テトロドトキシン、シガテラ、etc… 有毒魚介類の毒成分まとめ

日本は島国という土地柄、魚介類を目にする機会や口にする機会は多いですよね。

実際日本は世界有数の魚食大国として知られており、一人当たりの食用魚介類供給量は人口100万人以上の国の中で世界一となっています。

 

そんな日本にとって身近な食材である魚介類の中には体内にを持ち、食べたり触ったりすることによって被害を及ぼすものが多く存在します。

分かりやすい例で言えばフグ

フグの仲間の肝臓や卵巣などには毒が多く含まれており、最悪の場合は死に至ります。そのため、フグを捌くためにはフグ調理師という免許が必要になりますよね。

 

フグの他にも有毒魚は多数存在しており、それらの一部は食品衛生法により流通すらも禁止されています。

これら有毒魚はまれに釣れてしまう事もあるため、釣り人は念のための知識としてその魚の種類や毒成分をある程度把握しておいたほうがいいかもしれません。

有毒魚をまとめたサイトはいくつかあるのですが、毒成分や毒が体内に入った場合の対処法をまとめたサイトがあまり見当たりませんでした。
筆者としては毒魚の種類も気になるけど、どんな毒成分が被害を及ぼしてるのかも気になる…。

ということで今回は有毒魚がもつ毒の成分についてまとめていきたいと思います!

 

 


毒成分と症状・対処法まとめ


テトロドトキシン

テトロドトキシンは化学式C11H17N3O8で表せされるアルカロイド(有機化合物)の一種。
人間の経口摂取による致死量は1–2mgで、経口摂取では青酸カリの850倍程の毒性を持つとされている猛毒です。習慣性がないため医療用の麻酔などにも利用されます。

主な保有生物

フグ、ヒョウモンダコ類、スベスベマンジュウガニ、ウモレオウギガニ、トゲモミジガイ、キンシバイ、カブトガニ、ツムギハゼ、アカハライモリなど。

対処法

テトロドトキシンは未だ解毒方法が確立されていません
この毒は神経伝達を遮断して麻痺を起こすため、脳からの呼吸に関する伝達が遮られ、呼吸器系に障害が起きて死に至ることがほとんど。
なので、もし毒を摂取し麻痺が起こればすぐに人工呼吸やそれに変わる呼吸器系への処置を適切に行えば救命率は一気に高まります。

 

 

シガテラ

主に熱帯の海に生息するプランクトンが作った毒素に汚染された魚を摂取することにより引き起こされる食中毒の総称
毒素はシガトキシン、スカリトキシン、マイトトキシンなど20種類以上が存在します。

症状としては下痢、吐気、めまい、頭痛、筋肉や関節の痛み、麻痺、感覚異常など。
特にドライアイスに触れて凍傷になったような温度感覚異常(ドライアイス・センセーション)に陥る事がこの中毒1番の特徴です。

主な保有生物

バラフエダイ、バラハタ、オニカマス、イシガキダイ、ウツボ、ブリなどが保有している可能性が高く、食物連鎖上位に位置する大型魚がほとんど。可能性だけでいえば400種類以上に上りますが、地域によって保有していたり全く保有していないこともあります。

対処法

こちらも明確な治療法は確立されておらず、魚を食べない以外の確実な対処法がありません
しいて言えばシガテラ毒は魚の肝に蓄積されやすいので、どうしても食べたい場合は肝を避けるようにしましょう。
もし発症してしまった場合はある程度症状を和らげるために医療機関での診察を受けましょう。
・シガテラについての記事
毒魚なのに高級魚!?沖縄で釣れるシガテラ毒を持つ魚たち

 

 

ワックスエステル

引用元

炭素数10以上の長鎖脂肪酸と、8以上の脂肪族 アルコールがエステル結合した、長い鎖状の分子構造を持つ脂肪のこと。

毒ではありませんがワックスエステルは人間の体では消化しきれないため、一定以上摂取すると、脂肪分の多いラー油のような排泄物が出る現象(油脂瀉下:ゆししゃげ)が起こります。いわゆる下痢のようなもの。

主な保有生物

クジラ、バラムツ、アブラソコムツ、クロマトウダイ、ヒョウマトウダイなど。
特にバラムツやアブラソコムツは有名で、体の90%以上がワックスエステルで出来ていると言われる。

対処法

こちらも食べない以外の確実な対処法はありません。
バラムツ、アブラソコムツなどはよく「刺身3切れまで」と言われますが、摂取を最小限に抑えれば症状も抑えられます。

 

 

