m遠投し、沈めながらガンガン流す・・・・ 流す・・・流す・・・・ 時折、足元に撒き餌打つがまだ魚の顔が見えない&。 〜一時間経過〜 いきなり バチバチバチ!!!! すかさずフッキング! まっっっってましたぁー! と、大地先生。 ん?僕じゃないですが何か? & 魚は沖に走ったが、すぐ根にin。 止まる気配がない感じの走り方^^; すかさずまっしぃーと「根掛かりだろ?ゆくさーひゃー」 とおちょくってみる。 先生、本気モードになる。 すかさず自分もタックルチェンジ! タックル2. 竿・・・・・マスターモデル MH-50 リール・・・トーナメント15 3000SH 道糸・・・・New アストロンisoガンマ 3.25号 ハリス・・・ブラックストリーム 4号 ウキ・・・・釣研 スーパエキスパートUE 0C 針・・・・・あわせちゃだめじな 9号
【釣行記】奇跡のサイズ!高級魚マクブとプレイしてきました。-りゅう | 釣り武士.com
どうも!りゅうです。 E7%9C%8C%E8%A8%98%E9%8C%B2%E6%83%9C%E3%81%97%E3%81%84%E6%80%AA%E7%89%A9%EF%BE%84%EF%BD%B6%EF%BD%BC%EF%BE%9E%EF%BD%AC%EF%BD%B0%E9%87%A3%E8%A1%8C%E8%A8%98%E3%82%84%E3%82%93%E3%81%B0%E3%82%8B%E9%87%A3/ 実は‘この化物トカジャーを仕留めるより少し前のH28年4月24日(日)にも、化物サイズを釣ってました。 その時の釣行記を書いていきます! 同行者は“ 大地先生!!! 【(自分+大地先生)×山原=大事件】の方程式が成り立つんですよねぇ〜。 今回は○○○と言う高級巨大魚のお話です。 ・・・・・前日の夜・・・・・ 仕事をパパッと終わらせ、大地先生と合流して北上。 僕 「大地先生今日どこ行く?」 大地先生 「最近釣果情報見ても北部全然魚上がってないし、ギナマ磯もあんまりよくないね〜あえて行ったところないとこいこーぜ(笑)」 僕 「まぁ今回は気軽に楽しむか(笑)」 ‘(これまた後に吉と出る) みたいな会話を交わし、グーグルマップでポイントを調べる先生。 先生は下ネタの会話するとなぜか興奮するんですが、まだ釣りの話だけで抑えさせていただきますw とりあえず名護のステップで撒き餌購入! 今回は、生オキアミL3キロ・麦・アミドリップ ・前回の余りの撒き餌 ※麦は水吸って膨らむのが遅いので、アミドリップに浸しておいて事前にドリップを吸わせます。 麦をサシ餌としても使えるし何より美味しそうですよね♪(実際食べると激マズ。) それに、膨らましておかないと魚が麦を食べてお腹で麦が大きくなると満腹感で魚が沈む感じします。 ‘これはあくまで個人的な意見ですw 知り合いにも北上する人が居て雑談を交わすが、ギナマ磯へ行くとのことで別れることに。 購入後すぐ北上。日曜日ということもあり、釣り人はいっぱい!