【釣行記】沖縄県慶良間の磯でショアGTチャレンジ!-なかち

こんにちは。

仲地(なかち)です。

 

以前(たしか2~3か月前)に、

【釣行記】フカセ釣行で1.2mオーバー!予想外の巨大魚を釣ってしまいました。-なかち | 釣り武士.com
こんにちは。 ステップ具志川店の仲地(なかち)です。 この間、、といっても1ヶ月ほど前ですが、メモリアルフィッシュを釣り上げる事ができたので、その時の釣行を記事にしたいと思います。 画像は少なめですが最後まで読んでいただけるとありがたいです。   1月末、フカセ釣行(のつもりだった)   僕は普段、ルアー専門といった感じでフカセ釣りはあまりやらないのですが& 1~2月は仲間内で尾長ダービーを行なっているという事もあり、1月の末に尾長グレ狙いのフカセ釣りへ行ってきました。 ポイントは沖縄本島最北端にある辺戸岬 展望台下。 先輩の与那嶺さんと夜のうちにポイント入りしました。 足場全体が崖になっているので、いつも通り海の様子を見つつポイントまで下り、夜のうちにある程度の道具を釣り座まで下ろします。 夜のうちに体を休め、夜が明けてから釣り開始!     ヒレーカー(テングハギモドキ)が何枚か見えてはいるものの、尾長らしき魚影は無い&。 遠投して沖目を釣ろうとするも、まさかの当て潮。 普段はルアー釣りばかりの僕にはお手上げです。スキルが足りません。 持ってきていたショアジギタックルで大物狙いでもしようと冷凍アジを流してみるが、案の定当て潮で仕掛けが送れず終いには根掛かり。くそう。 うーん。潮が変わるまで仮眠をとる事に。 ・ ・ ・ しばらく仮眠をとっていると、与那嶺さんに 「アーラが浮いてるよ!」 と起こされる。 「何言ってるんだろうなぁ。」とか思いながら見に行ってみるとビックリ。 マジでアーラミーバイ(ヤイトハタ)が浮いてきてる。 しかもめっちゃデカイ。     15分くらいずっと浮いてたので自分を起こしてくれたらしい。 なぜか尾長狙いの撒き餌に入るくらいの高活性らしく、試しにショアジギタックルに冷凍アジを付けた仕掛けを流してみる。 目視出来るぐらいの位置まで浮いてるので、もちろんサイトフィッシング。     すると食ってきた! &が、すぐに吐き出される。       なかなか警戒して食ってこないので、磯際についているギンユゴイを与那嶺さんに釣ってもらい、背掛けにして泳がせてみることに。  

こんな記事を書きました。

2017年初めに沖縄最北端の辺戸岬でアーラミーバイ(ヤイトハタ)を釣った時の記事ですね。

この記事では人生でもあまりお目にかかれない魚をなんとか仕留めたわけですが、その数ヶ月後にまたまた記憶に残る魚をゲットすることができたので、今回はその時の釣行内容を書いていきたいと思います。


 

 

去った3月29日(大潮、晴れ)、慶良間の磯へ渡ってきました。

慶良間諸島海域と言えば世界有数の透明度と魚影の濃さを誇り、平成26年には国立公園にも指定された海域。

慶良間周辺には数多くの孤立した磯があり、世界中からダイバーや釣り人が集まります。

沖縄本島に住む釣り人にとっても憧れの磯で、実は本島在住の僕にとっても今回が初の慶良間

興奮しないわけがナイ!

 

 

 

夜明け前に那覇港の丸沖つりぐから出航し、船に揺られること〇時間。。

 

到着。

初めての磯&夜明け前ということで磯周りの地形が把握できない。もちろん無人の孤立した磯、明かりもない。

とりあえず打ち込み仕掛けを作り、シガヤーダコをぶっこむ。お土産確保用だ。笑

慶良間の磯の打ち込み釣りはバケモノがよく当たると聞いていたのでドキドキ。

・・・が、結局夜明けまでノーチリン。

 

まあまあ、今回はルアーメインの釣行。全然凹んでいません!笑

ちなみに今回渡ったのはタッチューハナレ(黒島ハナレ)という磯で、後ろはこんな感じ↓

一緒に降りたのは相棒のダイゴ。

 

 

夜も明け、明るくなったところでジグを投げる。
朝イチの回遊魚狙いだ。

とりあえず慶良間の磯に多いカツオ狙い。
100gのジグをフルキャストして表層を早めに巻いて、広範囲に探る。

 

 

…..釣れない。

 

というかそもそもベイトっ気が全くない

魚が釣れないことには状況も把握できないので、底をとっての根魚狙いにシフトしてみる

 

 

あれ?

ジグを着底させられない。

潮が早すぎる。

手持ちのジグはMAX100g。
100gでまともに底取りが出来ないとは…。

 

 

それならと80gのタングステンジグにチェンジ。潮の影響をできる限り小さくする。

フリーで落とし、ボトムを取ってからのワンピッチ。
10mくらい上げてきたところで

ガガッ!

しかし乗らない。そのままワンピッチであげてくる。

 

 

さらに5mくらい上げてきたところでまた

ガガッ!