パリトキシン

引用元

パリトキシンはテトロドトキシンのような天然有機化合物で、化学式はC129H223N3O54。
毒性はテトロドトキシンよりも強く、かなりの猛毒。

シガテラのようにパリトキシン毒素を生成する有毒渦鞭毛藻を体内に蓄積した魚を摂取することによって食中毒が引き起こされるとされています。

主な保有生物

アオブダイ、ソウシハギ、ハコフグ、スナギンチャクなど。
ですがこちらも地域によって保有していたり全く保有していなかったりします。

対処法

症状としては横紋筋の融解による激しい筋肉痛(横紋筋融解症)が主症状で、黒褐色の排尿(ミオグロビン尿症)を伴うこともあります。また、呼吸困難、歩行困難、胸部の圧迫、麻痺、痙攣などを呈することもあります。
しかしこの毒も魚を食べないということ以外に確実な対処法はありません。

 

 

過剰ビタミンA

ビタミンAは脂溶性なので体外に排出されずに蓄積され、過剰症を引き起こすことがあります。
症状としては全身倦怠感、頭痛、吐き気、顔面の浮腫、皮膚の剥離などで、ひどい時には脱毛、筋肉痛、肝障害、関節炎など。

主な保有生物

イシナギ(肝臓のみ)は少量でも過剰摂取になりやすく、マグロ、カツオ、サメなどの大型魚でもしばしば引き起こされます。
生物以外だとサプリメントの過剰摂取などが原因。

対処法

一過性のものがほとんどなので、症状が発生してしまったらすぐに原因物質と思われる物の摂取を止め、バランスのとれた食事を摂りましょう。

 

 

イクシオトキシン

イクシオトキシンはタンパク質性の神経毒で、口径摂取だと吐き気や下痢、傷口に触れると腫れや炎症、目に入ると結膜炎などを引き起こします。

主な保有生物

ウナギやアナゴの血清

対処法

この毒は大量に摂取してしまうと死亡することもありますが、タンパク質性ということから50〜60度以上の熱で五分ほど加熱をすれば毒は失活して無くなります。
ウナギやアナゴを蒲焼きにするのはこのためですね。

 

 

腸炎ビブリオ

腸炎ビブリオは海水中に生息する細菌の一種で、この菌に汚染された魚介類を食べてしまうと腸炎ビブリオ食中毒が発症してしまいます。
症状としては激しい腹痛を伴う下痢で、ひどい時には血便が出ることもあります。

主な保有生物

イカやタコ、アジやサバ、シイラやカツオなどが主ですが特定の生物はいません。
水温15度以上で活発になるため、温暖な海域に生息する魚介類や夏場の魚介類が感染源となります。

対処法

水温15度以上で活発になるため、温暖な海域の魚介類や夏場の魚介類を刺身で食べると稀に発症します。いわゆる「アタる」という症状ですが、通常は数日で自然回復します。
魚を生で食べないことが1番の予防策ですが、日本人である以上刺身に触れる機会は多いでしょう。
この菌は真水や高温、低温に弱いため、魚を生で食べるときは真水で洗い常温にあまり晒さずに冷蔵庫などで保存する、加熱する場合は十分に加熱して食べる、というのも十分な予防策になります。

 

 

ヒスタミン

ヒスタミンは分子式C5H9N3で表される活性アミンで、これを大量に含有する魚介類を食べる事によりヒスタミン食中毒が発症してしまいます。
数十分〜数時間という短い時間で腹痛、下痢、頭痛、発熱、じんましん、顔の腫れなどの症状が出てきますが、ほとんどは1日で自然回復します。

主な保有生物

カツオ、マグロ、アジ、サバ、イワシ、シイラなどの赤身魚や青物

対処法

もともと生物の体内にはヒスタミンを生成する菌がおり、保有生物の切り身などを常温で放置することによって菌が活発になりヒスタミンを増加させ、ヒスタミン食中毒が起きます。
このヒスタミン生成菌は低温に弱く、冷蔵中はヒスタミンの生成を抑えることができるため、赤身魚の刺身は早く食べる、保存するなら冷凍。というのが1番の予防策です。
ヒスタミンは加熱してもあまり壊れないため、傷んでても加熱すればOKというのは間違いです。気をつけましょう。

 

 

トリグリセリド

引用元

トリグリセリドというのは中性脂肪のことで、これ自体は通常の脂質。
しかし脂質分解酵素の乏しい人…つまり脂質を消化しにくい体質の人が食べ過ぎると、消化不良により腹痛や下痢といった症状があらわれます。

主な保有生物

アブラソコムツ

対処法

症状が出てもほとんどはすぐに自然回復しますが、対策はやはり食べないこと、食べ過ぎないことです。
アブラソコムツは1981年以降食用禁止となっているのであまり心配はいりませんが、個人で釣って食べる場合は気をつけましょう。

 

 

