フエダイとは別って知ってましたか?フエフキダイ科の魚まとめ【魚図鑑】

南西諸島などの温暖な海域では様々な種類の魚が住んでいますが、姿形が似ていてよく間違えてしまうような種類も多いですよね。

中でもイラブチャーと呼ばれるブダイ科の魚やミーバイと呼ばれるハタ科、ガーラと呼ばれるアジ科、タマンなどのフエフキダイ科の魚は特に種類が多く、重要な食用魚となっているのですが見間違いも起こりやすいようです。

 

イラブチャーやガーラに関しての記事はこちら
>>「イラブチャー(ブダイ科)の魚まとめ1」>>「サイズはケタ違い!沖縄で釣れるアジまとめ

 

今回この記事では、日本近海に生息するフエフキダイ科の魚をまとめてみました。

ちなみにフエフキダイ科フエダイ科は名前と外見が似ているため混合されてしまう事もありますが、両者は全く別の科目に分類されますので。気をつけて下さいね。

 


日本に生息するフエダイ科の魚まとめ

 

フエフキダイ属

アマクチビ

引用元

沖縄方言名:ヤキータマン

 

 

アマミフエフキ

引用元

沖縄方言名:ヤキータマン

 

 

アミフエフキ

引用元

沖縄方言名:ムルー、クサムルー

 

 

イソフエフキ

引用元

沖縄方言名:クチナジ

 

 

イトフエフキ

引用元

沖縄方言名:イノームルー、クサムルー

 

 

オオフエフキ

引用元

 

 

キツネフエフキ

引用元

沖縄方言名:ウムナガー

 

 

シモフリフエフキ

引用元

沖縄方言名:シルタマン

 

 

タテシマフエフキ

引用元

 

 

ハナフエフキ

沖縄方言名:クムイクチナジ

 

 

ハマフエフキ

沖縄方言名:タマン

 

 

フエフキダイ

引用元

 

 

ホオアカクチビ

引用元

沖縄方言名:オームルー

 

 

ホソフエフキ

引用元

 

 

 

マトフエフキ

引用元

沖縄方言:クサムルー

 

 

ミンサーフエフキ

引用元

 

 

ムネアカクチビ

引用元

沖縄方言:チムグチャー

 

 

ヤエヤマフエフキ

引用元

 

 

 

ヨコシマフエフキ

引用元

 

 

 

ノコギリダイ属

ノコギリダイ

引用元

沖縄方言名:ムチグヮー

 

 

 

コケノコギリ属

コケノコギリ

沖縄方言名:アンラーシルユー

 

 

メイチダイ属

・タマメイチ

引用元

沖縄方言名:アカバター

 

 

サザナミダイ

引用元

沖縄方言名:アマクチン

 

 

シロダイ

引用元

沖縄方言名:シルイユー

 

 

ナガメイチ

引用元

沖縄方言名:ナガアカバター

 

 

メイチダイ

引用元

沖縄方言名:インチャーシルユー

 

 

ヨコシマクロダイ属

ヨコシマクロダイ

引用元

沖縄方言名:ダルマー

 


以上が日本近海でよく見るフエフキダイ科の魚になります。

やはり南国の魚は多い・分かりにくいのオンパレードですね。

フエフキダイ科の魚は美味な魚が多く、高級魚としても扱われる事が多いです(たまにシガテラ毒を持つとされていますが…)。

ほとんどが大型で釣魚としても人気が高い種類なので、沖縄などではメインターゲットとなる事もしばしばです。

 

