【瀬戸内海のチヌ釣り】ウキフカセでチヌを狙う時の仕掛けについて

釣りにおいて、釣り人の考えが最も出る部分、それが仕掛けですよね。タックルという言い方でも良いかもしれません。

当たり前ですが、文字通り仕掛けというのは様々な知恵を凝らして、魚に餌を食べさせるよう仕掛けていく部分です。

特にチヌは様々なエサや釣り方で釣れる魚なので、ウキフカセやルアーの他にもヘチ釣り団子釣りなど、数多くの仕掛けが考案・確立されてきました。

その中でも今回は、瀬戸内で行うウキフカセ釣りの『仕掛け』にスポットを当てて話を進めさせて頂きます。


ウキ選びについて

ウキフカセというくらいなので、まずはウキ選びについて紹介していきましょう。

ウキフカセでチヌを狙う場合、使うウキは大きく分けて2種類あります。

真ん丸い形をしたオーソドックスな円錐ウキ、そして視認性に富んだ棒ウキです。

円錐ウキを使用する場合

円錐ウキを使用する場合、多くのチヌ師に共通するのが『大きく自重のあるものが選ばれやすい』ということです。

具体的な重さで言えば15〜20グラムが扱いやすい重さとなっています。
23グラムを超えると道糸が切れたり、向かい風などで過重負荷が掛かると竿が折れたりなどが起こり始めるそうです。

なぜ円錐ウキで大きいものを選ぶのか。ということについてですが、これは

  • 飛距離出ること
  • 潮を捉えるため仕掛けがズレにくい

というのが大きな理由です。

特にズレにくいというのは非常に重要で、例えばラインが風にとられてしまった場合、ラインメンディングをしますよね。その際、ウキが小さく軽いものだとウキがラインに引っ張られて撒き餌との同調から外れてしまうことがあります。
逆に大きく重いウキだとラインメンディングをしてもその地点からズレにくいので、撒き餌との同調からも外れにくくなるのです。

ちなみにどの円錐ウキを使うにしても、浮力は00〜1号と幅が広いです。
これは釣り場によって条件が異なり、その条件に対応させるには軽い仕掛けと重い仕掛けの使い分けが必須となるからですね。

 

棒ウキを使用する場合

続いて棒ウキなのですが、こちらも細長いものから小型で膨らみのあるものまで様々な種類があり、特徴も様々で好みが別れるようです。

棒ウキは円錐ウキと違い細いため、仕掛け投入の際に同重量の円錐ウキほど重さが感じられません
そのため、17〜25グラムほどの重めなウキを使う人が多いようです。

棒ウキは水面から出ている部分が多く、目で見て変化を捉えるには最適なため、浮力はB〜2号のように、割と浮力があるのもを使用する場合が多いです。

ウキに求める性能は、
仕掛けを自らの思い通りに扱えるか、また些細な変化を捉えてくれるか
というのが重要です。

特にチヌは底付近の餌を探し拾いながら食べているので、仕掛けが狙いのタナまで入るかと言ったところも重要な性能のひとつになりますね。

またそれに関しても、浮力のあるウキでガン玉の力で狙いのタナまで仕掛けをねじ込んだ状態で釣るのか。
または浮力の無いウキでウキごと沈めて探りながら釣るのか。
釣り場とウキ、それぞれの特徴を掴むとより良い釣果が望めるはずです。


最も邪魔な存在である「糸」について

釣りで最も邪魔なもの、それはズバリ「」なんです。
多くの釣りで使う道糸というものは非常に厄介で、本来の潮流に逆らったり風や波などで抵抗を受けたりなど様々なところで邪魔をしてくれます。

チヌ釣りにおいてもこの道糸という存在は非常に厄介で、どうやってこの抵抗を無くそうかと頭を悩ませる事が多々あります。

ウキフカセ釣りでチヌを狙う時は柔らかい竿を用いるので、糸に掛かる抵抗を竿が吸収してくれることが多いです。
そのため、道糸も比較的細いものを使うことができます。

例えばですが、瀬戸内では多くのチヌ師が1.5〜1.7号の道糸を使用します。

このように細いラインを使う理由としては、

  • 遠投がしやすい
  • 仕掛けをチヌのいる深いタナまで入れ込んでいくのに抵抗がかからない

といったことによります。

最近ではPEラインを使う人も増えており、より細い道糸で釣りができるようになっているようです。
PEラインはナイロンやフロロカーボンより伸びない風にとられやすい。というデメリットはありますが、ラインは細ければ細いほど仕掛けの操作はしやすいため、理にかなっていると言えるかもしれません。


魚も気にする「針」について

次に針選びについてです。針というのは魚との唯一の接点ですよね。
大きすぎると違和感を感じて食わないですし、小さすぎると針ハズレも多くなります。

モノにもよりますが、ほとんどのチヌ針は普通の針に比べて細めで軽いものが多いです。
これは、チヌ釣りが「いなす」釣りであり、強度よりも食わせを重視することが多いためです。

針が軽いと付け餌がうまく潮の流れに乗って魚が警戒しないで食ってきてくれます
また、エサを食った時に重い針だと魚が違和感を感じて吐き出す場合もありますが、軽いとその心配も少なくなりますよね。

さらに、チヌは口が大きいのでグレなどの磯魚を狙うよりも針は比較的大きくしなければいけません。
そのため、「チヌ針」は普通の針よりも細くて大きいものが多いのです。

場所や狙うサイズにもよりますが、チヌ針は1〜3号ほどの大きさがあればある程度の釣りはできるでしょう。

小さい針を使っている時に針ハズレや飲まれることが多い時は大きめの針に変え、逆にエサがとられたりアタリはあるのに掛からない場合は警戒していることが多いのでその時は一回り小さい針に変えましょう。


ウキフカセで使うチヌ竿について

ウキフカセで狙うチヌ釣りの場合、竿は非常に柔らかく、長いものを使います。

瀬戸内の場合、多くの人が0〜0.6号といった号数の竿使っています。
これは、瀬戸内海という内海の多いフィールドが四国や九州に比べて巨チヌが釣れる可能性が低いため、さらには針が掛かった時には竿が硬いと針が口から外れたりするリスクがあるためです。

また、何よりこの釣りで最も気持ちのいい瞬間は竿が曲がる瞬間です。

竿を大きく曲げたいからあえて柔らかい竿を使う、という物好きな人も結構居ますよね。


最後に

釣りは言わば魚との知恵比べです。

魚に合わせて人間が仕掛けを変えていかないと、どうしても釣果は伸びません。

経験と知識を元に組み立て仕掛けた後にウキが沈み、アワセを入れて竿が弧を描く瞬間は何年経ってもシビれますよ。

 

こちらも参考にどうぞ↓

チヌ釣りの要はエサにあり!何を食べてるのか見極める方法とエサ作りについて

釣りよりも悩ましい場所選び【瀬戸内海のチヌ釣り】