タンパク毒

タンパク毒は細胞に作用して細胞を破壊する毒で、作用メカニズムなど詳しいことが分かってないものが多いです。タンパク毒を持つ生物に刺されたりすると激痛が走り、患部が腫れ上がりますが死亡することはほぼありません。

主な保有生物

ゴンズイ、オニオコゼ、ミノカサゴ、アイゴ、ヤツメウナギ(卵巣)など

対処法

タンパク毒を保有する魚は沿岸域に多く、遭遇率が高いです。釣れてしまったらヒレに刺されないようにしましょう。
もし刺されてしまった場合は、40〜50度のお湯で患部を熱すれば毒が壊れてある程度緩和することができます。その後はしっかりとした診察を受けましょう。

 

 

ジノグネリン

引用元

特殊なリン脂質の毒素で、こちらも作用メカニズムは明らかにされていません。
主な症状は嘔吐、腹痛、下痢などの胃腸障害ですが、死亡することはないようです。

主な保有生物

ナガズカ(卵巣)

対処法

予防策はやはり疑いのある生物の卵巣を食さないことです。
医療機関による診察を受ければ回復できる毒なので、症状が出たら医師の診察を受けましょう。

 

 

コノトキシン

コノトキシンはイモガイ科が作り出す神経毒で、多数のペプチドから構成される。これに刺されると人間も重症に陥りやすいです。
症状としては頭痛、めまい、呼吸困難、運動失調、最悪の場合は死に至る。

主な保有生物

アンボイナガイなど、イモガイ科

対処法

もし刺された場合、いち早く刺された部分から毒を吸い出し、刺された部分より心臓に近い部分を縛り毒の回りを抑えましょう。その後は直ちに病院へ急行し、処置を受けることが必要です。

 

 

メチル水銀

メチル水銀は水銀がメチル化された有機水銀化合物の総称で、メチル水銀を比較的多く含む魚介類を妊婦が食べ過ぎると、生まれた子の運動機能や知能の発達に悪影響が出るリスクが増すことが分かっています。
ですが影響を受けやすい胎児〜幼児期以外に関しては、安全性に問題はないとされています。

主な保有生物

マグロ、カジキ、クジラ、イルカなど

対処法

メチル水銀は煮たり焼いたりといった調理によって分解したり除くことはできないので,魚などのメチル水銀を少なくする調理方法・食べ方といったものはありません。
大人に関してはあまり影響がないので問題はないとされていますが、心配な方は食べ過ぎない方がいいかも知れませんね。

 

 

サキシトキシン、ゴニオトキシン、ネオサキシトキシンなどの麻痺性貝毒

引用元

麻痺性貝毒は有毒渦鞭毛藻が作り出す毒のことで、その藻類を食べた魚介類は通常毒を持たない種類でも毒化することがあります。
症状はテトロドトキシンと同様に麻痺、重度の場合には呼吸困難を引き起こし、最悪の場合呼吸麻痺で死に至ることもあります。

主な保有生物

フグ毒のひとつでもあり、ムラサキガイ、マガキ、アサリなどの二枚貝スベスベマンジュウガニ、ウモレオウギガニなどのオウギガニ科に蓄積。

対処法

有効な治療法は確立されていないため、疑いのある魚介類は避ける以外の予防策はありません。
症状が発生した場合は呼吸器系への適切な処置(人工呼吸など)を行うようにしましょう。

 

 

テトラミン

引用元

テトラミンはエゾバイ科の巻貝が唾液腺に保有している自然毒で、これらの貝はこの毒で獲物を麻痺させ、捕食します。
この貝を食べることによってテトラミン中毒が発症する事があり、症状としてはめまい、頭痛、吐き気、下痢など。死亡することはないようです。

主な保有生物

ヒメエゾボラ、エゾボラモドキなどのツブ貝

対処法

発症してもほとんどは数時間で自然回復します。
予防策としてはまず食べない、もしくは唾液腺を除いて食べる、など。

 

 

サポニン

サポニンはサポゲニンと糖から構成される配糖体の総称で、おもに植物に含まれていますが魚介類の中では一部のヒトデやナマコの体内に含まれます。
細胞膜を破壊する性質があり、血液に入った場合には赤血球を破壊したり、食べると蕁麻疹や下痢、吐き気などが発症することもあります。

主な保有生物

ヒトデ、ナマコの体壁

対処法

サポニンにも毒性の強いものと弱いものがあり、その種類と摂取量によって症状も変わってきます。
熱するとアクとして出てくるので、水にさらしてアクを除けば安全です。

 


 

いかがだったでしょうか。

このほかにも細かい毒成分は色々ありますが、遭遇率が比較的高い魚に含まれる毒をまとめてみました。

毒は予防することが一番ですが、毒に侵された後の対処法を知っておくことも非常に大切です。予備知識の一つとして参考にしていってくださいね。