イラブチャー(ブダイ科)の種類まとめ1 | 釣り武士.com
沖縄で代表的な魚といえば、イラブチャーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? カラフルでいかにも南国!って感じの魚ですよね。 この「イラブチャー」という名でくくられているのはブダイ科の魚。ブダイ科はなんと10属88種もの種類が居ることが分かっていて、全て体色が異なります。 また、ベラ科の魚と同様、ブダイ科の仲間はほとんどがメスからオスに変わる雌性先熟型の性転換をします(たまにオスのまま成熟する場合もある)。 ブダイ科の魚は性転換が起こると体の色や模様も変わる種類が多いので、全てを覚えようとするとかなり大変です。軽いパニックが起きるレベルです。 そこで! 今回は、よく間違えやすいイラブチャーの種類、オスメスの区別を写真&軽い解説付きで紹介していきたいと思います。 イラブチャー図鑑~アオブダイ属~ ・アオブダイ 成魚 若魚 画像引用元 ブダイなどに比べて体色が青いことからこの名がついた。 体長90cm程に成長する大型種だが、内臓にパリトキシンという毒を溜めていることがある為、食用にはならない。 熱帯よりも温帯域に多く、生きたサンゴも食べる。 ・アカブダイ オス個体 メス個体 画像引用元 体高は低めで、ナガブダイに似る。 メスは全身が鮮やかな赤色をしており、オスになると青緑色になる。オスはアオブダイと間違えやすいが、頭部や尾ビレの形態が異なる。 最大個体だと60cm近くに成長。 ・アミメブダイ オス個体 メス個体 画像引用元 オスは体前方が濃い青の色で、尾付近でくっきり色が分かれて淡青色になる。 メスは茶色っぽい体色で、鱗が黒く縁取られる。体長45cm程までになる。 ・イチモンジブダイ オス個体 メス個体 オスは全体的に青っぽく、胸ビレの下から下尾ビレまで伸びる緑色の細縦帯が特徴的。胸ビレ、尾ビレにも桃色帯がある。 メスは赤っぽい。目の後ろから直線に走る暗色帯があり、体側中央には青緑帯がある。
サイズはケタ違い!沖縄でよく釣れる「アジ」まとめ | 釣り武士.com
    アジフライやアジの干物、アジの味噌煮、塩焼き、なめろうなど・・・ 日本の魚料理にはアジが定番ですよね。   普段食べているようなアジ料理に使われているアジは、ほとんどが「マアジ」です。   アジ科には30属150種ほどの種類が存在し、 実はブリやヒラマサ、カンパチなども「アジ」と名が付いていないだけで、アジ科に含まれます。   沖縄にはマアジが少なく、代わりに他の大型アジの仲間が多く生息しています。なので本土でブームになった釣法「アジング」などを沖縄でやろうとしたら、全く大きさが違う魚を狙うことになりますね。 ここでは、どんなアジの仲間がよく釣れるのかまとめてみました。   ・沖縄でよく釣れるアジの仲間   ・ロウニンアジ   ・オニヒラアジ   ・ギンガメアジ 出典:http://www.zukan-bouz.com/syu/ギンガメアジ   ・カスミアジ     ・メアジ 出典:http://zukan.com/fish/leaf26388     ・シマアジ 出典:http://zukan.com/fish/leaf35022   ・カイワリ 出典:http://zukan.com/fish/internal194     ・ナンヨウカイワリ 出典:http://zukan.com/fish/leaf8029     ・ホシカイワリ 出典:http://zukan.com/fish/internal835     ・クロヒラアジ 出典:http://zukan.com/fish/internal839     ・マルコバン 出典:http://zukan.com/fish/internal52   ・コガネシマアジ 出典:http://zukan.com/fish/internal833     ・イトヒキアジ 出典:http://zukan.com/fish/internal378   ・ウマヅラアジ 出典:http://zukan
【ボラの種類】日本でよく見るボラの仲間たち | 釣り武士.com
みなさんはボラいう魚に対してどんなイメージをお持ちでしょうか。 水質の悪い川などにも入り込むボラは何かと嫌悪されがちな魚ですが、実はボラ科魚類は全世界の熱帯・亜熱帯の海に生息し、重要な水産資源として重宝されています。 今でこそ嫌われがちで安い魚の代名詞となってしまっている魚ですが、日本でも冷蔵庫のない時代には淡水で生かしておくことができたため、古くから食用魚として利用されてきました。 ご存知、ボラの卵巣で作られるカラスミは越前のウニ、三河のこのわたと並んで「日本三大珍味」の1つとして高値で取引されています。 ボラの分類体系には様々な見解がありますが、少なくとも17属72種で構成されており、このうち日本には少なくとも7属15種が生息しています。 あまり見かけない種類のボラも居るので、この記事では日本本土〜琉球列島の海域でよく見かけるボラを8種ほど紹介していきたいと思います。 日本でよく見かけるボラ8種 ・ボラ 画像引用元 体長60cm程にになる普通種で、沿岸の浅場や汽水域に生息する。背面は黒ずんだ青or緑色で、胸ビレの付け根に青い斑点が1つある。 ボラの仲間には脂瞼(しけん)と呼ばれるレンズ状の組織を持つものが多いが、この種は特に発達する。 熱帯海域には少なく、南西諸島にはあまり生息しない。 ・メナダ 画像引用元 100cm近くにまで成長する大型種で、沿岸の浅場や汽水域の河川などに生息する。ボラよりも北方性が強い種。 頭部は平たく、体型は細長い。 このメナダを含むメナダ属は、目や口がオレンジ色っぽくなることがよくある。脂瞼はあまり発達していない。 沖縄地方では同メナダ属のタイワンメナダや、マングローブ域に生息するヒルギメナダなども存在する。 ・コボラ 画像引用元 大きくても30cm程にしかならない小型種で、浅場の沿岸、汽水域〜淡水まで進入する。 胸ビレの付け根に黄色っぽい横帯がある。脂瞼は目の後方に広がるが、あまり発達はしていない。琉球列島に多く生息する。 ・セスジボラ 画像引用元 体長は大きくても30cm程の小型種で、沿岸の浅場や汽水域に生息する。 第一背ビレあたりの背面が少し隆起する。隆起線もあるので、そこを見れば他種と区別できる。脂瞼は発達しており、分厚い。 ・フウライボラ