何かが追ってる!?

 

 

そのままのテンポでさらに5mほど上げてくると
ゴン!!!

乗った!

キツめのドラグがガンガン滑り、スピードがめちゃくちゃ早い!

回遊魚だ。

4〜5分ほど格闘してようやく浮いてきた。

釣れたのはカスミアジ

慶良間にはこいつを釣りたくてきたようなもの。めちゃくちゃ嬉しい。


使用ルアー:ダイワ TG Bait 80g アカキン

ひとまず魚が釣れたので一安心。

根ズレしていないかどうかリーダーをチェックし、次を狙う。

しばらく投げるもアタリはほとんどなく…。

たまにこんなかわいいゲスト。
小さいが綺麗な魚。TG Bait 丸呑み。

それからはアタリがないまま時間が過ぎ。

気がつけば相棒は隣で怪しいタックルで怪しい仕掛けを流している
棒の様に硬い竿をぶち曲げて楽しそう!!

どうやらスルルーを流している様子。隠し持ってたみたいです。笑

と言いつつ、僕もフカセタックルも持ってきていました。笑

お土産用のグルクンを釣ろうとフカセを試してみるも、グルクンさん不在。

なので再びルアーへ。

 

相変わらず潮が早く、ジグで着底をとるのが難しい。

ここでジグではなくプラグを投げることに。

28gのシンキングミノーに変え、フルキャスト。

そのままフリーフォールで潮に乗せてドリフトさせながら着底を待つ。

カウント60。

ただ巻きで20mほど引いてきて、再びフリーフォールでカウント20。

再度ただ巻きで引いてくる。

 

 

すると

 

 

ドンッ!

ジャーーーーーッッ!!

 

食った!!!!!

竿を起こすと同時に感じる、恐ろしいほどの引きと重量感!

 

滑ったドラグも鳴りっぱなしで止まる気配がない。

ショアでは走らせたくないのでじわじわとドラグを締めていくが、全然止まらない!

しかし糸を全部抜かれるという惨事だけは絶対に避けたい。

 

自分のタックルとラインシステムを信じ、めいっぱいのテンションと体重をかけて止めにかかる。

 

すると相当走った後にようやく止まった

と、思ったら今度は全く寄ってこない

寄ってこないどころか、時折めいっぱい締めているはずのドラグから糸を出していく。

 

 

何度ものされ何度もヤバイと思ったが、糸が魚と繋がっている以上、こちらも必死に耐える。

 

重量感からして間違いなく10キロは超えているだろう。

絶対に獲りたい。

 

ヒットしてから何分経っただろうか。

10分?  15分?

もはやよくわからない。

 

無我夢中で耐え、リールを巻いてると魚が浮いてきた。

どうやら今回はこちらに軍配が上がったらしい。
相棒に手伝ってもらい、しっかりとギャフ打ち。

上がってきたのは

ロウニンアジ

英名:GT(ジャイアントトレバリー)

使用ルアー: ima 魚道 Heavy Surfer 90

フックもリングも変形
危なかったぁ。

と言うか奇跡。

 

ちなみにこの後にもう1発GTらしきアタリがありましたが、それこそとまらんぬー。

走りが止まらないうえに根ズレでラインブレイク。

強すぎる。

本気で海に引き込まれそうだった。

 

 

昼過ぎになり、船が迎えに来たところで納竿。

慶良間の磯のポテンシャルを思い知った釣行になりました。

慶良間でショアGT。

いい思い出になりました。

記念写真もパシャリ。

ラッキーゲットでは終わりたくないので、またさらなる大物を目指してこれからも頑張って行きたいと思います。

 

 

 

以上、仲地でした。

 

 

タックルデータ

ロッド: Apia Foojin’BLACK LINE 99H
リール: Daiwa’12キャタリナ5000H
ライン: Daiwa UVF ソルティガセンサー 8ブレイド+Si 4号 53lb 300m
リーダー: Daiwa ディーフロン船ハリス 16号
ルアー: ima 魚道 Heavy Surfer 90
Daiwa TG Bait 80g

 

追記:

魚拓もとってもらいました!

カッコいい。大満足です。

 

 

 

 

近い記事>>>

サイズはケタ違い!沖縄でよく釣れる「アジ」まとめ | 釣り武士.com
    アジフライやアジの干物、アジの味噌煮。 日本の魚料理にはアジが定番ですよね。     普段食べているアジ料理に使われているのは、ほとんどが「マアジ」です。     アジ科には30属150種ほどの種類が存在し、 実はブリやヒラマサ、カンパチなども「アジ」と名が付いていないだけで、アジ科に含まれます。   沖縄にはマアジが少なく、代わりに他の大型アジの仲間が多く生息しています。 なので本土でブームになった釣法「アジング」などを沖縄でやろうとしたら、全く大きさが違う魚を狙うことになります。 ここでは、どんなアジの仲間がよく釣れるのかまとめてみました。     ・沖縄でよく釣れるアジの仲間   ・ロウニンアジ   ・オニヒラアジ   ・ギンガメアジ 出典:http://www.zukan-bouz.com/syu/ギンガメアジ   ・カスミアジ     ・メアジ 出典:http://zukan.com/fish/leaf26388     ・シマアジ 出典:http://zukan.com/fish/leaf35022   ・カイワリ 出典:http://zukan.com/fish/internal194     ・ナンヨウカイワリ 出典:http://zukan.com/fish/leaf8029     ・ホシカイワリ 出典:http://zukan.com/fish/internal835     ・クロヒラアジ 出典:http://zukan.com/fish/internal839     ・マルコバン 出典:http://zukan.com/fish/internal52   ・コガネシマアジ 出典:http://zukan.com/fish/internal833     ・イトヒキアジ 出典:http://zukan.com/fish/internal378   ・ウマヅラアジ 出典:http://zukan
初心者向けから上級者向けまで‼︎GTを釣るためのGTロッド8選 | 釣り武士.com
  GT(ロウニンアジ)といえば真っ先に思い浮かべるのがその強烈な引き。 ただでさえ強い魚なのに20kg、30kg、時には60kgを超える大型が掛かることもあるので、ロッドはそれなりに強くないと対応出来ません。   初めの1本&。 2本目、3本目の予備ロッド&。 迷う所だと思います。     今回はそんなGTを釣るためのロッドを初心者向けのものから上級者向けまで、8つほど紹介していきます。   釣り武士おすすめのGTロッド8選!!   ・ダイワ ソルティガエ クスペディション BIG GAME 掛かった獲物は必ず獲る100kgまでの黒マグロ、激しい根回りで20kgオーバーのヒラマサや巨大GTとのガチンコファイト対応のビッグゲームスペシャルロッド。ソルトアングラーの夢、巨大なモンスターとの対峙に超肉厚ブランクで挑む。しなやかなティップがルアーを滑らかに操作し、ベリーからバットの粘強ブランクが強烈なファイトにも威力を発揮する。     ・スミス オフショアスティック  通称ケヨロ、モルディブではグレートフィッシャーマンを意味します。 GTロッド史上、同性能をもつロッドと比較すると、最も細く、最も軽量かでありながら、ベリーからバットにかけてのリフティングパワーは群を抜き、中型GTなら、その復元力を自分の目で確かめられる余裕さえ与えてくれます。 それだけにアングラーも限定され、ファイティングスタイルがロッド角60°以内で操作できなければ性能が半減するため、経験豊かな上級者向けとなります。 ・カーペンター F3シリーズ  長年、追い求めていたGTロッドが形になりました。パワーを持ったGTロッドは扱いが難しい・・・ しかし、大型GTを根ズレを回避して主導権を握るにはロッドにパワーが欲しい・・・ パワーはいざという時の安心感にさ繋がります。開発時に悩む 二律背反。
【釣行記】フカセ釣行で1.2mオーバー!予想外の巨大魚を釣ってしまいました。-なかち | 釣り武士.com
こんにちは。 ステップ具志川店の仲地(なかち)です。 この間、、といっても1ヶ月ほど前ですが、メモリアルフィッシュを釣り上げる事ができたので、その時の釣行を記事にしたいと思います。 画像は少なめですが最後まで読んでいただけるとありがたいです。   1月末、フカセ釣行(のつもりだった)   僕は普段、ルアー専門といった感じでフカセ釣りはあまりやらないのですが& 1~2月は仲間内で尾長ダービーを行なっているという事もあり、1月の末に尾長グレ狙いのフカセ釣りへ行ってきました。 ポイントは沖縄本島最北端にある辺戸岬 展望台下。 先輩の与那嶺さんと夜のうちにポイント入りしました。 足場全体が崖になっているので、いつも通り海の様子を見つつポイントまで下り、夜のうちにある程度の道具を釣り座まで下ろします。 夜のうちに体を休め、夜が明けてから釣り開始!     ヒレーカー(テングハギモドキ)が何枚か見えてはいるものの、尾長らしき魚影は無い&。 遠投して沖目を釣ろうとするも、まさかの当て潮。 普段はルアー釣りばかりの僕にはお手上げです。スキルが足りません。 持ってきていたショアジギタックルで大物狙いでもしようと冷凍アジを流してみるが、案の定当て潮で仕掛けが送れず終いには根掛かり。くそう。 うーん。潮が変わるまで仮眠をとる事に。 ・ ・ ・ しばらく仮眠をとっていると、与那嶺さんに 「アーラが浮いてるよ!」 と起こされる。 「何言ってるんだろうなぁ。」とか思いながら見に行ってみるとビックリ。 マジでアーラミーバイ(ヤイトハタ)が浮いてきてる。 しかもめっちゃデカイ。     15分くらいずっと浮いてたので自分を起こしてくれたらしい。 なぜか尾長狙いの撒き餌に入るくらいの高活性らしく、試しにショアジギタックルに冷凍アジを付けた仕掛けを流してみる。 目視出来るぐらいの位置まで浮いてるので、もちろんサイトフィッシング。     すると食ってきた! &が、すぐに吐き出される。       なかなか警戒して食ってこないので、磯際についているギンユゴイを与那嶺さんに釣ってもらい、背掛けにして泳がせてみることに。